Comdata
最先端のモバイル アプリケーションで、燃料購入の意思決定と顧客満足度を向上
夕暮れ時に道路を走る大型18輪トラック

ルート情報に簡単にアクセスできないと、トラック運転手は燃料をどこで購入するべきか、常にコスト効率の高い決定を下すことができません。Comdata の新しいモバイル アプリは、IBM® Cloudant® を利用し、IBM Cloud™ でホストされ、各ドライバーのルートに沿った最適なオプションに関する位置認識インテリジェンスを提供し、時間と費用の節約に役立ちます。

ビジネス上の課題

顧客が車の燃料コストを削減できるよう、Comdataは、ルート上の最適な給油ポイントおよび休憩場所の位置情報を認識したアドバイス、そしてトラック運転手が即座にその情報にアクセスできるようにする必要性を認識しました。

変換

Comdata は IBM ビジネス パートナー PointSource と協力して、わずか 12 週間で位置認識モバイル アプリを構築しました。このソリューションは、IBM Cloud 上でホストされる IBM Cloudant サービスとしてのデータベースを使用します。

結果 ローンチ
アプリは 12 週間でベータ版になり、市場投入までの時間が数か月短縮されます
スケール
75%高速化し、需要への迅速な対応を実現
削減
データベース管理タスクの80%
ビジネス上の課題の詳細
24時間対応ガイドを実現

Comdata は、車両管理者に対し、燃料費の分析、コスト削減の機会を明らかにするためのツールを提供します。しかし、45 年以上の業界経験を持つ同社は、効率的な支出を促進する最善の方法は、リアルタイムの意思決定支援情報をドライバーの手に直接提供することであることを認識していました。

Comdata のフリート IT 担当副社長である Tom Pierce 氏は次のように説明しています。「私たちは、ドライバーにとって最適な次の停車場所の計画をサポートするリアルタイムツールを提供することで、より適切な給油判断を行えるようにしたいと考えました。」

この目的は、車両テレマティクスと GPS 情報を Comdata の燃料販売業者に関する豊富なデータ リポジトリと組み合わせ、24 時間リアルタイムの価格を備えた次世代アプリケーションを作成することでした。当然の選択は、ドライバー自身のデバイスで実行できるモバイル アプリで、停止時にドライバーがルートと予測される移動時間に基づいて将来の最適な給油オプションを確認できる機能を提供します。

「アプリが位置情報サービスに大きく依存することはわかっていました。迅速に作業を進めるために、既存の地理空間ツールセットを活用したいと考えていました」と Pierce 氏は言います。「その企業は、できるだけ早くアプリを完成させたいと考えていた。

IBM Cloudant を使用することで、12 週間という短期間で燃料管理モバイル アプリを作成することができました。 Tom Pierce Vice President Fleet IT Comdata
概要と経緯の詳細
迅速なローンチ

Comdata は、速度とモバイル アプリケーションの導入を考慮して、開発プラットフォームとして IBM MobileFirst® を選択し、開発と設計の管理には IBM ビジネス パートナーである PointSource を選択しました。「PointSource チームは、迅速な納品に対する当社の積極的な取り組みに一致しており、素晴らしいパートナーシップでした」と Pierce 氏は言います。「アプリの急速な普及が予想されていたため、簡単に拡張できる NoSQL データベースが必要であることはわかっていました。その結果、私たちは IBM Cloudant にたどり着きました。これには、成熟した洗練された地理空間機能を提供するというさらなる利点がありました。」

IBM MobileFirst は、Comdata の新しいモバイルアプリを構築、テスト、実行、管理するためのオープンで包括的なプラットフォームを提供し、市場投入までの時間を短縮し、モバイルアプリケーションのガバナンスとセキュリティを強化しました。

IBM Cloudant を選択したことにより、Comdata は、専門技術チームの支援を受けて、クラウド上に柔軟でスケーラブルなフルマネージド データベースを提供できるようになりました。Comdata は、IBM Cloudant ソリューションを IBM Cloud インフラストラクチャーにデプロイしました。「 IBM Cloud を選択したということは、クラウドとソフトウェアという主要な要素をすべてIBMから手に入れることができたので、成功に向けて有利な立場にあると感じました。IBM Cloudant チームは IBM Cloud に精通していたため、IBM Cloud から最高のパフォーマンスが得られると確信していました。」とピアースは言います。

IBM Cloud プラットフォームを使用することは、Comdata が独自のインフラストラクチャの導入に伴う資本コストと遅延を回避し、投資を簡素化し、価値実現までの時間を短縮することも意味しました。Pierce 氏はさらに、「IBM Cloud を使用すると、物理インフラストラクチャーの稼働維持について考える必要がなくなり、ビジネス向けの優れたモバイル・アプリの構築に完全に集中できるようになります。」と付け加えました。

Comdata と PointSource は、IBM テクノロジーを使用して、わずか 12 週間以内にモバイル アプリケーション ソフトウェアの最初のバージョンを配信することに成功しました。「私たちのビジネス スポンサーは、アプリがこれほど迅速に統合されるのを見て喜んでいました」とピアース氏は言います。「IBM Cloudant 技術チームは大きな役割を果たし、私たちがプラットフォームをすぐに使いこなすのに役立ちました。」

個別の地理空間ツールが必要になると予想していましたが、IBM Cloudant プラットフォームの組み込み機能によって必要なものがすべて提供され、アプリ開発プロセスが大幅に合理化されました。 Tom Pierce Vice President Fleet IT Comdata
成果の詳細
顧客に情報を提供する

新しい Comdata アプリを使用すると、トラックの運転手は、現在置、ルート、タイムテーブルに基づいて、最もコスト効率が高い給油のために、停車すべき場所を決定できます。表示される価格は各ドライバーに合わせてカスタマイズされており、会社が交渉した割引や個人の好みが自動的に含まれます。Pierce氏は次のように述べています。「私たちはドライバーを、最もお得な価格で燃料を提供している場所に案内することができます。Cloudantには、ルートと位置情報を分析する素晴らしい機能が内蔵されており、さらに四次元目として時間軸を含んでいるため、ドライバーが到着するまでに閉まってしまうような給油所にアプリが誘導されることはありません」。

IBM Cloudant のサービスとしてのデータベースのアプローチは、Comdata のアプリの市場投入までの時間の短縮に大きく貢献しました。「データベーススキーマの作成や変更について考える必要はありませんでした。単にデータをロードするだけでした」と Pierce 氏は言います。「現在、データベース管理のオーバーヘッドがなくなったので、新しい機能の構築に集中できます。また、Cloudant および IBM Cloud サービスの容易な拡張性からも恩恵を受けています。

「IBM Cloud 上でアプリを開発して実行するということは、拡張するために通常の調達やオンサイトでのインストール手順を行う必要がないことを意味します。 必要に応じて容量をすぐに増減できます。これは、どのくらいの使用量が発生するか正確にわからない場合、新しいアプリでは大きな利点となります。これは企業間の環境であるため、規模を拡大してもダウンタイムなく高品質のサービスを維持する必要があります。Cloudantでそれを実現できます。」

Pierce 氏が説明するように、アプリを迅速に構築する必要がある場合、テクノロジー数を最小限に抑えることが本当に役に立ちます:「IBM Cloudant プラットフォームのビルトイン機能によって、必要なものがすべて揃いました。

Comdataロゴ
Comdataについて

Comdata は 業界全体に革新的な電子決済ソリューションを提供し、企業の支出管理と業務の合理化を支援します。Comdata はトラック運送業界向けの電子決済の先駆者であり、燃料やその他の車両費用を管理するための包括的な制御と洞察力に富んだデータを提供します。

PointSourceについて

PointSource は、IBM ソフトウェア ソリューションのフルスタックを扱う比類のない専門知識を備えた IBM プレミア ビジネス パートナーです。

次のステップ
お客様事例はこちら IBM Cloudの詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.2018年3月、米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.comIBM iX、およびIBM MobileFirstはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の現在のリストは、Webページ「著作権および登録商標情報」www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlでご確認いただけます。

IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。 お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。