ホーム ケーススタディ ニース・コート・ダジュール空港 最適化された資産管理がコート・ダジュール空港グループの持続可能性に関する目標達成にどのように貢献するか
コート・ダジュール空港グループの空撮

国際空港を上手く運営するには、渡航先を増やすだけでは不十分です。国際空港の運営の成功には、ヨーロッパの航空交通分野で大手と同等の地位を維持しなければなりません。フランスで2番目に最も利用者の多い空港プラットフォームとして、60社の航空会社が運航する120の渡航地へのフライトを提供するニース・コート・ダジュール空港。最適化による効率の向上と環境への影響の制御という2つの目標を追求する同社は、ヨーロッパを中心に渡航先を充実させています。

お客様事例をフランス語(FR)で見る

IBM Maximo について詳しく見る

課題: トレーサビリティ、管理、対応力

「20年前は、航空ネットワークの中核となる空港にするためにはリソース、対応力、プロセス効率を揃える必要がありました」 とコートダジュール空港の設備メンテナンス部門責任者、ヴァンサン・ルベグ氏は説明します。「この目標を達成するために、私たちはIBM Maximoソリューションを採用することにしました。」

工業用地と同様、空港もその規模と複雑さゆえに、ターミナル、技術ビル、エアサイドとランドサイドのインフラストラクチャー、エネルギー供給など、その設備を管理するための非常に特殊なツールを必要とし、そのすべてを文書化する必要があります。サービスの開始日、改善への投資、保守作業、故障および修理がIBM Maximoに統合され、ライフサイクルをより適切に管理できます。

航空会社、空港アシスタント、企業にはすべて共通点が1つあります。それは、ニース・コート・ダジュール空港の顧客であるということです。空港では、お客様に最高のご満足をお届けするために、ワールドクラスのサービスの提供に努めています。この取り組みは、積極的なメンテナンス戦略により、機器を稼動可能な状態に維持することに基づいています。IBM Maximoは、在庫状況、繰り返し発生する故障、保守コスト、関連する在庫を分析することで、それに応じてアクションを調整することができます。最終的に、このソリューションは資産のパフォーマンスと寿命を改善し、介入による生産性の向上をもたらすほか、在庫の最適化に貢献します。「必要に応じて、このソリューションで客観的な財務情報を確認することができます。さらに、大規模な修理や交換に関する意思決定を手軽に行えるようになります。」とVincent Lebegue氏は説明します。

定期的にメンテナンスを行っているにもかかわらず、故障が発生したとします。タイトな渡航スケジュールを抱える格安航空会社の場合、たとえ地元での軽微な事故でも、運航全体に影響を与える大幅な遅延を引き起こす可能性があります。このような場合、空港の迅速な対応が重要です。「手荷物仕分けシステムに影響する問題は、早急な対応が必要です」と、ヴァンサン・ルベグ氏は説明します。「故障が報告されると、IBM Maximoがアラームをトリガーしてチームや下請け業者を動員します。すべての手順が文書化されており、スケジュールが完了し、対応力が高まります。」

現在、資産管理の重要なコンポーネントとして、IBM Maximoは多くの部門で使用されています。インシデント報告を受け取るテクニカルコールセンター、空港の下請け業者(プラットフォームの活動の半分を処理)、情報にすぐにアクセスできる部門、その他の部門で使用されています。財務ERPシステムとも連携しており、新しい設備への投資やメンテナンス費用に関する意思決定を容易にします。

 
トランスフォーメーション:持続可能な開発戦略の中核をなす機器の性能と寿命 

IBM Maximoは、空港運営に重要な要素であるだけでなく、フランスの他の空港より20年早い2030年までにCO2排出量ゼロを達成するという持続可能な開発目標を達成するために欠かせないツールでもあります。 具体的には、排出量を可能な限り最小限に抑え、残留排出量を吸収するための炭素吸収源を導入することが求められます。IBM Maximoは、排出量をグラム単位で削減するために空港で導入された一連の最適化ツールの核となっています。

IBM Maximoがインフラストラクチャーの寿命を延ばす効果により、空港の環境フットプリントが大幅に削減されます。 製品の寿命を推奨する消費財部門と同様に、資産の寿命は、新しい機器の撤去、廃棄、または設置に伴う環境への影響を軽減します。


最適化されたメンテナンス管理もまた、電力消費の抑制に一役買っています。  「空港の運営上のインシデントや空港のプロセスの遅れは、エネルギー消費量の急増につながります。特に、空港の消費量が人口30,000人の都市の消費量に相当することを考慮しなければなりません」とヴァンサン・ルベーグ氏は認めます。最適化された設定、定期的な清掃と校正、摩耗した部品の交換により、エネルギー消費の削減に役立ちます。 インシデントの削減は、航空会社の消費量にも影響を及ぼします。着陸枠内での出発や到着におけるすべての遅延は、さらに燃料消費とCO2排出につながります。

コート・ダジュール空港は、IBM Maximoを20年近くにわたって採用しており、長年にわたって築かれたパートナーシップに基づいています。 Vincent Lebegue氏は「私たちはIBM Maximoと共に歩んできました。その中で、ソリューションをどのように統合、運用するかを実証するよう定期的に求められます。」と述べています。 「長年にわたって当製品を利用している私たちの期待を伝え、変化を促すことができました。」 IBMとコート・ダジュール空港は、空港のニーズに合わせて特別に調整されたソリューションを共同開発しました。 これらの改善により、この製品は市場のベンチマークであり続けることができました。 

 
ニース・コート・ダジュール空港のロゴ
コート・ダジュール空港グループについて

2016年に民営化されたコート・ダジュール空港グループは、ゴルフ・ド・サントロペ、カンヌ・モンドリュー、ニース・コート・ダジュール空港の3つを有しています。ニース・コート・ダジュール空港は、フランスで2番目に利用者の多い空港プラットフォームです。2022年の乗客数は1,200万人に達し、60社以上の航空会社が44か国に直行便を提供しています。