IBM Z Service Management Suiteの詳細情報

ポリシーに基づく自動化による性能の最適化

クラスター・レベルで実行できる柔軟なポリシー・ベースの自己修復機能によって、IBM Parallel Sysplexクラスター上のIBM Zシステムのハードウェアとアプリケーションの可用性を最大限に高めます。System Automationの目標駆動とポリシー・ベースの自動化を使用することで、アプリケーションの正常性とシステム性能を最適化します。 SMSzに組み込まれたSystem AutomationとNetViewには、IBM Geographically Dispersed Parallel Sysplexを使用する、アプリケーションに関する先進的な障害復旧機能への簡単なアップグレード・パスが含まれます。

強力な統合ツール・セットによる効率の最大化

リアルタイムと履歴の性能と可用性の管理を得られます。 本スイートに含まれるIBM OMEGAMON製品は、IBM z/OSオペレーティング・システム、ネットワーク、ストレージ・サブシステム、Java®ランタイム、IBM Db2®、IBM CICS®、IBM IMS™、IBM MQ for z/OS、IBM WebSphere® Application Server for z/OSを1つのパッケージでサポートします。強力な統合ツール・セットにより、z/OS環境の管理の効率と効果を最適化します。

包括的なツールと機能の製品群

ネットワーキングと自動化に関連する主要な機能と拡張機能、拡張された企業向けの統合、顧客の素早い価値実現と使いやすさのほか、その他の製品と連携する管理機能を提供します。 SNAとTCP/IPの両方を含む異機種ネットワークのサポートと、IBM Zシステム上に存在するネットワークとシステムの要件の変更に対するサポートを得られます。

単一インターフェースからの操作

Service Management Uniteによって、複数のParallel SysplexとLinuxで実行されているアプリケーションを管理して制御します。 最新のカスタマイズ可能なダッシュボードを活用して、アプリケーションを監視して運用し、単一の制御ポイントを得られます。 システム・ログやNetView Canzlogと直接的に対話して、メッセージをフィルタリングし、コマンドを実行することができます。 ユーザーは、モバイル端末で実行できます。

準拠のリスクを最小化

z/OSプラットフォームで実行されているIBMとサード・パーティーのソフトウェアを自動的に検出して識別します。 高速のスキャンと社内アプリケーションのタグ付けにより、多くのオーバーヘッドを発生させることなく、システム上のすべてのものの完全な管理情報を確保できます。 ソフトウェアの使用量と関連する増加を監視し、将来の容量のニーズに対して事前に計画を立てることができます。

ビジネスの可能性を切り拓くファイナンシング

IBMのソフトウェア、サービス、システム、ソリューション向けの柔軟な支払いオプションと競争力のある利率で、購買力を最大限に高めます。