ホーム ケーススタディ Abou Ghaly Motors(AGM)社 エジプトをモビリティーの新時代へ
Abou Ghaly Motors社、SAP on IBM Cloudでデジタル・トランスフォーメーションを加速
クローズアップされたAbou Ghaly Motors社のネオン・ロゴ

近年の自動車業界では、コネクテッド・カーや電気自動車、カー・シェアリング、自動運転車などが登場し、モビリティー革命に拍車をかけています。消費者の焦点は、自動車を購入して所有することから交通のエクスペリエンスやサービスへと移っています。

Abou Ghaly Motors(AGM)社は、個人および企業向けの統合モビリティー・ソリューションでエジプトの変化をリードしています。同社は、Mercedes-Benz社、Chrysler社、Alfa Romeo社、Jeep社など、世界で最も象徴的な多くの自動車ブランドの代理店であり、リムジン・サービス、レンタカー事業、潤滑油事業を運営し、独立企業であるMagints社を通じて技術ソリューションを開発および販売しています。

AGM社は「トリプルS」ビジネス・モデルで自動車メーカーをサポートし、エジプト全土のショールーム、サービス・センター、店舗を通じて販売、アフター・サービス、スペア・パーツを提供しています。同様に重要なのがAGM社のデジタル・プレゼンスであり、これによって顧客はいつでもどこでもパーソナライズされた便利なエクスペリエンスを確実に利用することができます。

例えば、AGM社のWebサイトにアクセスすると、洗練されたショールームで詳細な情報を読むことができ、自動車モデルを360度確認して比較することができます。また、試乗をリクエストすることもでき、営業担当者が直接連絡して手配します。車の所有者は、オンラインで修理サービスを予約したり、AIを活用した専門的な車両価値査定を受けることもできます。これらのサービスは、同業者が溢れる市場において、AGM社が強力な競争優位性を確立するのに役立っています。

「消費者は、エジプトで同じ車を販売している自動車ディーラーやプロバイダーをいくらでも見つけることができます。そのため、AGMが強みとするべき点は、提供する製品の種類やショールームの豪華さではなく、消費者に提供するエクスペリエンスの種類です。では、AGMを市場で際立たせ、トレンドの先導者としているものは何でしょうか?それはデジタル・サービスです。そして、これには堅牢な最先端の技術的バックボーンが必要です」と、AGM社のイノベーションおよびテクノロジー担当ディレクターであり、Magints社のマネージング・ディレクターであるKhaled Maddah氏は説明します。

数年前、AGM社は重要な業務のためにSAP® ERP Central Component(ECC)ソフトウェアを、CRMベースの販売、サービス、マーケティング業務の管理のためにSAP Cloud for Customerソリューションを導入しました。これらのSAPソリューションは、カイロ本社のデータ・センターにある専用のIBMインフラストラクチャー上で実行されていました。

「SAPソフトウェアを採用し、長い道のりを歩むという決断は大きなものでしたが、当社は挑戦し、成功を収めました」とMaddah氏は述べています。「当社のSAPソリューションにはハードウェアの観点から強力なサポートが必要だったため、IBMが選ばれました。IBMが長い間支えてくれたおかげで、当社は優位性を確立することができたのです」

SAP on IBM Cloudの詳細はこちら。

より高速な実行

 

企業財務報告を最大99%高速化

CSATの改善

 

秒単位で応答する24時間年中無休のオンライン・サービスにより顧客満足度(CSAT)を向上

IBM Cloudへの移行により、AGMはデジタル・トランスフォーメーションを加速させることができました。この移行は、IBMとSAPのサポートにより、当社の取り組みにおける重要なマイルストーンとなりました。 Khaled Maddah氏 Abou Ghaly Motors社イノベーションおよびテクノロジー担当ディレクター、Magints社 マネージング・ディレクター

同社は数年前からデジタル・トランスフォーメーションに着手していましたが、インフラストラクチャーの接続性と拡張性が新機能の統合に追いつかなくなっていました。システムのパフォーマンスを維持することは困難であり、ユーザーはその影響を感じていました。

同社社内では、企業財務部門が複雑なレポートを迅速に実行できず、サービス・センターでは顧客が到着したときに車両情報を即座に取得することができませんでした。見積や試乗のようなオンラインで発生した顧客の要望を即座に販売チームに通知する機能など、販売チーム向けの追加サービスを統合することも困難でした。

AGM社のリーダーたちは、同社がSAPソリューションをクラウド・プラットフォームに移行する必要があるという共通認識を持っていました。「クラウドへの移行は避けられません。信頼性が高く効率的なプラットフォームでビジネスの機会とプロセスを加速させるだけでなく、将来の計画を強化するためにも不可欠です」とMaddah氏は語りました。

サービスとしてのベアメタル・インフラストラクチャー

クラウド・ソリューションを探すにあたり、AGM社はIBMと他の2社の主要クラウド・プロバイダーを検討しました。その結果、IBMは最高の技術評価スコアを獲得しました。IBM Cloud®は、その設計に沿って、AGM社が抱えるエンタープライズ規模のSAPワークロードをサポートするための効率性、拡張性、セキュリティーに優れた機能を提供しました。

さらにIBMは、オンデマンドのコンピュート、ネットワーク、ストレージ・リソースを提供するIaaS(Infrastructure-as-a-Service)デリバリー・モデルを使用するオプションも含め、SAPが認定した専用のベアメタル・インフラストラクチャーをクラウド上で提供できる唯一のプロバイダーでした。IaaSモデルにより、同社はサービスに合わせてITリソースを柔軟に拡張することができます。

さらに、AGM社は信頼できるアドバイザーであるIBMと共にデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを継続したいと考えていました。Maddah氏は、IBMの営業および技術チームが、SAPの導入スペシャリストとの複数回のディスカッションを含め、販売プロセス全体を通じて同社に対する継続的なコミットメントを示してくれたと話しました。

IBMを選択した後、AGM社のリーダーたちは2段階のプロジェクトを計画しました。第1フェーズにおいて、AGM社はオンプレミスのSAP ECCソリューションをIBM Cloudに移行し、SAP HANA®インメモリー・データベースをデプロイして、SAPのパフォーマンスおよびデータ分析機能をさらに強化しようとしました。第2フェーズでは、すべてのSAP ECCインスタンスをIBM Cloud上のSAP S/4HANA®スイートに移動する必要があります。

この第1フェーズにおいて、AGM社のITチームはIBM®グローバル・テクノロジー・サービス® – テクノロジー・サポート・サービスのエキスパートやSAPのスペシャリストと緊密に連携し、SAPシステムをIBM Cloud for SAP認定インフラストラクチャーのコンポーネントであるIBM Cloud Bare Metal Serversに移行しました。これには、財務、管理、顧客サービス、人的資本管理、資材管理、工場メンテナンス、販売および流通モジュールを含むいくつかのSAP ECCモジュールと、SAP Cloud for Customer ソリューションの移行が伴います。

セキュリティー機能の充実した高性能なIBM Cloud基盤により、同社は、SAP Cloud for Customerのサービスとしてのソフトウェア(SaaS)製品などの新しいデジタル機能やサービスをSAPシステムとより簡単に統合できるようになりました。

チームは、キックオフから準備、本番稼働まで、IBM Cloudへの移行全体を完了するのに3カ月かかりました。AGM社の中核事業は、SAPシステムが24時間稼働していることに依存しているため、移行の最終段階とテストは一度の週末で行う必要がありました。わずか数日のうちに、オンプレミスの本番システムの電源を切り、データをエクスポートしてIBM Cloudにアップロードし、レポート機能の設定を含む他のいくつかのチェックとテストの作業を実行する必要がありました。

Magints社のエンタープライズ・ソリューション・マネージャーであるShehab Ahmed氏は、AGM社のERPシステムを監督しています。彼は、「予定通りに導入を成功させる必要があったので大変でした」と述べています。「しかし、私たちはやり遂げたのです。IBMエジプトのチームのサポートに感謝したいと思います。彼らと一緒に仕事ができて光栄でした」

Maddah氏もこの意見に賛同しています。「AGM、IBM、SAPは1つのチームであり、同じ目標に向かって邁進していました。どんな理由であれ、期日に遅れることは許されませんでしたが、準備の多くは何度もやり取りを繰り返す必要があり、私たちの能力が限界まで試されました」と語りました。「IBMエジプトのチームは、通常は数日から数週間かかるプロセスを加速させてくれました。移行の最終段階ではチームと共に夜遅くまで作業することもよくありました。彼らがこの取り組みにおいて並外れた理解と忍耐強さを示してくれたことに、当社はとても感謝しています。これからも感謝し続けなければいけませんね」と話しました。

同社は現在、SAP S/4HANA on IBM Cloudへの移行の次のフェーズに向けたロードマップを策定しています。SAP S/4HANAテクノロジーは、AGM社のような企業がデジタル化を導入できるように設計されたインテリジェントなテクノロジーを内蔵しています。一方、IBM Cloudは、SAP S/4HANAスイートをサポートするために、世界クラスのサービスに支えられ、柔軟で、セキュリティー機能の充実した高性能なプラットフォームを提供することができます。

予定通りに導入を成功させる必要がありました。しかし、私たちはやり遂げたのです。IBMエジプトのチームのサポートに感謝したいと思います。彼らと一緒に仕事ができて光栄でした。 Shehab Ahmed氏 エンタープライズ・ソリューション・マネージャー マネージング・ディレクター
ユーザー・エクスペリエンスの劇的な向上

SAP ECCワークロードをIBM Cloud上で実行し、SAP HANAデータベースでサポートしたことで、AGM社は従業員と顧客の両方に最適なエクスペリエンスを提供する体制を整えることができました。例えば、企業会計士は複雑な財務報告書を最大99%高速に実行でき、支店やサービス・センターの従業員は顧客データに数秒でアクセスできます。そして、ITチームは、オンプレミスのインフラストラクチャーの管理や保守ではなく、戦略的な取り組みに集中できます。

同社はまた、信頼性の高いシームレスなオンライン・サービスに対する消費者の期待にさらに応えることができます。「夜遅くにソファで休んでいても、当社のモバイル・アプリを使用すれば、詳細な製品情報を見つけたり、その他のタスクを実行したりできるため、貴重な時間を節約できます」とMaddah氏は述べています。IBM Cloudが実現したこれらの差別化要因は、AGM社がより迅速に成長し、エジプトだけでなく中東地域全体で顧客満足度を維持する上で重要です。

SAPをIBM Cloudに移行したことで、同社はトランスフォーメーションを自由に次のステップへ進めることができるようになりました。AGM社のロードマップでは、SAP S/4HANAソリューションへの移行に加えて、顧客対応のバーチャル・アシスタントと分析主導のエグゼクティブ・ダッシュボードの立ち上げも検討されています。これらおよびその他の革新的なプロジェクトをサポートするために、同社はIBM Cloud経由でIBM Watson®サービスを利用することができます。

「IBM Cloudへの移行により、AGMはデジタル・トランスフォーメーションを加速させることができました」とMaddah氏はコメントしています。「この移行は、IBMとSAPのサポートにより、当社の取り組みにおける重要なマイルストーンとなりました。現在、当社はより大きな目標、より大きなターゲットに集中することができます」

AGM社およびIBM/SAPのロゴ
Abou Ghaly Motors(AGM)社

エジプトのカイロに拠点を置くAGM社(ibm.com外部へのリンク)は、最適な品質と安全性のためのサービスを実現しながら、顧客の進化するニーズに応える統合モビリティー・ソリューションを提供しています。同社はエジプトにおけるMercedes-Benz社、Chrysler社、Jeep社、Dodge社、Ram Trucks社、Alfa Romeo社、Subaru社の正規代理店です。AGM社は1980年に設立され、約1,000人の従業員を擁し、250,000人以上の顧客にサービスを提供しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

 

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ Cementos Pacasmayo社

新たな建設市場を開拓する卓越したオペレーションの実現

お客様事例はこちら
Prysmian Group

IBM CloudでITインフラストラクチャーのコストを20%削減し、新たなビジネスの成長をサポート

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年8月アメリカ合衆国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、グローバル・テクノロジー・サービス、IBM Cloud、IBM Services、およびIBM WatsonはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、Web上の「著作権および商標情報」( ibm.com/legal/copyright-trademark ) で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

SAP ECC、SAP HANA、SAP Hybris C4CはIBMのプロダクトまたはサービスではありません。SAP ECC、SAP HANA、SAP Hybris C4Cは、場合によっては、製品またはサービスに付属するSAPの利用規約に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されます。SAP ECC、SAP HANA、SAP Hybris C4Cの可用性、あらゆる保証、サービス、サポートは、SAPが直接責任を負い、ユーザーに直接提供します。