ホーム ケーススタディ 世界的な製薬会社 世界的な製薬会社
戦略的なエンドポイントとモバイルの取り組みは、セキュリティーが充実したITサポートを受けられます
MaaS360を30日間無料でお試しください
VRヘッドセットを装着したまま手を差し出す男性

Fortune 100にも選出されている世界的な製薬会社は、モノのインターネット(IoT)、ウェアラブル、事業部門で導入されているその他の非標準デバイスのために、ITサポートの効率化を目指していました。IT チームは、IBM® MaaS360® with Watson 統合エンドポイント管理 (UEM) ツールを使用して、企業全体の生産性とイノベーションを推進し、諸経費を最小限に抑えました。

ビジネス上の課題

ある世界的な製薬会社は、基幹業務顧客へのサービスを向上させ、間接費を削減するために、組織全体の非標準モバイル・デバイスをセキュアかつ効率的に管理する必要がありました。

変換

ITチームは、MaaS360 with Watsonプラットフォームを拡張し、モバイル・デバイス管理(MDM)のためのセキュリティーが充実した集中ハブを作成しました。現在では、IoTやその他のスマート・デバイスを迅速にプロビジョニング、更新、追跡できるようになりました。

結果 標準以外のデバイスでも5分から15分でユーザー登録が完了するため、
従業員の満足度と生産性の向上に役立ちます
データ・セキュリティーやプライバシーを犠牲にすることなく、
IoTおよびその他の戦略的なビジネス・イニシアチブを加速します
間接費を削減するクラウドを活用したUEMソリューションによってサポートされた
~82,000の標準および非標準デバイス
ビジネス上の課題の詳細
モバイルの外れ値が企業のITにとっての課題に

企業のIT環境では、管理されていないデバイスは本質的にセキュリティーで保護されていないデバイスであり、企業のデータと資産を危険にさらすものです。IT部門は、従業員が業務で使用するすべての企業および個人所有のデバイスを安全に導入して監視する機能を必要としています。しかし、特に企業がIoTやその他のスマート・テクノロジーのビジネス・ユースケースを開発し始めるにつれて、個人が仕事を効果的に実行するために必要なデバイスのリストは長くなるばかりです。

世界中に研究施設と生産施設を持つ、米国に本社を置く大手製薬会社のIT専門家は、この変化のプレッシャーを感じていました。同社のモバイル・オペレーション&サポート・ディレクターは、「他の大企業も、最初は私たちと同じように、モバイル・デバイスを1人の人間が1つの目的、つまりEメール、連絡先、カレンダー、その他の主要なアプリにアクセスするために使っていたはずです。」と語っています。当初、彼のチームはこの「1人につき1台のデバイス」という前提に基づいて作業していましたが、Apple iOSとGoogle Androidオペレーティング・システムのみを実行するデバイスの使用を許可していました。

また、同チームは、IBM Cloud®インフラストラクチャー上のサービス型ソフトウェア(SaaS)モデルを使用して提供されるMaaS360 with WatsonソリューションをエンタープライズUEMプラットフォームとして導入しました。このソリューションにより、同社および従業員が所有する80,000台以上のデバイスと約800個のアプリを含む、同社の世界的なデバイス・フットプリントを明確に可視化し、制御できるようになりました。また、主要な構成とサポートのプロセスを自動化することで、チームの時間の節約とコストの削減にも役立ちました。

時間の経過とともに、同チームは現場作業用に営業チームにApple iPadタブレットを定期的に支給するなど、より多様なモバイル・デバイスのサポートを拡大してきました。しかし、スマートフォンやタブレットなどの標準的なデバイス・タイプの範囲外で、複数の事業単位が新しい共有デバイスをビジネス・プロセスに統合する手段を要求し始めました。これらのデバイスの多くは承認された使用に関する企業基準を満たしていなかった点が課題でした。たとえば、一部の製造施設は、生産性を向上させるためにZebraバーコード・スキャナーとGoogle Glassデバイスを使用したいと考えていました。コラボレーションを促進するためにMicrosoft Surface Hub対話式ホワイトボードを採用したいと考えている企業もありました。

いずれも、わずか3人からなるモバイル・オペレーション&サポート・チームが、非標準的なデバイスの使用の特例を認め、既存のMaaS360 with Watson環境を手動で構成し、より幅広いデバイスをサポートする必要がありました。チームは全面的に、データのセキュリティーとプライバシーを保護するための完全な暗号化など、デバイスのセキュリティーに関する同社の中核的要件を遵守しました。さらに、業界や政府の規制、特定のビジネス管理に応じて、構成は事業単位やデバイスの種類によって異なっていました。

企業基準から逸脱したデバイスに対するサポート要求が増えると、チームの対応時間が遅くなり、間接費が増加しました。チームは従業員が仕事に満足できるよう支援したいと考えていたため、懸念はそこで終わりませんでした。ディレクターは「ITの一環として、私たちは生産性の向上だけでなく、ユーザー・エクスペリエンスの向上にも努めています。格好よく、楽しい職場にしたいと考えています。」と説明します。同チームは、非標準デバイスを含めるためのUEM機能の拡張を支援するためにIBMに注目しました。

人々は、テクノロジーがそこに存在するだけで機能することを期待しています。MaaS360は最小限の運用コストでそれを実現しました。 Director Mobile Operations & Support Global Pharmaceuticals Company
概要と経緯の詳細
統合されたプラットフォームによるITサポートの合理化

IBMは、非標準デバイスを管理するためのセキュリティーが強化された新しい環境の迅速な開発を支援し、それを同社の既存のクラウドを活用したMaaS360 with Watsonプラットフォームと統合しました。モバイル・オペレーション&サポート・チームと長年協力してきたIBMのスペシャリストは、同社のエンドポイント管理要件に関する深い知識を応用して、非標準デバイス向けの独自の自動化されたワークフローを作成しました。IBMはまた、特定のデバイスやプラットフォーム向けのAPIを検証するために、さまざまな製造業ベンダーとのディスカッションを促進しました。

ディレクターは「別のMaaS360インスタンスが私たちにとって完璧な答えでした。それは、すぐに立ち上がりました。文字通りその日のうちに新しい環境が立ち上がったのです。そして、非常に簡単で直感的に使用できる製品についてすでに理解していました。」と語っています。

現在、同チームは、エンド・ユーザーの登録、アプリのプロビジョニングと更新、VPNおよびWiFiネットワーク接続、ポリシーの適用、その他の機能を自動化する単一のUEMポータルを通じて、標準デバイスと非標準デバイスの両方を完全に管理できるようになりました。同チームは、各事業単位とデバイスに固有のポリシーと構成に従って、非標準デバイスを迅速にオンボーディングすることもできます。

ソリューションの使いやすさに加えて、IBM Cloudインフラストラクチャーは、ユーザーやデバイスの数に関係なく、企業のモバイル・フットプリントの増大に合わせて迅速に拡張できます。ディレクターは、「当社が80,000台以上のデバイスを擁するグローバル組織であることを考えると、何らかの理由で毎日数百台のデバイスを登録する可能性がありますが、負荷パフォーマンスについては心配していません。IBMシステムはそれを処理でき、新しい非標準環境でも引き続き上手く機能すると信じています。」と語っています。

このソリューションSaaS モデルを通じて提供されるため、インフラストラクチャー管理タスクも最小限に抑えられます。同チームは自信を持って、企業が革新的な方法で新しいモバイル・テクノロジーを導入できるよう支援することに集中できます。

MaaS360は、単一の管理コンソールを通じてさまざまなプラットフォームをサポートする柔軟性を提供し、ビジネス・ニーズに対応する能力に影響を与えることなく、運用リソース要件を制限します。 Director Mobile Operations & Support Global Pharmaceuticals Company
成果の詳細
イノベーションの増加に伴うITコストの削減

モバイル・オペレーション&サポート・チームは、個々の事業単位と協力して、今後数カ月以内に約2,000台のIoTおよびその他の新しい非標準デバイスをオンボーディングする予定です。ディレクターは、「従業員は素晴らしい経験を期待できます。エンド・ユーザーは、登録からアプリのダウンロードまで、セルフサービス登録プロセス全体を5~15分以内に完了できます。ユーザーが問題に遭遇した場合は、ITチームがリモート・サポートを提供できます。」と語っています。

統合されたエンドポイント管理により、3人からなるチームは何万ものユーザーのニーズに効率的に対応できます。ディレクターは、「人々は、テクノロジーがそこに存在するだけで機能することを期待しています。MaaS360は、当社の運用コストを最小限に抑えつつ、それを実現しました。」と語っています。

彼のチームは、セキュリティーを犠牲することなく、事業単位により多くの自由を与えてイノベーションを起こすことができます。彼は、「さまざまなプラットフォームやデバイスの種類をサポートできなければ、ビジネスにとって何が最適かを決定する柔軟性を事業分野に提供することはできませんでした。私たちは、研究、製造、販売など、企業を成功させるために可能な限りあらゆる選択肢を彼らに提供しようとしています。」と説明しています。

チームとIBMの長期的な関係も、ソリューションの成功の鍵でした。ディレクターは、「私たちは当初からIBMおよびMaaS360製品と素晴らしい提携関係を築いており、それは日々続いています。彼らはエキスパートであり、私たちは今後も協力して将来のロードマップを構築し、ビジネス上の問題を解決していきます。」とコメントしています。

ITの一環として、私たちは生産性の向上だけでなく、ユーザー・エクスペリエンスの向上にも努めています。格好よく、楽しい職場にしたいと考えています。 Director Mobile Operations & Support Global Pharmaceuticals Company
世界的な製薬会社

米国に本社を置くこの研究ベースの生物医学・製薬会社は、世界中で事業を展開しています。同社は、プライマリ・ケア、特殊医療、確立された製品と新興の市場、腫瘍学、動物の健康、栄養、コンシューマー・ヘルスケアを含むいくつかの事業分野で医薬品研究と治療法の開発を行っています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

    お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ
    法務

    © Copyright IBM Corporation 2019. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

    2019年8月アメリカ合衆国で制作。

    IBM、IBMロゴ、ibm.com、MaaS360、およびWatsonは、世界の多くの国で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

    本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

    記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

    適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。