トレーニングと能力開発とは
IBM のトレーニングと能力開発ソリューションはこちら 顧客体験と従業員体験の最新情報を入手
クラウドアイコンを背景にチェスの駒を動かす手のイラスト
トレーニングと能力開発とは

トレーニングと能力開発プログラムには、通常、労働者の知識を進歩させ、仕事のパフォーマンスを向上させるためのより大きなモチベーションを植え付ける教育活動が含まれます。 これらの取り組みは、従業員が新しいスキルセットを学び、習得し、キャリアアップに必要な専門知識を習得するのに役立ちます。

トレーニングと能力開発の例

トレーニング・プログラムは、従業員の長期的な能力開発を目的として、独自に作成することも、学習管理システムとともに作成することもできます。 一般的なトレーニング方法には、オリエンテーションや教室での講義、ケーススタディ、ロールプレイ、シミュレーション、eラーニングを含むコンピューターベースのトレーニングなどがあります。

人材開発(Human Resource Development:HRD)と呼ばれることもあり、従業員のトレーニングや能力開発の取り組みのほとんどは、組織のHRD部門によって推進されます。 これらの取り組みは、大きく2種類のプログラムに分類できます。

従業員のトレーニングと開発
従業員の成長と定着を促進する社内教育プログラムを実施することで、ビジネス成果を向上させる戦略的手段。

管理者のトレーニングと能力開発
特定の知識やスキル、能力を継続的に強化することによって、従業員をマネージャーに、またマネージャーを有能なリーダーに成長させる活動。

人事と人材のトランスフォーメーションを実現するAIの活用法

人事リーダーがどのように先頭に立ってAIを適用し、人事と人材のトランスフォーメーションを推進しているかをご覧ください。

関連コンテンツ

SAPのインサイトをダウンロード

トレーニングと能力開発が重要な理由

成功している企業は、新しい人材を探すよりも既存の従業員を育成する方が有益で費用対効果が高いことを理解しています。

従業員トレーニングと能力開発プログラムのメリットのトップ10には以下が挙げられます。

  • 生産性の向上:従業員が新しい手順や技術に常に対応することで、全体的な生産性を向上させることができます。

  • マイクロマネジメントの減少:労働者が業務遂行の権限を与えられていると感じると、通常、監督の必要性が減り、より自立して作業するようになります。 1

  • 将来のリーダーの育成:組織は、時間の経過とともに成長し適応していくために、十分な訓練を受けた革新的な潜在的リーダーをしっかりと育成してく必要があります。

  • 仕事の満足度と定着率の向上 : よく訓練された従業員は自分の能力に自信を持ち、仕事の満足度の向上や欠勤の減少、全体的な従業員の定着率の向上につながります。

  • 高いスキルを持つ従業員を惹きつける:優秀な人材は、一貫したトレーニングと能力開発に基づくキャリアパスが明確な企業に惹きつけられます。

  • 一貫性の向上:よく系統立てられたトレーニングは、均一的な業務遂行を保証し、エンドユーザーが信頼できる厳密な品質管理を実現します。

  • 仲間意識の向上:トレーニングと能力開発は、チームワークとコラボレーションの感覚を生み出すのに役立ちます。

  • 安全性の強化:継続的なトレーニングと能力開発により、従業員は安全に業務遂行するための知識とスキルを持つよう徹底できます。

  • クロストレーニングの能力:一貫したトレーニングを提供することで、従業員が必要に応じて互いにトレーニングや支援をし合えるような、知識豊富なチーム全体が形成されます。

  • イノベーション向上:一貫して訓練を受けた従業員は、新たな戦略や製品の開発に貢献し、会社の収益と継続的な成功に貢献できるようになります。
トレーニングと能力開発の最近の動向

企業市場は急速に変化するため、企業は柔軟性を持ち、変化に容易に適応する必要があります。 テクノロジーは、この急速な変化を推進する主要な要因の1つであり、自動化と人工知能(AI)がその最前線にあります。

ここでは、組織がトレーニングと能力開発をどのように再考すべきかに影響を与える4つの主なトレンドを紹介します。

リモート・モバイル・トレーニング

今日の企業は、もはや従業員が何を知る必要があるかということだけでなく、いつ、どこで、どのように開発経験を積むことがパフォーマンスを可能にするかということも重要であることに気づいています。モバイル・テクノロジーの進歩により、企業はモバイルワーカーにますます依存するようになっています。 トレーニングはモバイル機器に移行しつつあり、アプリが「ジャスト・イン・タイム」の情報や推奨事項をあらゆる業界の労働者に提供しています。

AIトレーニング

AIシステムは人間と同様の方法で非構造化情報を処理できます。 これらのシステムは、言語パターンとテキスト、画像、聴覚的手がかりなどの感覚入力を理解します。 AIベースのソフトウェアは、学習者の学習スタイルに基づいてトレーニング・コンテンツを配信する方法をカスタマイズし、学習者の過去のパフォーマンスに基づいてコンテンツを提案し、学習者が次に学習する上で最も重要な情報を予測することができます。

アジャイル学習

アジャイル学習とは、従業員が実践しながら学び、頻繁に反復することを奨励し、組織の変化と賛同を促すプロセスです。 たとえば、IBMは、組織の複数のトランスフォーメーション・イニシアチブを実行・拡張・管理するためのツールであるIBM Garageを導入しました。 Ford Motor CompanyやTravelportなどの企業は、オープンなコラボレーションと継続的な学習の文化を築くために、世界中でIBM Garagesを活用しています。学習。https://www.ibm.com/jp-ja/garage

リモートで柔軟な学習モデル

通信教育は以前から行われてきましたが、新型コロナウイルス感染症の拡散は、企業がレジリエンスと柔軟性に優れたモバイル労働力の管理を行う必要性を際立たせました。 組織は、遠隔労働力が生産的で積極的であり、学習と改善に向けて継続的に取り組む必要があることを学んだのです。

トレーニングと能力開発の課題

最近の記事や業界調査は、企業研修の多くが効果がないかも知れないことが示唆されています。 ほとんどのトレーニングは学習者によって完全に記憶されることはありません。 企業は、集中的な通信教育プログラムとモバイルの「ジャストインタイム」トレーニングを通じて、継続的な自主的かつ自発的な学習の文化を構築する必要があります。

また、近い将来どのようなスキルが必要とされるかという大きな枠組みを再考しなければなりません。 IBMが最近行ったメタレベルの調査では、AIによる自動化により、世界の経済大国12カ国で1億2,000万人以上の労働者が今後3年間で再訓練を受ける必要があると予測されています。

この調査から得られたいくつかの洞察は次のとおりです。

  • 熟練した人材がグローバル経済の原動力となっている:デジタル・スキルは依然として不可欠ですが、ソフト・スキルの重要性が増しています。

  • スキルの入手可能性と質が危うい:スキルの半減期は短くなり続けている一方で、スキルのギャップを埋めるのにかかる時間は膨れ上がっているため、組織はスキルの関連性を先取りする方法を見つけることを余儀なくされています。

  • インテリジェント・オートメーションは経済を大きく変える:何百万人もの労働者が再教育や新しいスキルの習得を必要とする蓋然性が高い一方、ほとんどの企業や国は十分な準備ができていません。

  • 組織文化の変化:デジタル時代は、新しいビジネスモデルや新しい働き方、そして重要な新しいスキルの開発を促進する柔軟な文化の必要性をもたらしました。

この調査では、従来の採用やトレーニングはもはやそれほど効果的ではなく、異なる戦略や戦術がスキル格差の解消に強い影響を与えられると結論づけています。 戦略と戦術には次のようなものがあります。

  • パーソナライズ:従業員の目標や興味に合わせて、キャリアスキルと学習開発エクスペリエンスを独自にカスタマイズします。

  • 透明性の向上:スキルをトレーニング戦略の中心に据え、組織全体のスキルポジションを深く可視化することを目指します。

  • 徹底的な調査:オープンなテクノロジー・アーキテクチャと、最新の進歩を活用できるパートナーを採用します。
スキル・ギャップを解消するための企業ガイド
関連ソリューション
タレントマネジメントサービス

従業員のエンゲージメントと生産性を高め、従業員の再教育を迅速化し、働き方を再考して、適応力のあるスキルベースのAIを活用した組織にしましょう。

従業員のレジリエンスを実現
人材開発と従業員の学習コンサルティング

ダイナミックな経済の中で競争上の優位性を維持するには、より迅速なイノベーションが必要です。 その際、デジタル・トランスフォーメーションを推進するための適切なスキルとツールを備えた適切な人材を確保することが課題です。

熟練労働力による競争上の優位性の維持
IBM Skills Gateway

IBMトレーニングと認定資格は、専門知識を証明するための資格情報を提供します。これは、指定された能力レベルで役割関連のタスクや活動を実行するためのスキルと能力を検証するように設計されています。

自分のスキルと能力の検証
トレーニングと能力開発の参考情報 インテリジェント・ワークフローで人々の価値を解明する

最近の市場の変化と混乱を背景に、組織は顧客と従業員の進化するニーズに対応するために、デジタル・スキルと革新的なプロセスを備えた労働力を必要としています。

将来を見据えた労働力の創出

主な重点分野は、新しい常識への再参入を支援するためにビジネス・レジリエンス戦略を強化すると同時に、今日の従業員の生産性を高めることです。

組織内のAIスキル向上

人工知能が組織にもたらす莫大な機会とメリットには、一貫性と意図的な成果を確保するために設計されたスキル開発プログラムが必要です。

デジタル学習エコシステムの台頭

パートナーシップ・ネットワークとユーザー・エクスペリエンス、新たなテクノロジーに基づく、トレーニングと能力開発への新たなアプローチをご覧ください。

熟練労働力の育成と維持のための戦略

組織の従業員のスキルを迅速に再習得するための、最新の 3 本柱の労働力戦略でスキル ギャップを埋める方法をご覧ください。

コグニティブ・エンタープライズの構築

トレーニングと能力開発が、次世代の企業トランスフォーメーションのさらに広い範囲にどのように適合するかをご覧ください。

次のステップ

IBM HRおよびタレント・トランスフォーメーション・コンサルティング・パートナーは、お客様と提携して、各企業固有の人材目標と課題に取り組み、従業員の現実を深く掘り下げて理解し、ビジネス内で新たなレベルのパフォーマンスを引き出す戦略を策定します。双方は共に、AIを中核に据えた人事を再考します。

人事トランスフォーメーション・サービスを見る
出典

1 チームのエンパワーメントを高めるための6つの重要な秘訣(ibm.com外部へのリンク)。 ジョー・フォークマン。 フォーブスの記事。 2017年3月。