IBM Storage Protect for Cloud Google Workspace
生産性を犠牲にすることなくGoogle Workspaceのクラウド・データを保護します。
無料評価版
IBM Storage Protect for CloudのハイブリッドUI図 - Google Workspaceダッシュボード

Google Workspaceが広く使われるだけではなく、俊敏でデータ主導型の強力なビジネス・ツールへと変貌を遂げる未来が予測されています。IBM® Storage Protect for Cloud Google Workspaceは、組織のGoogle Workspaceデータを保護するための、強力で拡張性と信頼性に優れたソリューションを提供します。

データ損失やダウンタイムが過去のものとなる世界を想像してみてください。IBM Storage Protect for Cloud Google Workspaceは、高度な自動バックアップと復元機能、堅固なデータの暗号化とセキュリティー対策、優れた監視とアラート、包括的なレポートと分析を、シームレスに統合します。重要なデータの保護と管理の方法を刷新する革新的なソリューションを体験してください。

堅固なセキュリティー機能と厳格なコンプライアンス順守で、これまでにない安心感を得られます。脅威や規制上の課題から、お客様のデータを保護します。データの可用性を維持することで、業務を中断することなく、ビジネスの継続性を確保します。万一危機的状況に直面しても、機密データに安全にアクセスできるので安心です。

災害が発生するのを待つ必要はありません。今すぐお客様の最も重要な資産をIBM Storage Protect for Cloud Google Workspaceで保護してください。今なら無料評価版(30日間)をお試しいただけます。データに関する制約事項はなく、クレジット・カードも不要です。

メリット データ回復力の強化

Google Workspaceの重要なデータを損失の脅威から防御し、ハードウェア障害やサイバー攻撃、自然災害から保護します。

簡単なデータ復旧で事業継続性を確保

Google Workspaceデータのほぼ瞬時の復元、複製、再利用、セルフサービスにより、データ損失が発生した場合でも事業継続性を維持できます。必要なときにいつでもデータを利用できるため、業務を中断することなく安心して業務を進めることができます。

柔軟で拡張性の高い料金体系によるTCOの削減

高額なハードウェア投資や長期契約をする必要がないため、総保有コスト(TCO)を削減できます。使用量とストレージの要件に基づく柔軟な料金体系オプションで、お客様の現在や将来のニーズに合わせてプランを調整できます。

スケーラブルなソリューション

組織の成長に合わせてシームレスにバックアップ機能を拡張できます。複数のGoogle Workspaceのドメインとユーザーのバックアップと復元を簡単に管理できます。

高い費用対効果

目的や状況に合わせたデータ保護によりデータ損失のコストを削減できるため、お客様の組織は成長に集中できます。効果的なデータ保護と迅速な復旧、そして生産性の低下を最小限に抑えることで、時間とコストを節約できます。

包括的なコンプライアンス

データ・ガバナンスの要件を簡単に満たせます。BYOK暗号化、ロールベースのアクセス制御、Google Cloudまたは任意のストレージ・システムでの安全なデータ・ストレージなど、強化されたセキュリティー対策を活用できます。

機能 自動バックアップ

スケジュールされた手間のかからないバックアップで、重要なデータを簡単に保護します。自動バックアップ機能でGoogle Workspaceのデータを常に保護し、ダウンタイムとデータ損失のリスクを最小化します。設定さえすれば後は自動的に処理されるため、他の重要な仕事に集中できます。

きめ細かな復元機能

きめ細かな復元オプションで、特定のファイルやフォルダー、あるいはアカウント全体を簡単に復元し、ダウンタイムを短縮してデータ損失を最小限に抑えます。必要なときに必要なものを正確に復元します。

マルチレイヤー・セキュリティー

組み込みの暗号化、ロールベースのアクセス制御、カスタマイズ可能な認証オプションにより、ランサムウェアやデータ侵害から防御し、先進のデータ保護を確保します。

シームレスな統合

Google Workspaceと連携して動作します。バックアップと復元の処理を単一のコンソールで包括的に監視できます。すべてのGoogle Workspaceドメインのデータの復旧をシームレスに追跡、管理します。

使いやすいインターフェース

簡単でシンプルな操作性を実現しました。直感的なコントロールと合理化されたデザインで、Google Workspaceのデータを操作、管理できます。

簡単な管理業務

複雑なデータ復旧処理の煩わしさを解消します。管理とレポート作成の一元化により、IT部門はより重要なタスクに時間を割くことができるようになります。

ユースケース 高度な監視とアラート・システムへのアクセス

IBM Storage Protect for Cloud Google Workspaceは、データの異常、不正アクセス、潜在的な脅威を継続的に走査するように設計されています。問題が検知されるとITチームに事前対応型のアラートが送信され、多くの場合、被害が発生する前にITチームが迅速に対応できるようになります。

協働、ファイル共有、バージョン管理の強化

きめ細かなバージョン管理と安全な共有オプションにより、ユーザーは以前のバージョンの資料にアクセスしたり、上書きされたファイルを復元したりできます。これにより、データの整合性を維持しながら連携が促進され、Google Workspaceでの協働をさらに効果的に進めることができます。

業界固有のデータ規制への容易な対応

状況に合わせて調整可能なデータ保持ポリシーで、コンプライアンス対応を実現します。企業は、バックアップと保管の手順を確実に制御することで、コンプライアンス基準を満たし、機密データを効果的に管理できます。

使ってみる
IBM Storage Protect for Cloud Google Workspace無料評価版

フォームに記入して、すべての機能を備えたIBM Storage Protect for Cloud Google Workspaceの無料評価版(30日間)を今すぐ体験してください。

30日間の無料評価版を試す
参考情報 IBM Storage Protect for Cloud Google Workspace

Google Workspaceのネイティブなデータ復旧オプションが限られているため、IBM Storage Protect for Cloudが強力な代替手段として浮上しています。IBM Storage Protect for Cloud Google Workspaceに組み込まれている主要な機能が、ランサムウェアやその他のサイバー攻撃からEメール、カレンダー、その他のGoogle Workspaceのデータを保護する方法について説明します。

IBM Storage Protect for Cloud Google Workspace

IBMのソリューションが、Gmail、Drive、Calendar、Contacts、Shared Drivesの包括的で安全な自動バックアップと復元により、組織のデータ・レジリエンス戦略をどのように強化できるかについての洞察をご覧ください。

関連製品 IBM FlashSystem Data Storage

IBMのデータ・レジリエンス製品の一部であるIBM FlashSystem Data Storageを使用して、データを安全に保管します。

IBM Storage Defender

クラウド・ベースのVMや幅広いアプリケーションなど、物理ファイル・サーバーと仮想環境向けの包括的なデータ・レジリエンスを実現します。単一のデータ・レジリエンス・ソリューションとして、IBM Storage Protect for Cloudで今後数カ月以内に利用できるようになります。

IBM Storage Protect for Cloud

IBM Storage Protect for Cloudの他のエディションを参照して、Salesforce、Azure Active Directory、Dynamics 365などでデータの回復力を高める方法をご確認ください。

詳細情報はこちら

IBM Storage Protect for Cloudを使用して、クラウドを活用したアプリケーション全体でデータの回復力を高める方法をご覧ください。