コンテナ向けのストレージ

永続的なストレージとデータ・サービスをデータ・レジリエンスを備えたコンテナに導入します

データ・ストレージとサービスの相互接続性を示すイラスト

概要

モダナイゼーションの加速

Red Hat® OpenShift®用IBM® Storageは、従来のストレージとコンテナ・ストレージを統合し、エンタープライズ・クラスのスケールアウト・マイクロサービス・アーキテクチャーの導入を簡素化することにより、チームが堅固で俊敏性のある、オンプレミスのハイブリッドクラウド環境を構築することを支援します。 IBMは、Kubernetes環境でのコンテナの使用効率を向上させることができるように、ブロック・ストレージ・ファミリーおよびファイル・ストレージ・ファミリーでCSIをサポートしています。 Red Hat OpenShift は、IBM Power®とIBM Z®を含めたマルチコンピュート・アーキテクチャーをサポートしています。

追加情報

ソリューション概要を確認する(3.8 MB)

ブループリントをダウンロードする

メリット

密接な統合

統合された環境でのシンプルなデプロイメントと管理を提供します。 ソリューションは、Red Hat OpenShift、Kubernetes、およびIBM® Cloudで検証されています。

データのレジリエンス

Red Hat OpenShiftおよびKubernetes環境用に企業データの保護、スケジュールの自動化、そしてデータ再利用のサポートを活用します。

エンタープライズ機能

コンテナ化を活用することにより、コンテナ・ネイティブのアクセスを利用した高速で簡単なデプロイメントを実現します。

インフラストラクチャーの俊敏性

必要なときに必要なものをデプロイできます。 ブロック、ファイル、およびオブジェクト・データ・リソースを使用します。

ソリューション

エキスパートへのお問い合わせ

企業のプライベートクラウドまたはコンテナ・プラットフォームに永続ストレージを導入するご予定ですか? ストレージのエキスパートがお手伝いします。