KubernetesおよびDockerを搭載

DockerとKubernetesを組み合わせて、インテリジェント・スケジューリング、自己修復、水平スケーリングを統合し、アプリケーションを迅速に提供します。IBMがマスター・ノードを管理し、お客様がワーカー・ノードをカスタマイズします。

追加型ではなく、組み込み式のセキュリティー

お客様は独立したネットワーキングとストレージを確保しながら、アプリケーションとイメージをスキャンし、脆弱性を検出します。固有の専用レジストリーでイメージを制御および保管できます。

簡単に始める。簡単に拡張する。

CLIまたはダッシュボードを使用して簡素化されたKubernetes利用により、クラスターをデプロイおよび管理します。 既存の企業アプリケーションからクラウド・ネイティブまで、アプリケーションの拡大縮小を行います。

クラウドとWatsonをすぐに利用可能

コグニティブ、永続ストレージ、アナリティクス、IDおよびアクセス管理など、アプリケーションを拡充する130を超えるサービスが利用可能です。

ネイティブKubernetesコマンドの実行

コード・スニペットをCLIに埋め込みます。

bx cs cluster-create --name loan_cluster
bx cs workers loan_cluster
ID Public IP Private IP Machine Type State Status
kube-dal10-cr59d205c1e540491281a20595fa9314a2.-w1 192.0.2.0 198.51.100.0 u1c.2x4 normal ready
bx cs cluster-config loan_cluster
export KUBECONFIG=/Users/user_name/.bluemix/plugins/container-service/clusters/loan_cluster/configuration.yaml
kubectl version --short
Client Version: v1.5.6
Server Version: v1.5.6
kubectl run financing-service-deployment --image=registry.ng.bluemix.net/loans/finance-service:1
kubectl expose deployment/financing-service-deployment --type=NodePort --port=8080 --name=finance-service --target-port=8080
kubectl describe service finance-service
Name: finance-service
Namespace: loans
Labels: run=financing-service-deployment
Selector: run=financing-service-deployment
Type: NodePort
IP: 10.10.10.8
Port: <unset > 8080/TCP
NodePort: <unset > 30872/TCP
EndPoints: 203.0.113.24:8080
Session Affinity: None
No Events.
bx cs worker-add --cluster loan_cluster --machine-type u1c.2x4 --number 3 --private-vlan 1900403 --public-vlan 1900401
bx cs workers loan_cluster
ID Public IP Private IP Machine Type State Status
kube-dal10-cr59d205c1e540491281a20595fa9314a2.-w1 192.0.2.0 198.51.100.0 u1c.2x4 normal ready
kube-dal10-cr59d205c1e540491281a20595fa9314a2.-w2 192.0.2.1 198.51.100.1 u1c.2x4 normal ready
kube-dal10-cr59d205c1e540491281a20595fa9314a2.-w3 192.0.2.2 198.51.100.2 u1c.2x4 normal ready
kube-dal10-cr59d205c1e540491281a20595fa9314a2.-w4 192.0.2.3 198.51.100.3 u1c.2x4 normal ready
Starting to serve on 127.0.0.1:8001

製品チームの
開発者と直接
コンタクトする