サプライチェーンの透明性とは
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら 無料評価版(30日間)を試す
複雑なサプライチェーンの要素を示すイラスト


公開日:2023年12月5日
寄稿者:Amanda McGrath、Alexandra Jonker

サプライチェーンの透明性とは

サプライチェーンの透明性により、企業と消費者は商品がどのように生産され、流通するかを理解できるようになります。これには、製品がどこでどのように作られるかに加え、関連する労働慣行、供給源から消費者までの製品の移動、そしてその過程で生じる環境への影響を把握することが含まれます。

世界経済がますます複雑化する中、製品が作成されてから消費者に届けられるまでのすべてのステップを把握することがより困難になっています。サプライチェーンの透明性の目標は、製品を開発する企業とそれを購入する消費者の両方にとってメリットとなるように、プロセスの各部分に関する情報へのアクセスを向上させることです。

サプライチェーンの可視性の概念とは、企業がサプライチェーン内のすべての活動を把握できるというものですが、これは主に社内でサプライチェーン情報を確認できる機能に適用されます。しかし、透明性は社内の知識にとどまりません。サプライチェーンの透明性は、企業自体が情報にアクセスするだけでなく、顧客、投資家、規制当局などの外部の利害関係者が情報にアクセスできるようにすることも意味します。

IBM Blockchain Transparent Supply

トレーサビリティー・ソフトウェアを使用して独自のブロックチェーン・エコシステムを構築。

サプライチェーンの透明性がもたらすメリットとは?

サプライチェーン全体にわたって透明性を維持することで、企業と消費者が責任を持って行動し、それぞれの価値観と目標に従って意思決定を行うことができるようになります。

消費者にとっては、サプライチェーンの透明性により、購買と消費の意思決定に関連する情報が提供されます。2022年に行われた調査では、回答者の半数以上が、環境のサステナビリティーが12か月前よりも重視されるようになったと答え、約半数が、サステナビリティーや社会的責任に取り組んでいるブランド製品により多くの対価を支払うと答えています。そして、より多くの消費者が持続可能な慣行を堅持するブランドを求める中、透明性はそのコミットメントを示す手段となります。

企業にとっては、サプライチェーンの透明性がもたらすメリットは複数あります。政府が人権問題や環境への影響に対処するために規制を導入する際、透明性は企業がコンプライアンスを確保するのに役立ちます。また、ボトルネックや非効率性を特定し、潜在的な混乱や脆弱性についてのインサイトを提供することで、サプライチェーンの混乱を軽減することもできます。加えて、透明性は消費者にとって重要な存在であるため、透明性を採用すると、信頼とブランド・ロイヤルティーの構築に役立つという、評判という面からのメリットも得られます。

最後に、透明性により、サプライチェーンのサステナビリティーを高めることができます。環境、社会、政府(ESG)面でのイニシアチブを進める企業が増えるにつれ、透明性がその目標の達成に役立つ可能性があります。

関連コンテンツ

食品の安全性を重視

IBM Food Trust

IBM Supply Chain Control Tower

企業がサプライチェーンの透明性を高める方法とは?

サプライチェーンが複雑化するにつれて、企業は以下の方法で透明性を高めることができます。

サプライチェーンのマッピング

透明性への取り組みは、そのあらゆるパーツとプレーヤーを理解することから始まります。最終消費者にリーチする前に関係するすべてのサプライヤー、製造業者、流通業者、小売業者を含むサプライチェーン参加者を網羅した完全マップがあれば、これが透明性への取り組みの「バックボーン(根幹)」として機能してくれます。このマッピングは、コンポーネントや原材料がどこから来ているかの全体像を把握するために、直接サプライヤー(ティア 1)だけでなく、間接サプライヤー (ティア2以降)も含まれている必要があります。各参加者を完全に把握することで、可視性が向上し、サプライチェーンのリスクが軽減され、その回復力が向上します。グローバル化した最新のサプライチェーン・ネットワークが持つ複雑さを正確に追跡し管理できるサプライチェーン管理システムは、透明性の向上に役立ちます。

サプライヤーとの連携

サプライヤーやプロバイダーとの強力なパートナーシップを構築することは非常に重要です。これには、期待事項についての明確なコミュニケーションや、問題に対処するための直接訪問やコラボレーションが含まれる場合があります。サプライヤーと緊密に連携することで、サプライヤーが倫理基準と環境基準を満たしているかを確認することができます。また、情報格差によってサステナビリティーや透明性の取り組みが損なわれるような事態も回避できます。社内担当者または第三者によって実施される定期的な監査により、その実践を検証することができます。これらの監査には、労働基準、環境への影響、排出率、品質管理、その他の関連側面のチェックが含まれる場合があります。これらはリスク管理に不可欠であり、オペレーションと活動が期待に見合ったものであることを保証するものです。

テクノロジー・ソリューションの実装

テクノロジーは、原材料から完成品まで、製品をエンド・ツー・エンドで追跡し監視するためのツールを提供することにより、透明性の高いサプライチェーンを構築するうえで重要な役割を果たします。製造インフラストラクチャ―に新しいツールやアナリティクスを組み込むインダストリー4.0の取り組みが透明性を高めています。一部の企業では、ブロックチェーン、つまり取引を安全かつ透明な方法で記録するデジタル台帳を使用して透明性を高める方法をテストしています。これにより、不正行為を防止するうえ、製品が倫理的に調達および製造されていることを確認できます。

さらに、一部の企業では、デジタルの透明性と監視のレイヤーを追加するために、センサーやモノのインターネット(IoT)デバイスが使用されています。GPSトラッカーとRFIDタグを使うと、リアルタイムの位置追跡と出荷品の状態監視が可能になるうえ、貴重なサプライチェーン情報が提供されます。輸送中や保管中の製品の状態を監視し、製品が適切な温度と湿度に保たれていることを確認するためにデバイスが使用されることもあります。このようなトレーサビリティは、製品が最終ユーザーに届くまでの過程で腐敗を防ぎ、廃棄物を減らすうえで非常に役立ちます。

データの使用

データ分析とメトリクス・ベースのツールは、サプライチェーンのオペレーションを評価し、透明性が欠如している領域を特定するのに役立ちます。様々なポイントから収集されたサプライチェーンデータは、業務効率、潜在的なリスク、改善すべき領域に関するインサイトを提供します。人工知能(AI)機械学習(ML)アルゴリズムは、膨大な量のデータを分析して、最も効率的な輸送ルートを特定し、潜在的な混乱や矛盾を浮かび上がらせ、環境負荷のインサイトを獲得するすることができます。リアルタイム・データは、企業がサプライチェーン内の問題に迅速に適応し、対応するのに役立ちます。サプライチェーン・コントロールタワーは、データ主導の多くの情報源を結びつけ、エンド・ツー・エンドの可視性を向上させることができます。

従業員とサプライヤーのトレーニング

一部の企業は、組織とそのプロバイダー全体の人々に透明性の重要性とそれを達成する方法を教育することで、サプライチェーンの透明性を促進することを目指しています。研修プログラムは、倫理的調達、規制の遵守、デューデリジェンス、サプライチェーン・マネジメントのベストプラクティスに重点を置いたもので、サプライヤー・マネジメントの取り組みに統合することも可能です。企業やサプライチェーンの専門家の中には、透明性の取り組みに信頼と権威を与える可能性のある認証プログラムを模索している人もいます。

情報の公開

サプライチェーンの透明性は、社内だけでなく社外からも情報が入手できるかどうかにかかっています。企業は、消費者やその他の利害関係者がサプライチェーンの一部を理解できるよう、さまざまな方法を使用しています。たとえば、製品のラベルやパッケージは、原産地、材料、製造プロセスに関する情報を強調するようにデザインされる場合があります。企業のウェブサイトやその他のオンライン情報源により、監査概要に加え、サステナビリティーまたは企業責任に関する報告書など、サプライチェーン関連情報の一般公開が可能になっています。一部の組織は、ソーシャル・メディアやその他の形式のマーケティングを使用して、サプライチェーン内からの詳細やストーリーを伝えています。

サプライチェーンの透明性を実現するうえでの課題とは?

サプライチェーンで完全な透明性を達成することは困難な場合があります。現代のグローバル・サプライチェーンは、国や地域、大陸にまたがり、個人や企業の幅広いネットワークにまたがっており、気が遠くなるような複雑さです。さらに、労働、環境慣行、製品の安全性に関しては、国または地域ごとに異なる法律や基準があります。これらのさまざまな規制に対処し、あらゆるレベルでコンプライアンスを確保することは、非常に骨の折れる作業となる可能性があります。

透明性の実現にはコストがかかります。新しいテクノロジー、トレーニング、実践的なモニタリングには財政投資が必要であり、中小企業では対応できない場合があります。また、一部のサプライヤーはプライバシーの懸念から情報の共有に消極的であるため、透明性の取り組みに対して抵抗が伴うこともあります。

関連ソリューション
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suite

人工知能 (AI) の力と自動化のスピードを適用して、サプライチェーンの管理、回復力、持続可能性を向上させます。

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら

IBM Sterling Order Management

持続可能性を目指して構築された完全なオムニチャネル注文履行ソリューションを使用して、完璧に注文を届けます。

IBM Sterling Order Managementの詳細はこちら

参考情報 IBM Blockchain Transparent Supply

サプライチェーン・パートナーとブロックチェーンに対応した独自のコラボレーションおよびデータ共有エコシステムを構築する方法をご覧ください。

食品安全規制に準拠する

デジタル・トレーサビリティにより食中毒や食品媒介疾患を予防し、食品廃棄を最小限に抑えます。

サプライチェーン・コントロール・タワーとは

サプライチェーン・コントロール・タワーにより、組織は重要な問題をリアルタイムで理解し、優先順位を付け、解決することができます。

サプライヤー管理とは

サプライヤー管理により、企業は適切なサプライヤーを特定、認定、採用し、取引とコラボレーションにつなげることができます。

インダストリー4.0とは

インダストリー4.0 は、現場のデジタル変革を実現し、リアルタイムの意思決定、生産性の向上、柔軟性、機敏性を実現します。

サプライチェーン・マネジメントとは何か。

サプライチェーン・マネジメントでは、原材料のコンポーネントから最終製品まで、製品またはサービスの生産フロー全体を管理します。

詳細情報はこちら

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteは、AI駆動型の最適化・自動化ソリューションです。 このスイートは、従来型のトランスフォーメーションを進める中で起きるサプライチェーンの混乱の解決に苦慮している企業向けに設計されており、実用的なインサイト、よりスマートなワークフロー、インテリジェントな自動化を通じて供給ネットワークのレジリエンスとサステナビリティーを向上させ、俊敏性を高めながら、価値実現までの時間を短縮します。

Supply Chain Intelligence Suiteの詳細はこちら 無料評価版(30日間)