気候リスク適応ガイド
組織は、気候変動の結果として起こりうる混乱や破壊に直面しています。気候変動が今後環境にもたらす影響を最小限に抑えることに着目するだけでなく、現在直面している気候変動の影響に適応する方法を学ぶことが重要です。
猛暑、暴風雨、洪水などの異常気象にさらされている都市のイラスト。
気候変動は今、私たちに影響を与えている

気候変動は、気象関連の危険への影響とともに、企業とその管理者に相互に関連する一連の特有のリスクと課題を突きつけます。これは、業務の中断、物理的資産や従業員の健康への被害などの差し迫った懸念から、サプライチェーンや市場の存続可能性といったより間接的な影響まで、ビジネスのさまざまな側面に脅威をもたらします。これらのリスクの大きさと特徴を把握することが極めて重要で、最初から徹底的かつ積極的に経営上の意思決定にリスクを管理するための戦略を組み込む必要があります。その後に来る次なるステップは何でしょうか。企業は気候変動や異常気象の影響にどのように備えることができるでしょうか。関連するリスクをより効果的に理解し、ビジネスとその利害関係者にとってこれらのリスクを最小限に抑えるための予防策を特定する方法を検討してみましょう。

気候リスク管理は、ビジネスにとっても地球にとってもメリットがあります。

中長期的な気候リスクとは何か。気象予報との違いは何か。

気候ハザード・モデリングは、長期にわたる気候関連のハザードが資産にもたらす潜在的なリスクを評価し、理解するために採用される洗練されたアプローチです。この方法は、短期的かつ特定の状況に焦点を当てた従来の気象関連リスク・モデリングとは大きく異なります。気象関連のリスク・モデリングでは通常、気象データ、衛星画像、計算モデルを使用した気象変数のリアルタイム観測が行われます。気象リスクは、短期的な気象現象とその直接的な影響を扱います。将来を見据えた気候ハザード・モデリングでは、包括的かつ長期的な視点が考慮されます。これは、過去の気候データ、気候変動予測、ハザード固有のモデル、地域固有の地理的・文脈的情報を組み合わせ、ハリケーンや洪水、熱波などの気候関連事象の可能性と深刻度を数十年先に至るまで予測します。

こうした危険関連データは、ユースケース固有の影響および損失関数を使用することで、意味のあるデータに変換されます。気象パターンの変化、海面上昇、気温上昇などの要因を考慮するこのモデリング・アプローチを使用することで、企業や政府、および保険会社などの利害関係者は、変動し続ける気候情勢に合わせてリスクの軽減、長期計画の策定、レジリエンスを強化する対策について、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。結果として、変動的な気候とその重要な資産やインフラストラクチャーへの潜在的な影響から生じる複雑な課題に積極的に対処できるようになります。

差し迫る気候ハザード

差し迫る気候ハザードとは、サイクロン、ハリケーン、熱波や寒波、洪水などの異常気象の深刻化などによって引き起こされる災害を指します。

山火事 地球温暖化や相対湿度の低下、強風や落雷などの要因が組み合わさると、山火事のリスクが高まります。
洪水 気温が上昇すると、雪解け水が増え、海面が上昇し、高潮の発生リスクが高まり、これらすべてが組み合わさることにより洪水の発生回数と深刻度が増します。
熱波 数日間にわたり高温が続く現象のことを指し、その頻度、深刻さ、期間が増しています。
嵐がより多くの水蒸気と熱を引き込みながら暖かい海面を通過する中で、強度が増し、速度が低下するため、被害が長期化します。

慢性的な気候ハザード

慢性的な気候ハザードとは、海面上昇や慢性的な熱波を引き起こす可能性のある気候パターンの長期的な変化(例、持続的な高温、海面上昇、降水パターンの変化)を指します。

干ばつ 長期にわたる乾燥期間がより頻繁かつ深刻かつ広範囲に発生しており、水の利用可能性に影響を与え、土壌が乾燥しています。
土壌侵食 より頻繁で激しい雨は浸食をもたらし、その結果、より多くの土砂が川、湖、小川に流れ込む可能性があります。土地が劣化することにより、植物の生命を維持する能力が低くなります。
海面上昇 氷河や氷床からの溶けた水と、温暖化に伴う海水の熱膨張が組み合わさって、海面上昇を引き起こしています。これにより、海岸の浸食、デルタ地帯の浸水、さらには洪水や多くの沼地や湿地の損失が起きる可能性があります。

異常気温 地球の平均気温は、過去10万年間のどの時期よりも高くなっており、2011年と2020年は記録的な暖かさとなりました。

気候ハザードが組織に与える影響

気候変動は組織にさまざまな重大な影響を与える可能性があります。

業務への影響

異常気象は施設の通常業務を中断させ、生産性の低下、サプライチェーンの中断、販売遅延による損失をもたらします。例えば、ハリケーン「ハービー」はテキサス州沿岸部を浸水させ、同州のほぼすべての石油精製能力を一時的に停止させ、最大で1日あたり440万バレルの石油生産に影響を与えました。1

資産やインフラの損傷や故障、保険料の上昇

気候変動は、重要なインフラストラクチャーに損害を与えたり、支障をきたしたりする可能性があり、修理や交換、保険料の上昇、業務の中断に伴う金銭的損失につながり、ひいては下流における負債につながる可能性があります。実際、コロラド州では山火事のリスクが高いため、住宅所有者の保険料が3年間でほぼ52%も増加しました。

一時的および恒久的な変位

干ばつや極端な気温などの異常気象や慢性的な気候リスクは環境変動をもたらし、生産性と市場需要の変化の両方に影響を与える可能性があります。

バリューチェーンの損失と物流の遅延

気候関連の要因は、重要な原材料の需要、供給、価格に影響を与えるだけでなく、物流インフラに混乱を引き起こし、生産の遅延をもたらす可能性があります。例えば、テキサス州の寒波の際には、鉄道が閉鎖され、テキサスと太平洋岸北西部の間の重要なサプライチェーンが3日間寸断されました。

利用可能なユーティリティーの削減

差し迫る物理的ハザードおよび慢性的な物理的ハザードは、エネルギー公益事業のインフラストラクチャーのコストと可用性に変動をもたらし、運用効率に影響を与え、代替発電ソリューションの必要性を高めます。例えば、中国の四川省では干ばつで水力発電所が停止し、Intel社やApple社などの企業が1週間にわたり操業停止に陥りました。

従業員の健康と安全

気候変動は従業員の健康や幸福、安全に影響を及ぼし、企業の負債を増大させる可能性があります。例えば、気温の上昇や猛暑は屋外労働者に健康上のリスクをもたらし、医療費の増大や雇用主の潜在的な法的責任につながる可能性があります。

気候ハザードに適応し、気候リスクを軽減するには

気候変動の影響に適切に備えるために組織が実行できることは数多くあります。

 

気候変動による異常気象の影響と、重大度の変化による潜在的な影響をモデル化して予測します。豪雨、山火事、洪水、熱波や寒波、干ばつ、大気汚染などを含む一連の異常気象の危険を特定、予測、準備し、その影響を監視します。

将来のさまざまな気候および移行シナリオに基づいてリスクを理解し、それらが企業の短期および長期の戦略目標にどのように影響するかを理解する必要があります。

この情報を利用して正しい意思決定を行い、適切なタイミングでレジリエンスと適応力を構築することで、気候変動によりますます頻繁化する異常気象の影響による組織とその資源へのリスクを最小限に抑えます。

組織は、資産に対する気候リスクを軽減するための選択肢を理解し、これらを選択した場合の潜在的な投資収益率(ROI)を評価する必要があります。

地域および国際的な環境、社会、ガバナンス(ESG)に関するさまざまな報告開示や、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)などの規制に準拠し続けることが重要です。

こうした点を列挙するのは簡単に思えるかもしれませんが、それらを実行するにはかなりの課題が伴います。その理由は、これらのリスクを完全に把握するためには、気候変動や地球規模の気象ハザードモデル、地球観測衛星からの膨大な地理空間データなど、広範なデータセットを収集し、統合し、精査する必要があるためです。さらに、組織の資産、施設、インフラストラクチャー、サプライチェーンに関するデータも考慮する必要があります。

さらに、すべての業界や企業は、標準的なデータ・プロバイダーでは満足できない独自の複雑な影響要因や損失要因に基づき事業を運営しています。これに対処するには、最新の科学研究に基づいた新しいデータ・サイエンス機能を導入する必要があります。その結果、膨大なデータ量に直面しており、私たちは、簡素化、管理、統合、分析を必要としています。このようなデータの複雑さにより、データを迅速に活用して理解することが困難になり、データに基づく意思決定プロセスの有効性が妨げられています。

IBM Enviziは、ESGストラテジーを加速し、レポートを簡素化するのに役立ちます
事前対応計画のための予測分析

データに基づいた意思決定を行う能力を備えた組織は、業務に悪影響を与える可能性のある異常気象に、より効果的かつ未然に適応できます。AIと天気、気候、業界固有の地理空間データを組み合わせたツールは、ほぼリアルタイムのデータとインサイトを入手するのに特に役立ちます。気候リスクへの適応戦略と計画を策定する際には、組織に役立つソリューションを探してください。

  • 将来のさまざまな炭素移行シナリオに基づいて、気候変動の短期、中期、長期のリスクについてインサイトを得ることができます。モデルの背後にある方法論と、貴社と業界が気候変動に関連したリスクにさらされている箇所をより深く理解しましょう。

  • ユースケース固有のバリュー・アット・リスクの推定値と、即時、二次、三次の影響関数の損失メトリクスを取得します。気候関連のリスクが会社や業界の特有の業務をどのように危険にさらす可能性があるかについて、新しいデータ・サイエンス・モデルを構築できます。

  • ステークホルダーの関与を強化するように設計されたダッシュボードと分析機能を使用して、これらのリスクに注意を向けます。戦略目標に対するポートフォリオ・レベルの影響を理解し、資産レベルの分析を深く掘り下げます。高リスク資産を軽減する取り組みを優先して業務コストと保険コストを削減することで、事業の継続性を確保します。

  • リアルタイムの意思決定を改善してコストを削減し、効率を向上させ、サステナビリティーにおける目標に貢献します。プラットフォームやソフトウェア全体でデータを統合し、情報を実用的なものにします。

  • ESG報告に必要なすべての情報を提示する報告機能を提供することで、投資家や利害関係者の懸念を和らげることができます

今日の組織は、気候変動がもたらすリスクを理解するだけではなく、テクノロジーを活用して、自社の資産や事業運営に対する気候変動の具体的なリスクを予測し、状況を把握する必要があります。予測分析と地理空間モデリングを活用することで、堅牢な気候リスク適応計画を策定し、組織の混乱と業務の中断を最小限に抑えることができます。

IBM の支援について

IBMを導入して気象に関する洞察を得ることで、破壊的な環境条件を予測しリスクを積極的に管理、気候変動関連の運用体制を強化します。

IBM® Environmental Intelligence Suite

AI搭載SaaSソリューションは、気候変動イベントの影響を事前対応で管理するための、事実に基づいた実用的なインテリジェンスをタイムリーに提供します。

詳細はこちら
IBM Envizi ESG Suite

環境、社会、ガバナンス(ESG)データの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化します。

詳細はこちら
脚注

1ハリケーンによる米国の石油精製能力の一時的な停止、ロイター、2022年6月30日。