IBM TS2270テープ・ドライブ

概要

IBM® TS2270 Tape Driveは、ストレージ要件の増大とバックアップ時間の短縮に対応するよう設計されており、バックアップ、保存とリストア、低コストのアーカイブのデータ・ストレージを必要とする企業に最適なストレージ・ソリューションです。 最新世代の先進のLTOテクノロジーを取り込んだTS2270 Tape Driveは、前世代製品よりも大きな容量と高いデータ転送速度を実現します。 LTO Ultrium 7テクノロジーは、メディア・パーティショニング、IBM Spectrum Archiveテクノロジー、データとWrite Once Read Manyメディアの暗号化をサポートします。

メリット

全体的なストレージ・コストを削減

TS2270 Tape Driveは、長期的なバックアップとアーカイブのストレージのデータ保護を実現しながら、全体的なストレージ・コストを削減します。

エネルギー効率を向上

前世代のLTO Ultriumのハーフハイト製品よりも大幅にデータ転送性能が向上したTS2270は、6 GbpsのSAS接続により、最大300 Mbpsの転送速度を実現します。

データ管理の簡素化

IBM Linear Tape File System™テクノロジーと、メディア・パーティショニングとデータ暗号化をサポートする設計のUltrium 7テクノロジーを使用するIBM® Spectrum Archive™によってデータ管理を簡素化します。

IBM TS2270の主な機能

第7世代のLTO Ultriumテクノロジー

TS2270 Tape Driveは、最新世代の先進のLTOテクノロジーを取り込んでおり、前世代製品よりも大きなストレージ容量と高いデータ転送速度を実現するため、長期的なテープ・インフラストラクチャーへの投資を保護できます。

メディア・パーティショニングとIBM Spectrum Archive

メディア・パーティショニングをサポートする設計のTS2270 Tape Driveでは、LTO Ultrium 7メディアに2つのパーティションを作成できます。 パーティショニングにより、IBM Spectrum Archiveを使用でき、テープ上のデータの小さなセクションを参照する能力を改善することができます。 また、異なるプラットフォーム間でのデータの交換にも役立ちます。

大容量

最大15 TBの物理ストレージ容量により、最も厳しいバックアップとアーカイブの要件に対応します。 大容量化により、バックアップ操作に必要なカートリッジの変更回数を減らすことができ、バックアップとアーカイブのメディアの物理ストレージ要件を軽減できます。 このハーフハイト・フォーム・ファクターは、フルハイト同様の大容量とデータ転送速度で低コストの実装を実現し、スペースが重要なラック環境に理想的です。

最大300 MB/秒のネイティブ・データ転送速度

6 GbpsのSAS接続による最大300 Mbpsの転送速度では、データ転送のパフォーマンスが大幅に向上し、バックアップ時間短縮の需要に対応し、データの読み取り/書き込みを高速化します。そのため、バックアップと復元の手順の長い待ち時間を短縮し、組織の稼働状態が維持されます。