新規口座の不正利用を透過的に検知

新規顧客またはゲスト・ユーザーの身元を確認する必要がある状況を考えてみましょう。事前の情報や顧客記録がなく、確認の材料とする情報が一般に公表されている場合、口座を開設したのが本物のユーザーなのかサイバー犯罪者なのかを判断するのが難しいことがあります。IBM Security Trusteer Pinpoint Assureは、不正目的のリスクの検知・予測を図り、新規デジタル口座の開設プロセスの早い段階で、信頼できるデジタル・リレーションシップを確立できるようにします。

高度なインテリジェンスとグローバルな洞察

IBM Trusteerは、そのグローバルなフットプリントを活用して、高度なインテリジェンスをIBMのグローバルな不正証拠データベースと相互に関連付け、本物のユーザーと詐欺師をより明確に区別できるようにします。

新規口座の不正パターンの予測

IBM Trusteerは、豊富な独自の洞察、モバイル・キャリア・インテリジェンス、高度な分析、機械学習を使用して、不正目的のデジタル口座開設のリスクの検知・予測を行います。

リスクの透過的な評価

IBM Trusteerは、新規口座開設のリスクをシームレスに評価し、顧客体験の向上を支援しながら、組織が新しいパーソナライズされたデジタル・サービスを提供できるようにします。

新規口座の不正検知機能

  • 包括的な不正証拠データベース
  • モバイル・キャリア・インテリジェンス
  • 不正パターンの分析
  • 組織横断的なパターン形成