エンタープライズ・アセット・マネジメントとは

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)とは、運用資産と機器の保全と制御に使用されるソフトウェア、システム、サービスを組み合わせたものです。 その目的は、資産の品質と使用率をライフサイクル全体にわたって最適化し、生産性のアップタイムを向上させ、運用コストを削減することです。

エンタープライズ・アセット・マネジメントには、作業管理、資産の保全、計画とスケジューリング、サプライチェーン・マネジメント、環境・安全衛生(EHS)のイニシアチブが含まれます。

バルブから車両に至るまですべてのものがセンサーとシステムで接続される、モノのインターネット(IoT)時代では、実務者は高度な分析と人工知能(AI)をEAMに組み込んでいます。 IoTが装備された資産から収集したデータは、AI技法を使用して分析されます。 結果として得られる洞察は、保全チームがより的確な意思決定を行い、効率を高め、予防保全を実行し、物理的資産への投資を最大化するために役立ちます。


EAMとCMMSの違いとは

EAMは、通常コンピューター化された保全管理システム(CMMS)に関連付けられていますが、EAMとCMMSを詳しく調べると、それらが異なることが明らかになります。 CMMSは、EAMの1つの側面である場合があります。 CMMSは、保全管理プロセスの円滑化と自動化のための情報の一元化に焦点を当てています。 一方EAMは、取得から処分までの資産パフォーマンスをサポートする資産ライフサイクルの管理アプローチです。


エンタープライズ・アセット・マネジメントが重要である理由

EAMは、組織の資産品質と信頼性の追跡、評価、管理、最適化に役立つため重要です。 あらゆる種類の組織は何百、何千、さらには何百万もの資産を保有しています。 そして、組織は資産集約型です。

資産には、多くの形状や規模(鉄道、パイプライン、製造設備、輸送手段、風車など)があり、生産、サービス、運用を維持するために必要なあらゆる機器が含まれていると言えます。 EAMのベスト・プラクティスは、保全チームが次のように複雑な環境をより適切に制御できるようにします。

  • 資産情報の一元化:保全管理者は、EAMの一部であるCMMSによって、資産がどこにあるか、その資産に何が必要か、誰がいつその資産を使用すべきなのかを把握できます。 これにより、重要な資産管理ワークフローが自動化され、どこからでもアクセスと監査ができるようになります。
  • 問題が発生する前に解決:アセット・マネジメント・ソフトウェアには、安定した継続的運用のために機器を保全する予防機能があります。 この機能は、保証のコンプライアンスを徹底し、生産に支障を来す問題を先取りするために役立ちます。
  • よりスマートな資産の監視: AI搭載のリモート監視により、資産の現在の状態と予想される状態についての実用的な洞察を得られます。 部門と情報の複数のサイロにわたってデータを収集することで、アラートがより正確になり、またその回数が減り、意思決定を強化できます。
  • 資産使用効率の最大化:IoT デバイス、分析ツール、診断ツールから収集された履歴データとリアルタイム・データは、物理的資産の可用性、信頼性、耐用年数を拡張するために役立ちます。
  • 老朽化が進む資産やインフラストラクチャーの管理:より多くの情報に基づく保全戦略を通じて、またリスク管理をビジネス・プロセスに組み込むことにより、設備のライフサイクルは延長され、投資収益率を向上させます。
  • 保全管理の向上:IoT、AI、分析により、設備の保全手法が強化されます。 資産の追跡と追跡可能性は、ますます複雑化する環境と安全衛生要件に対応します。
  • 運用アプリケーションの統合:EAM は、ほぼすべての資産タイプを管理するための単一のテクノロジー・システムを確立する際に役立ちます。 企業全体の幅広い資産機能にわたって、プロセスが統一され標準化されます。

CHS社は予防的EAMから予測的EAMに発展

CHS社のJohn Myers氏は、20年以上にわたってIBM Maximo®を使用して業務を続けており、EAMにおける予測保全への移行を目の当たりにしました。 クラウドとIoTを使用することで、Maximoを使用した業務にまだ新たな可能性がある理由をお聞きください。

 

効果的なEAMの主要な機能

作業管理

初期の要求から完了まで、また実績の記録を含めて、計画的な作業と計画外の作業を一元管理します。

保全のフェーズ

問題発生後に修理が行われる修理保全から、予防保全(定期修理)とデータが差し迫った障害を示したために修理が行われる予測保全に移行します。

プランニングとスケジューリング

作業指示書と予防保全スケジュールをガント・チャートでグラフィカルに表示します。 直観的に作業指示書管理をナビゲートして、ディスパッチャーがタスクと作業の依存関係を管理できるようにします。

サプライチェーン・マネジメント

資産と資産の保全に使用される資材は、サプライチェーンの一部です。 効果的なソリューションには、EAMのサプライチェーン・マネジメント・システムとの統合に役立つIoTテクノロジーを組み込む必要があります。

安全衛生

環境と安全衛生についての懸念を文書化し、報告します。 インシデント分析、是正処置の追跡可能性、プロセス変更管理を使用することで、リスクを軽減します。

モビリティー

メーターの読み取りから、電子署名の取り込み、バーコードとRFIDの使用まで、さらに多くのことが達成できます。 写真や音声のテキスト変換などのスマートフォン機能を活用して、情報を収集し、ツール、文書、コラボレーションを提供します。

アナリティクス

拡張・強化された分析(AI搭載の場合が多い)を実行して、運用に関する洞察を入手します。 最適化モデルは、プランニング、スケジューリング、作業管理のプロセスを分析に基づいて自動化するために使用できます。

クラウド

OpenShiftを基盤としたクラウド・ベースの実装環境、またはハイブリッドクラウドの実装環境をサポートして、コストを管理し、システムの柔軟性を向上し、IT部門への依存を軽減します。

EAMとSaaS

EAMの将来はクラウドにある可能性があります。 クラウドでホストされるSaaS EAMは、データの要求に応じて拡張と契約を行う柔軟性を提供します。 ユーザーは必要なデータ・リソースのみ購入します。 SaaSで必要とされるIT部門の介入とサポートは、オンプレミス実装環境によりもはるかに少ないものです。 その結果、IT部門に関連する資本支出を運用経費やリソースに振り替えることができます。

アップグレードはクラウド内でサービス・プロバイダーによって行われるため、最新のバージョンと機能が常に適用されます。 SaaSはまた、新しいテクノロジーをこれまでよりも迅速にかつ低リスクで統合します。

 

アプリケーションと業種

エネルギー・電力・ガス

水、排水、ガス、電力の伝送・分配には、パイプラインや送電線などの線形資産用の機能が必要とされます。 これらのシステムは、複雑な作業員のスケジューリングに対応し、リモート資産の地理空間情報を考慮する必要もあります。

 

化学、石油、鉱業

これらの業界では、安全性、信頼性、コンプライアンス、パフォーマンスをワークフローに統合することが重視されています。 EAMシステムは、保全プラクティスの標準化・改善と、コラボレーションの促進によりコストを削減する必要があります。

 

製造オペレーション

製造業には次の一連のセクターが含まれます。 自動車、航空宇宙、防衛、電機・電子、製造装置、消費財、その他。 これらの環境では、EAMシステムは、リーン・シックス・シグマなどの総合的なプロセス管理手法の一部となり、製品ライフサイクル管理の要件を補完します。

 

運輸

これらのアプリケーションは、サービスと物流が機能するように、資産と在庫の詳細情報を提供することに重点を置いています。 燃料管理、ドライバー・ログ、予備部品、入出港予定、その他のデータは、鉄道、道路、航空の各交通運用を維持するために重要です。

 

ライフサイエンス・テクノロジー

ここでのシステムは、機器、設備、モバイル資産を監視、追跡、管理します。 標準、追跡可能性、電子署名の管理が重要です。 文書パッケージは、複雑な規制要件の対応と検証を支援するために使用されます。

 

ヘルスケア

ヘルスケア用EAMソリューションは、設備と機器の作動可能性の間の複雑な関係を管理する必要があります。 これらのソリューションは、重要な資産を追跡してその場所を把握し、設備の状態を監視し、報告要件を遵守して、運用している医療情報システムと統合します。

原子力発電

原子力組織は、詳細な状態管理、ワークフロー、エスカレーション、電子署名を通じて規制に対応するために、作業と資産の管理を重視しています。 ソリューションは、健康、安全、セキュリティーに関する厳しい規制コンプライアンスを考慮します。

様々な業界の運用を最適化するEAM

資産集約型の業界のリーダーが、IBM Maximo EAMソリューションを使用する理由をご覧ください。

お客様事例

東亜石油株式会社

設備信頼性やコストに関するKPIを“見える化”する分析機能を活用し、設備保全管理の全体計画および施策展開を支えるPDCAサイクルの精度を大きく向上しました。

 

東京電力リニューアブルパワー株式会社

160カ所以上に点在する水力発電所を横断した設備保全のPDCAサイクルを支える統合設備管理基盤を構築しました。

 

参考情報

Maximoアカデミー

インテリジェントな資産の保全と運用に関する重要な洞察を得ます。

 

電力・ガス・石油・化学業界のデジタル変革 ~データを活用した設備保全の最新形~

本稿では、IoTにより取得したデータを活用して設備の透明性を高め、異常予知や保全計画の最適化を実現している例や、AIを活用しての業務効率化や安全性を向上した例など、データを活用した“設備保全の最新形”をご紹介します。

 

 

インテリジェンス、洞察、専門知識を活用し、強固な事業を構築

IoT データ、AI、5G、エッジコンピューティングを活用し、適応力の高い運用インフラストラクチャーの実現できます。

IBMソリューション

IBM Maximo Application Suite

CMMS、EAM、資産パフォーマンス管理のアプリケーションを活用することで、急激な変化や混乱が生じている状況下でも、チームは、全社的に運用を一元化し、事業継続性を維持できます。

エンタープライズ・アセット・マネジメント

AIと分析機能によりパフォーマンスを最適化し、資産のライフサイクルを延長し、運用のダウンタイムを減少してコストを削減することで、高水準の資産の管理と保全を実現します。

モバイルEAM

インテリジェントなモバイル・エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)を使用して、接続している技術者が、あらゆる資産をいつでもどこでも管理できるようにします。

リモート・モニター

高度なAIを活用したリモート資産モニターをエンタープライズ規模で実現します。 重要な洞察をもたらすことで、リーダーが確信をもって行動し、デジタル・リインベンションを推進できるようにします。

予測保全

保全計画に運用データと分析から得られた洞察を活用することで、先取りした保全を行い、資産の信頼性を強化します。

職場の安全性

データを実行可能な洞察に変えることにより、職場の安全性を向上します。 安全の中心にコンプライアンスを据えることで、危険をより適切に識別して排除できるようになります。