Fidelity National Information Services, Inc.(FIS)
サイバー・レジリエントなITインフラストラクチャーで事業継続性を確保
後ろに高層ビルが見える大きな窓の前で微笑む2人の企業幹部

共通の価値観と目標が20年間にわたる提携関係の基盤を形成しています。

ビジネス課題:

FISは、サービスの速度、レジリエンシー、可用性を継続的に改善することで、ビジネスがリスクにさらされる場面を減らし、サービス停止のリスクを軽減したいと考えていました。

変換

この提携の主な目的は、FISのアプリケーションおよび外注された運用における強みと、IBMの強力なITインフラストラクチャー技術および管理能力との間に相乗効果を生み出すことでした。この提携は、優れた顧客管理とサービス、一貫したサービス提供により、顧客満足度において常に高い評価を獲得しています。

結果 あるデータセンターから別のデータセンターへのサイト切り替えを実行する機能を含む
レジリエンシー機能の大幅な向上
重大度の高いインシデントに関する
エンドツーエンドの問題とインシデント管理
運用効率性とデータ保護の向上
コア・インフラストラクチャーのレジリエンシーの強化
ビジネス上の課題の詳細
ビジネスがリスクにさらされる場面を減らし、サービス停止のリスクを軽減

FISは金融サービス・テクノロジーのリーダーであり、オーストラリアの多数の大手金融機関にカード処理ソリューションとサービスを提供しています。ITインフラストラクチャー、容量、サービスはFISサービスの重要な基盤であり、クライアントの複雑な財務処理が「常時稼働」していることを保証します。

FISは、サービスの速度、レジリエンシー、可用性を継続的に改善することで、ビジネスがリスクにさらされる場面を減らし、サービス停止のリスクを軽減したいと考えていました。これには、災害復旧を含むITインフラストラクチャー全体の提供、管理、サポートを担当し、FISの急速に成長するビジネスをサポートする経験を持つ戦略的テクノロジー・パートナーが必要でした。

適切なパートナーを選択すると、戦略からビジネス成果の達成まで迅速に移行できます。IBMはFISの適切なパートナーです。 Anita LeMaire FIS
トランスフォーメーション・ストーリー
卓越した拡張性と事業継続性を保証する提携

FISとIBMの提携は、FISがオーストラリア、ニュージーランド、英国、アイルランドでカード処理サービスを提供することを要求する大規模な世界規模の外注契約によって2000年に始まりました。FISは、コア処理のためにIBM Zサーバー・プラットフォーム上のカード・システムをベースにしています。FISは、契約を履行するためのメインフレーム処理機能を提供するためにIBMを選択し、現在ではほぼ20年にわたる強固な関係を築いています。

これらのサービスは価値が高く、FISの業務にとって不可欠であり、クライアントとの外注関係や契約の基礎となります。IBMは、FISアプリケーションおよびサポート・チームと連携して、新しいインフラストラクチャーの計画、テスト、移行サービスにおいて重要な役割を果たすことができる唯一のパートナーでした。

「当社はIBMと長期的な提携関係を築いており、過去20年間にわたって大きな成功を収めてきました。IBMはメインフレーム・サービス分野ではどこにも負けず、このプロジェクトで強力するパートナーとしては当然の選択でした。」Anita LeMaire, FIS

FISはIBMと協力して、カード・システム・インフラストラクチャーの優れた拡張性、信頼性、事業継続性を確保しました。FISカード・システムであるBASE Globalには、カード製品をサポートするためにすべての製品ラインにわたって共有される構成可能なコンポーネントの広範なインベントリーがあります。この独自の設計により、運用効率性が確保され、新しい製品とサービスの市場投入までの時間が大幅に短縮されます。

約20年間にわたる取り組みにより、IBMはFISの2つの新しいTier 3/4データ・センターへの移行を支援し、これらのサイトに新しいメインフレーム、ストレージ、ファイバー・ネットワーク接続、および仮想テープ・テクノロジーを導入しました。すべてのデータ、本番環境および開発ワークロードを移行およびテストし、クライアントに影響を与えることなくシームレスに本番環境に切り替えました。コア・インフラストラクチャーはクリティカルな機能を迅速に再開するように設計されていたため、IBM Zでの復旧により、FISは数分以内に重要なサービスを代替サイトに再確立できるようになりました。インフラストラクチャーのアップグレードを伴うデータセンターの移転により、FISは予定された日に2つのデータセンター拠点間で生産を切り替えることができるようになり、ダウンタイムが削減され、災害復旧のリスクが軽減されます。また、IBMは、インフラストラクチャーがPCI DSS、ISO22301、ISO27001、ASAE3402などの重要な監査要件を満たしていることを保証します。

世界で最も洗練されたビジネス・サーバーの1つと呼ばれるIBM Zは、混合ワークロード統合、高トランザクション処理、およびデータ・サービスを提供し、オンデマンド・オペレーティング環境に充実した機能を提供します。

この提携の主な目的は、FISのアプリケーションおよび外注された運用における強みと、IBMの強力なITインフラストラクチャー技術および管理能力との間に相乗効果を生み出すことでした。この提携は、優れた顧客管理とサービス、一貫したサービス提供により、顧客満足度において常に高い評価を獲得しています。FISが選んだパートナーとして、IBMチームは現場に統合され、彼らのビジネスの動向を把握できます。

当社はFISと協力して、顧客に「常時稼働」の金融処理サービスを提供するためのリスクとダウンタイムを軽減するソリューションを実装しました。 Malcolm Pope IBM
成果の詳細
サイバー・レジリエントなITインフラストラクチャーによる事業継続性

レジリエンシー、信頼性、拡張性—FISとIBMの提携により、あるデータセンター間のサイト切り替えを実行する機能など、レジリエンシー機能が大幅に向上しました。このプロセスは運用に影響を与えることなく実行でき、多大な労力を要する定期的な災害復旧テストの必要性がなくなりました。これにより、復元力の高いコア・インフラストラクチャーが確保され、運用効率性とデータ保護が向上しました。FISはリスクを軽減し、ダウンタイムを最小限に抑えて、顧客に「常時稼働」の金融処理サービスを提供できます。

ビジネス・ロゴ
Fidelity National Information Services, Inc.(FIS)

Fidelity National Information Services, Inc.(FIS)(ibm.com外部へのリンク)は、商取引と金融界の発展によってビジネスとコミュニティーの繁栄を支援するテクノロジーとサービスのリーダーです。

FISは50年以上にわたり、現在のビジネスとカスタマー・エクスペリエンスを最新化する明日のテクノロジー、ソリューション、サービスを創造することで、世界中の顧客の成長を推進し続けてきました。マーチャント、銀行、資本市場をつなぐことで、私たちはその規模を活かし、顧客の未来を切り開くために深い専門知識とデータに基づく洞察を活用し、イノベーションを起こし、よりシンプルでシームレスかつセキュアな体験を提供することで、世界の支払い、銀行、投資のあり方を進化させます。

フロリダ州ジャクソンビルに本社を置くFISは、50か国以上で事業を展開しており、55,000人以上の従業員を擁し、顧客が次の時代に先駆けて行動できるよう支援することに専念しています。FISは、450個以上のソリューションを提供し、世界中で750億ドルを超える取引を処理します。FISはFortune 500®企業であり、Standard & Poor's 500® Indexの銘柄の1つです。

次のステップ

IBM Servicesの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト( ibm.com/services)にアクセスしてください。

他の事例を見る 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2019

2019年8月インドで作成。

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。