導入前からPowerAI Visionには高い期待を抱いていましたが、実際に使ってみてその実力を確認できました。

株式会社日立製作所, IoT・クラウドサービス事業部, エンタープライズプロダクツ本部, HPCソリューションセンタ, 主任技師, 寺本 康弘 氏

Business Challenge

[お客様課題] DLに対するニーズの増加とともに顕在化する人材不足

DLやビッグデータ分析などのビジネスを推進する日立は、日立ディープラーニング解析ソリューション画像認識ソリューションサービスを提供。日立のディープ・ラーニングの画像認識技術を駆使することで、検査業務や保守点検に関する課題解決をサポートしています。同社IoT・クラウドサービス事業部 HPCソリューションセンタ主任技師 寺本 康弘氏は、本サービスの特長について以下のように説明します。

「製造業における検査業務や保守点検では目視検査がまだ多く行われていますが、検査を行う専門家の高齢化による知の伝承、人手不足が課題となっています。また働き方改革の観点からも業務の効率化が求められている状況にあります。そうした課題を解決する手段としてDLが注目されていますが、ディープ・ラーニングによる解析エンジンの開発には時間がかかる上、高度な専門知識も求められます。そこでディープ・ラーニング技術、画像認識技術を駆使して、日立ディープラーニング解析ソリューション画像認識ソリューションサービスを提供し、お客様のDL活用をサポートしています」

開発学習環境利用サービスではディープ・ラーニング研究・開発に必要な基盤を提供していますが、実際に利用する際にはDLスペシャリストのスキルが求められます。そこで日立ではDLスペシャリストによる学習支援サービスを提供しています。しかし、そのリソースにも限りがあります。「DLのニーズが高まるとともにお客様の引き合いが増加し、DLスペシャリストの手が回り切らず、お客様をお待たせするというケースも発生するようになりました」(寺本氏)。

Transformation

[ソリューション] PowerAI Visionの活用により、ディープ・ラーニングの工程を自動化

「画像認識のDLスペシャリストの不足」という課題を抱えていた日立がその解決手段として着目したのがPowerAI Visionでした。

「PowerAI Visionについては以前から知っていましたが、DLスペシャリストによる解析の質を重視していましたし、PowerAI Visionも多少使いづらい面がありました。しかし2018年に試してみたところ、バージョン・アップを繰り返したPowerAI Visionは直感的で非常に使いやすく、ソフトウェアとして完成していると感じました。タイミングとしても引き合いに対してDLスペシャリストのリソースが不足してきた時期でしたので、導入を決定しました」(寺本氏)。

Benefits

[効果] データのラベル付け作業が約3分の1に低減するなど、大幅な効率化を実現

PowerAI Visionは2018年末に導入され、これまでにさまざまな成果を上げています。

「すべてのディープ・ラーニング解析にPowerAI Visionを活用するのではなく、まずはディープ・ラーニングの効果を確認する初期のPoCで使うことにしました。PowerAI Visionを適用可能だと判断した案件について、PoCの段階まではDLスペシャリストではなく、一般のソフトウェア・エンジニアがPowerAI Visionを活用してディープ・ラーニングを実施し、お客様にその結果をレポートとして提出しています」(寺本氏)。

PoCの段階まではDLスペシャリストの手間がかからなくなった上、一連のディープ・ラーニング解析の工程において大幅な効率化を実現しています。

 

詳しい情報を見る

 

About

株式会社日立製作所

〒100-8280 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

https://www.hitachi.co.jp/

DLやビッグデータ分析といったデジタル技術に加えて、制御・運用技術やプロダクトを有する株式会社日立製作所は、社会イノベーション事業を推進し、お客様やパートナーとの協創を通じて、人々のQuality of Lifeの向上と、持続可能な社会の構築に貢献しています。

 

[製品・サービス・技術 情報]

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • IT Infrastructure