Climava社
IBM Cloud上で、より信頼性が高く即応性のオペレーションを構築する
コンピューター・データセンター間の通路

継続的なITの課題を解決するために、Climava社はIBMビジネス・パートナーの3Hold Technologies社と協力して、SAP ERP環境をIBM Cloud®に移行しました。セキュリティーが豊富で安定したクラウド環境により、Climava社はお客様の要求とジョブをより効率的に管理しながら、将来の成長を容易にすることができました。

ビジネス課題:

Climava社は、エージング・オンプレミスITインフラストラクチャーによる複雑な課題に直面していました。システム停止によりプロジェクトやお客様の要求への応答が遅れ、管理コストも膨れ上がっていました。

変換

Climava社は、SAP環境と内部プロセスをIBM Cloudに移行しました。安定したスケーラブルなクラウド環境により、Climava社チームはお客様サービスの向上と事業体の成長に集中することができました。

結果 ほぼ100%のアップタイムをサポート
プロジェクトを前進させ、クライアントの満足度を維持
従業員のプロダクティビティーを向上
任意のロケーションからの接続を実現
ITコストをコントロール
従量制課金料金体系の予測可能性を提供
ビジネス上の課題の詳細
壁にぶつかる

病院や、データセンター、ホテルなどで建設やメンテナンス作業を行う場合、複雑さがつきものです。Climava社の仕事には専門知識が必要なだけでなく、効率的な仕事のオーケストレーションと組織の柔軟性も重大な要素です。この構築、エンジニアリング、メンテナンス会社は、熟練したコア・チームを擁しており、他社と一線を画しています。大規模プロジェクトの厳しいスケジュールを守りながら、高品質の仕事を提供できることに誇りを持っています。

バルセロナの外科センター手術室のHVACシステムの更新から、ブダペストの高級ホテルのユーティリティー・システムのモダナイズ化、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センターのMareNostrumスーパーコンピューターへの機器の配備、サウジアラビアのジッダでのインフレータブル格納庫のインストールまで、Climava社の仕事は業種・業務と世界をつないでいます。

品質、効率性、ビジネス目標を達成するために、Climava社はSAP ERPソリューション内のすべてのプロジェクトの幅広い変数と物流を管理しています。Climava社は独自のオンプレミス・システムでSAPを実行し、そのインフラストラクチャーを維持するためにスタッフを雇用しました。しかし、Climava社が成長し、プロジェクトや急速に変化するクライアントのニーズへの対応が急務になるにつれて、エージング・コンピューター・システムはますますコスト高になり、管理が困難になりました。

システム停止とセキュリティー上の懸念の間で、Climava社のストレス・レベルは上昇していました。システムのダウン時間により、求人の入札が遅延し、プロジェクトの実行が複雑になっていました。そして、バックアップに関する継続的な問題により、同社は重大なデータ損失のリスクにさらされました。継続的な管理上の課題と、定期的なインフラストラクチャーのアップグレードと専門のITスタッフにかかる高額なコストを考慮して、Climava社は何か新しいことに挑戦したいと考えていました。

Climava社はソリューション・プロバイダーを探すのではなく、テクノロジー・パートナーを探しました。Climava社の目標は、同社とそのグループの他の企業がIT環境とニーズを継続的に管理できる信頼できる企業を見つけることでした。アドバイザーからの推奨に基づいて、Climava社はSAPとクラウドを専門とするコンサルティング・グループである3Hold Technologies社と提携することを決定しました。

Climava社の複雑なプロジェクト作業では、効率性と品質が非常に重要です。当社のIBM Cloudソリューションにより、事業体にとって重要なことに集中できるようになります。 Gisela Valderrama CEO Climava
概要と経緯の詳細
より良いファウンデーション

Climava社は、新しいITアプローチを熱望していましたが、次に何をするにしても、長期的には良い賭けになることを保証したいとも考えていました。3Hold Technologies社とオプションについて話し合った後、Climava社はSAP環境をIBM Cloudにマイグレーションすることを選択しました。この選択は、結局のところ、3Hold Technologies社のSAP専門知識と、エンタープライズ・ワークロードを安全に管理するIBMの企業評価に対する信頼に基づいて行われました。

Climava社は、管理されたプラットフォームがテクノロジー関連の継続的な懸念を解消し、ビジネス・クリティカルなイニシアチブにより自由に集中できることを認識しました。計画立案とマイグレーションを3Hold Technologies社に引き継ぐことで、Climava社はプロセスを加速しました。現在、Climava社のITシステムとプロセス全体、およびすべてのグループ会社のITシステムとプロセスは、IBM Cloud上で実行されています。

3Hold Technologies社は、IBM Cloudインフラストラクチャー上にSAP環境全体を設定することから始めて、実績のあるプロセスに従ってシームレスなマイグレーションを実現しました。初期のステップには、Climava社チームへのマイグレーションのフィージビリティーを実証するための「サンドボックス」の構築が含まれていました。

Climava社の移行準備が整うと、3Hold Technologies社はまず同社の開発環境を移行しました。開発環境から始めることで、Climava社はソリューションを検証し、実稼働環境の移行に伴う時間とプロセスの影響をより深く理解する機会を得ることができました。

その後、3Hold Technologies社は、Climava社に運用上の問題を発生させることなく、わずか8時間で実稼働環境をマイグレーションしました。最終のステップでは、3Hold Technologies社がサンドボックス環境を品質保証システムに変換しました。

SAPマイグレーションに関する3Hold Technologies社の経験と、管理されたプラットフォームにおけるセキュリティーと信頼性に関するIBMの企業評価から、私たちは安心して任せられるだろうと確信していました。そして、クラウドへの移行は予想以上にシームレスでした。 Gisela Valderrama CEO Climava
成果の詳細
信頼性の復元と迅速な応答時間

SAPによって認定されたプラットフォーム上のIBM Cloud上にSAP環境が構築されたことで、Climava社はクライアントのニーズを満たすことにエネルギーを集中できるようになりました。IBM Cloudにマイグレーションして以来、同社ではダウン時間やバックアップ、セキュリティーの問題は発生していません。システムの停止によりプロジェクトの作業が滞るという心配はなくなりました。従業員は事実上どこからでもプラットフォームに接続できるため、全体的なプロダクティビティーが向上し、お客様サービスがさらに向上します。

全体として、IBM Cloudへの移行は、Climava社の成長に関連するITの課題を簡素化するだけでなく、コストのコントロールにも役立ちます。たとえば、同社は、別のデータセンターへの投資に伴うコストや課題を発生させることなく、SAP環境に災害復旧ソリューションを追加しました。さらに、開発環境がクラウド上にあることで、Climava社はサーバーを24時間稼働させる必要がなくなり、必要な場合にのみサーバーを導入できるため、コストが削減されます。最後に、従量制課金の料金体系モデルにより、Climava社はIT支出をより正確に予測できます。

現在、当社のプロセスのほぼすべてがIBM Cloud上で実行されており、効率に明らかな違いが見られます。WebアプリケーションとSAP ERPを組み合わせて見積書を作成し、送信することで、以前の5倍の速さで見積書を送信することが可能です。 Gisela Valderrama CEO Climava
Climava社のロゴ
Climava社について

スペインのバルセロナに本社を置くClimava社(リンクはibm.comの外部)は、スペイン、EU、そして世界各地で構築、インストール、メンテナンスのソリューションを提供しています。同社は、オフィスビル、病院、データセンター、その他の複雑なプロジェクトのビルド、アップグレード、保守を大規模な専門チームに依存しています。社内エンジニアリング・チームにより、Climava社は青写真の作成から完成まで大規模プロジェクトを処理できます。また、同社の総合的なケイパビリティーにより、従業員や専門分野を下請けに委託する必要がある競合他社よりも迅速に業務を遂行できるようになります。

3Hold Technologies社について

IBMビジネス・パートナーである3Hold Technologies社は、小売、SAP、クラウド・コンピューティング・サービスを専門とするテクノロジー・コンサルティング会社です。スペインのバルセロナとカナリア諸島にオフィスを構え、世界中に50人以上の従業員を擁しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFで表示する お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年4月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。