重要なインフラストラクチャーとは
重要なインフラストラクチャーがダウンすると、壊滅的な結果が生じる可能性があります。重要なインフラストラクチャーの回復力が非常に重要である理由と、ソフトウェア・ソリューションがどのように役立つかについて学びます。
重要な物資で満たされた箱の列
重要なインフラストラクチャーとは

重要なインフラストラクチャーとは、社会や経済が機能するために不可欠なシステム、設備、資産を指します。

これらのインフラストラクチャーは、その混乱が公共の安全、治安、経済的安定、公衆衛生に影響を与えるため、不可欠であると考えられています。重要なインフラストラクチャーには、相互接続され相互依存する物理コンポーネントと仮想コンポーネントの両方が含まれます。

ほとんどの国や統治機関は、重要なインフラストラクチャーの管理方法に関する規則を維持している。例えば、米国では、Department of Homeland Security(DHS)、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency(CISA)、Department of Energy(DOE)などの政府機関が、重要なインフラストラクチャーのセキュリティと管理に関する規制や基準を定めています。Presidential Policy Directive 21(PPD-21)は、安全で機能的かつレジリエントな重要なインフラストラクチャーを強化・維持するための国家的団結を促進しています。

このようなシステムを管理する担当者は、重要なインフラストラクチャーの健全性を管理するための最新の規制、ベスト・プラクティス、テクノロジーを認識することが重要です。以下のような重要なインフラストラクチャー・セクターが私たちの周りにあります。

  • エネルギー部門―原子炉、送電網、石油および天然ガス施設、パイプライン、燃料貯蔵庫。

  • 化学部門―石油化学製造、農薬製造、化学品流通。

  • 運輸部門―空港、港湾、鉄道、高速道路、橋、公共交通機関。

  • 上下水道システム―浄水場、貯水池、ダム、ポンプ場、下水道システム。

  • 通信部門―電気通信ネットワーク、インターネット・サービス・プロバイダー、衛星システム。

  • 金融サービス部門―銀行、証券取引所、決済システム、手形交換所。

  • 医療―病院、診療所、医療サプライチェーン。

  • 緊急サービス―警察、消防、緊急事態管理システム。

  • 食品と農業―農場、食品加工施設、流通ネットワーク、食品安全システム。

  • 政府―防衛産業基盤、連邦政府施設および国家安全保障システム。

  • 情報技術―データセンター、重要なソフトウェアとハードウェア、サイバーセキュリティー・システム、インターネット・インフラストラクチャー。

これらのインフラストラクチャーは相互につながっていることが多く、ある部門の混乱が他の部門に連鎖的な影響を及ぼし、広範囲に影響を及ぼす可能性があります。

IBM Maximo ツアーに参加しましょう

IBM Maximo によって、IoT データ、分析、AI が資産運用の合理化にどのように役立つかを学びましょう。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

重要なインフラストラクチャーに対する一般的な脅威

重要なインフラストラクチャーは、その運営を妨害し、公共の安全、治安、経済の安定にリスクをもたらす可能性のあるさまざまな脅威に直面しています。一般的な脅威には以下が含まれます。

サイバー攻撃

攻撃者は、制御システム、ネットワーク、およびソフトウェアの脆弱性を標的にして、不正にアクセスしたり、業務を妨害したり、機密情報を盗んだり、物理的損害を引き起こしたりする可能性があります。

物理攻撃

妨害行為、テロ行為、破壊行為は、施設に直接損害を与え、業務を妨害し、生命を危険にさらす可能性があります。これらの攻撃は、商業施設、交通システム、重要な製造業務、その他の資産を標的にする可能性があります。

自然災害

ハリケーン、地震、洪水、山火事、悪天候により、重要なサービスが中断される可能性があります。過去の気候パターンに基づいたシステムは、異常気象の頻度と強度の増加により課題に直面する可能性があります。

パンデミックと医療の緊急事態

パンデミックや病気の流行は、労働力不足、業務の中断、医療サービスの需要の増加を引き起こす可能性があり、公衆衛生対応者やシステム全体の回復力に負担をかける可能性があります。

サプライチェーンの脆弱性

侵害された製品や偽造製品などのサプライチェーンの脆弱性により、悪用されて業務が中断されたり、システム保全性が損なわれたりする可能性があります。

技術的な依存関係

重要なインフラストラクチャーの相互接続が進み、高度なテクノロジーへの依存が高まるにつれて、複雑なシステムやソフトウェアへの依存度が高まります。

重要なインフラストラクチャーを管理する方法

重要なインフラストラクチャーの管理には、インフラストラクチャーのさまざまな構成要素を監視、制御、保護するための堅固なソフトウェア・ソリューションとシステムの実装が含まれます。

 

  • 資産管理―ソフトウェア・ベースのエンタープライズ資産管理(EAM)システムを利用して、物理機器、ソフトウェア・ライセンス、ネットワーク・デバイスなどのすべての重要なインフラストラクチャー資産を追跡します。これにより、効率的な資産インベントリー、メンテナンスのスケジューリング、ライフサイクル管理が可能になります。
  • SCADAおよび制御システム―監視制御およびデータ取得(SCADA)システムまたは同様の制御システムを実装して、重要なインフラストラクチャーの物理プロセスを監視および制御します。これらのシステムにより、オペレーターはインフラストラクチャーをリモートで監視および管理し、リアルタイムのデータを収集し、情報に基づいた意思決定を行うことができます。
  • ネットワーク監視とセキュリティ―ネットワーク監視ツールとセキュリティー・ソリューションを展開して、ネットワーク・インフラストラクチャーを継続的に監視します。これは、重要なインフラストラクチャー・システムの保全性と可用性を損なう可能性のある潜在的なサイバー脅威、脆弱性、または異常を検出して対応するのに役立ちます。
  • リスク・ベースのアプローチ―このアプローチでは、インフラストラクチャー・システムに対するリスクを評価し、優先順位を付け、リスク管理策を実施し、資産の重要性と混乱の潜在的影響に基づいてリソースを配分する。
  • データ分析と予知保全―重要なインフラストラクチャー・システムから収集したデータを分析するために、ソフトウェア分析ツールを活用します。データ分析技術を適用することで、パターンと傾向を特定し、機器の故障の予防とダウンタイムの軽減に役立つ予知保全が可能になります。
  • 遠隔監視と制御―ソフトウェア・ソリューションを使用して、遠隔監視・制御機能を導入します。これにより、オペレーターは重要なインフラストラクチャー・システムを一元化された場所から監視・制御できるようになり、インシデントへの迅速な対応が可能になるとともに、各拠点への物理的な常駐の必要性が低減されます。
  • インシデント対応と災害復旧―ソフトウェア・ツールを使用して、包括的なインシデント対応計画と災害復旧戦略を作成します。これらの計画には、サイバー攻撃、自然災害、その他の緊急事態が発生した場合に従うべき段階的な手順の概要が記載されている必要があります。ソフトウェア・ベースのインシデント管理システムは、対応と復旧のプロセスを合理化するのに役立ちます。
  • コンプライアンスと規制要件―重要なインフラストラクチャーの管理に使用されるソフトウェア・システムが関連する規制と標準に準拠していることを確認します。これには、サイバーセキュリティ標準、データ保護規制、業界固有のコンプライアンス要件が含まれます。
  • トレーニングと教育―重要なインフラストラクチャーをソフトウェアで管理する担当者に対して、トレーニングと教育を実施します。オペレーターと管理者が、使用するソフトウェア・ツールやシステム、サイバーセキュリティのベスト・プラクティスやプロトコルに精通している状態を維持することが重要です。
  • 冗長性とバックアップ・システム―重要なオペレーションの継続性を確保するために、冗長性とバックアップ・システムを導入します。これには、冗長サーバー、バックアップ電源、データ・バックアップ・ソリューションが含まれます。バックアップ・システムの有効性を検証するため、定期的なテストを実施します。
  • コラボレーションと情報共有―政府機関、業界パートナー、サイバーセキュリティ組織など、重要なインフラストラクチャー関係者間のコラボレーションと情報共有を促進します。これにより、脅威情報、ベスト・プラクティス、学んだ教訓を共有できるようになり、重要なインフラストラクチャーの全体的なセキュリティとレジリエンスに貢献します。
  • 官民パートナーシップ―官民間の関係は、情報共有、資源配分、脅威や混乱への協調的対応を促進します。これらの傾向は、重要なインフラ管理の進化を浮き彫りにし、革新的なアプローチ、技術の進歩、協力、リスクとレジリエンスに対する積極的な姿勢の必要性を強調しています。

 

重要なインフラストラクチャーをソフトウェアで管理するには、監視、制御、セキュリティー、メンテナンス、コンプライアンスを包括するアプローチが必要です。ソフトウェア・ソリューションの力を活用することで、重要なインフラストラクチャーを効果的に管理し、その信頼性、安全性、回復力を確保することができます。

関連ソリューション
資産管理 IBM Maximo Application Suiteによるインフラストラクチャー資産管理

公共の安全を確保するためのインテリジェントなアプローチで、予測的かつ的を絞った公共インフラストラクチャーの設備保全管理を実現します。

詳細はこちら IBM Maximo ツアーに参加しましょう

資産管理 施設管理ソフトウェアとソリューション

データ、IoT、AI を使用して空間を再考し、再利用しながら、施設全体で常に変化するニーズに対応します

詳細はこちら

参考情報 CMMSとは?

コンピュータ化されたメンテナンス管理システムの略で、CMMSは資産の管理、メンテナンスのスケジュール、作業指示の追跡を支援するソフトウェアです。

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)とは

エンタープライズ・アセット管理(EAM)は、ソフトウェア、システム、サービスを組み合わせて、運用資産のライフサイクル全体にわたる品質の維持、管理、最適化を支援します。

建物への人工知能の組み込み

インフラストラクチャーやエネルギー使用量から入居者の全体的なエクスペリエンスに至るまで、デジタル・デバイスが建物に関する洞察をどのように提供するかをご紹介します。

MTTRとMTBFの違いとは

システムのメンテナンスを改善するには、MTTRやMTBFなどのメトリックを通じてシステムの信頼性を測定する必要があります。

モノのインターネット

モノのインターネットが、ビジネスをより効率的に、よりコントロールしやすく監視、管理、自動化する方法について学びます。

根本原因分析とは

根本原因分析を実施し、問題に迅速に対処するためのさまざまなツールと方法論について学びます。

施設管理とは

施設管理は、建物や敷地、インフラ、不動産の機能性、快適性、安全性、効率性を確保するのに役立ちます。

次のステップ

Maximo Application Suiteの活用でエンタープライズ資産から最大限の価値を引き出せます。統合されたクラウド・ベースの単一のプラットフォームで、AI、IoTと分析を使用してパフォーマンスを最適化し、資産のライフサイクルを拡張し、運用のダウンタイムとコストを削減できます。

IBM Maximoを詳しく見る