アプリケーションのパフォーマンス向上のための投資
Crédit Mutuel Arkéa社、アプリケーション・モニタリングにIBM Instana Observabilityを活用
ドキュメントをダウンロード Instanaを体験
オフィスでの深夜の会議でノートPCを使用している若いビジネスマンのチーム
相互銀行グループであり、銀行および保険セクターのリーディング企業であるCrédit Mutuel Arkéa社は、14,000件に及ぶアプリケーション・インスタンスのパフォーマンス・モニタリングをモダナイズしたいと考えていました。同社は、開発、運用およびビジネスチームに重要なインサイトを提供し、アプリケーションの安定性をエンドツーエンドで向上させる方法を模索していました。

同社のIT部門は2021年後半に、ライセンスの期限が迫っていたアプリケーション・パフォーマンス管理(APM)ソリューションの更新を検討していました。そのためには、会社の情報システム全体と一部の子会社に属する情報システムを網羅できるAPMツールが必要でした。

Crédit Mutuel Arkéa社は、約1,200人のユーザーを抱えるチーム間のコラボレーションを促進するために、自社のAPMシステムを開発部門と運用部門の共同ソリューションにしたいと考えていました。

「当社のAPMは、3つに分けられるユーザーを対象としています」と、Crédit Mutuel Arkéa社のPaaSサービス・マネージャーのGuillaume Pape氏は言います。「ソリューションの最初のユーザは、開発(Dev)チームです。Devチームは、コードを本番環境に展開する前に、パフォーマンス面でバグが発生していないかどうかを確認するためにこのソリューションを使用していますが、本番環境に展開した後も、アプリケーションを監視したり、インシデント・チケットを提出するためにも使用しています」

Pape氏によると、2番目のユーザーは、運用(Ops)チームです。「Opsチームは、アプリケーションの監視を自動化するために、ツールの監視およびアラート機能を活用しています。Opsチームは高度な自動モニタリングに慣れているため、私たちはAPMをOpsチームのモニタリング・ツールや既存の自動修復プロセスに接続することを目的として、ワークフローをリンクさせている段階です」

「3番目のユーザーは、ビジネスチームのメンバーです。ビジネスチームは、融資件数の監視、キャンペーンの効果の測定など、さまざまなビジネス指標を活用することができます」

ドキュメントをダウンロード

お客様事例をフランス語(FR)で見る

14,000件のインスタンス

 

IBM Instana Observabilityが14,000件のアプリケーション・インスタンスを監視しています。

275人の週間ユーザー

 

APMの使用頻度は、1日あたりわずか20回の接続から、週に275人のユーザーが毎日数百回の接続を行うまでに増加しました。

技術面と機能面において、すぐにIBM Instana Observabilityを気に入りました。結果的に、自然の流れでこの可観測性ソリューションを採用することにしました。 Guillaume Pape PaaS Service Manager Crédit Mutuel Arkéa
1年未満で導入を完了

Crédit Mutuel Arkéa社は、APMツールを新世代の可観測性ソリューションであるIBM Instana Observabilityに置き換えることを決定しました。「2022年の後半までにプロジェクトを完了するという目標のもと、2022年3月に作業に着手しました」とPape氏は言います。Crédit Mutuel Arkéa社のIT部門は、使用するテクノロジーを社内で管理できるように努めているため、IBM Instana Observabilityへの移行プロジェクトも社内で管理することにしました。

「IBM Instana Observabilityは、セットアップと使用が非常に簡単なツールです」とPape氏は言います。「このプロジェクトでは大きな問題は発生せず、Instanaチームのサポートを受けながら、独立して実行することができました。IT部門内での事前パイロットの展開を含むPoCフェーズから始めて、その後、各部門単位でパイロットの展開を進めました。同時に、IBMのサポートを受けて、ソリューションを実行して使用できるように、従業員にトレーニングを実施しました」

作業が完了すると、ツールが本番環境、受け入れテスト環境、検証環境の3つの環境に展開されました。運用チームに関しては、ソリューションをIBMのモニタリング・ツールに接続する必要があります。最後に、IBM Instana Observabilityのようなソリューションを活用するために必要なメトリクス主導の文化をビジネスチームが醸成できるように、大規模な土台作りが始まりました。

IBM Instana Observabilityソリューションは、Crédit Mutuel Arkéa社のITインフラストラクチャーが環境に与える影響を軽減するのにも役立っています。「IBM Instana Observabilityは、アプリケーションの負荷に関する興味深いデータを提供してくれます。これにより、ISをより深く理解できるようになり、長期的には、アプリケーション・インスタンスのディメンションを改善できる可能性があります」とPape氏は言います。

IBM Instana Observabilityにより、ISに関する知識が深くなり、応答性が改善されました。これにより、効率が高まり、時間の節約、ひいてはコストの削減が可能になります。 Guillaume Pape PaaS Service Manager Crédit Mutuel Arkéa
接続回数が大幅に向上

「以前のAPMツールは、ほとんど活用されていませんでした」とPape氏は振り返ります。「IBM Instana Observabilityは、最新のユーザー・インターフェイスを備えた、とてもユーザー・フレンドリーなソリューションです。すぐに受け入れられました。以前は、1日あたり20回程度の接続が最高でしたが、今では、毎週約275人のユーザーがIBM Instana Observabilityにアクセスしており、1日あたり数百回の接続回数に相当します」

Crédit Mutuel Arkéa社のIT部門は、開発部門と運用部門間のコミュニケーションをより流動的にしながら、アプリケーションのパフォーマンスをすべてのチームに重要視してもらうことに成功しました。IBM Instana Observabilityでアラートを簡単にセットアップでき、社内チームのチャットに接続できることも、このソリューションが成功した一因でした。

IBM Instana Observabilityを採用したことで、アプリケーションの安定性も向上しました。「IBM Instana Observabilityは、成果物の品質に関する具体的で信頼性の高いメトリクスを提供してくれます。おかげで、品質要件により適合したコードを本番環境に導入できるようになりました。問題が検出された場合は、その原因を正確に特定できるため、開発者の作業が楽になります」とPape氏は言います。

Crédit Mutuel Arkéa社のITチームの次の課題は、このソリューションがビジネスチームにも採用されるようにすることです。「優先事項は開発と運用に重点を置くことでしたが、IBM Instana Observabilityは、ビジネスチームに有用な運用メトリクスを提供してくれるので、ビジネスチームにも価値を提供できると確信しています。すでに一部のチームとパイロットを計画しており、IBM Instana Observabilityの技術的な測定結果に基づいて設計された、ビジネス・インサイト・ダッシュボードを提供しています」とPape氏は締めくくりました。

Crédit Mutuel Arkéa社のロゴ
Crédit Mutuel Arkéaについて

相互銀行グループであるCrédit Mutuel Arkéa(ibm.com外部へのリンク)は、ブルターニュ地方とフランス南西部で大きな存在感を示している地域を代表する企業であると同時に、Fortuneo Banque、Financo、Leetchiを含む、多くの子会社を通じて国際的に知られています。従業員数は11,000人以上で、総売上高は25億ユーロ以上に上ります。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

資料はこちら 他の事例を見る Enento Group

財務上の意思決定の信頼性を向上

お客様事例はこちら
ExaVault社

何十億もの基幹業務ファイルの転送が必要なとき

お客様事例はこちら
Dealerware社

車両管理における最上級のパフォーマンス

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2023年5月、米国で作成。

IBM、IBMロゴ、Instanaは、米国および/または、他の国または地域におけるIBM登録商標です。その他の製品名・サービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkでご覧いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。