概要

IBM® Spectrum™ Copy Data Managementは、無用なコピーの作成や、使用されていないコピーを貴重なストレージに残しておくことなく、いつでも、どこでも、必要なときにデータ・コンシューマーがコピーを使用できるようにします。IBM Spectrum Copy Data Managementは、ストレージ環境のアプリケーション対応スナップショットおよび複製管理のオーケストレーションを実現する「インプレース」コピー・データ管理ソフトウェアです。ローカル・クラウド、ハイブリッドクラウド、オフサイトのクラウド・インフラストラクチャーからコピー・データをカタログ化して、重複を特定し、コピー要求を既存のコピーと比較します。データ・コンシューマーは、セルフサービス・ポータルを使用して、必要なコピーを作成でき、ビジネスの俊敏性を実現できます。一貫性を確保して複雑さを軽減するために、コピー・プロセスとワークフローは自動化されます。IBM Spectrum Copy Data Managementは、エージェントレスVMとして迅速に導入でき、価値実現までの時間を短縮します。

メリット

コピー管理の自動化

データのコピーに依存するIT運用を改善します。

次世代の保護と復旧

レイテンシーを最小化したデータ保護と、迅速できめ細かいデータ復旧を実現する、スナップショットと複製のモデルを使用できます。

テストと開発の自動化

自動的なスケジュール・ベースでもオンデマンドの簡単なプッシュボタン操作でも数分間でインフラストラクチャーの立ち上げが可能です。

ハイブリッドクラウドへの対応

稼働中のアプリケーション環境で、クラウドで提供されるコスト効率の良い柔軟なコンピューティング・インフラストラクチャーを活用可能です。

DevOpsのサポート

既存のストレージ・インフラストラクチャーを使用してDevOpsを行い、インフラストラクチャーの迅速な展開を求める開発部門のニーズに対応します。

IBM Spectrum Copy Data Managementの主要な機能

データ・リソースのモダナイズ

データ・シートを読む(PDF、179 KB)

DevOpsの自動化からクラウドでのデータの統合まで、業務改善のためのITイノベーションが常に登場しています。しかし、こうした機会の大半は、企業がそれらを実現するためにITリソースをモダナイズしなければ、手が届かないものです。モダナイゼーションは、新しいユースケースを受け入れるための鍵を握るだけでなく、データ保護、災害復旧、レポート作成、ビジネス・アナリティクス、アプリケーションのテストと開発、DevOpsといった確立されたプロセスの効率を高める上での基礎となります。

インフラストラクチャー・コストの削減

DR、分析、テスト、開発、DevOpsなどの多くのユースケースで1つのコピーを活用することにより、インフラストラクチャー・コストを削減します。

既存のインフラストラクチャーの活用

このソリューションにより、ITチームは、効率的で、自動化された、拡張性の高い、使いやすい方法で既存のインフラストラクチャーやデータを活用できます。IBM、NetApp、Pure Storageなどのエンタープライズ・ストレージ・アレイで、VMware、Microsoft SQL、Oracle、SAP HANA、Caché、File System対応のスナップショットをサポートします。

コピー管理の自動化

自動化ツールにより、既存のストレージ・インフラストラクチャー上のコピー・データのスナップショット、ボールト、クローン、レプリカを作成して使用します。

ITのモダナイズ

ハードウェアを追加することなく、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)に基づく自動化、ユーザー・セルフサービス、運用を提供します。

データ・リソースの制御

ボリューム、スナップショット、仮想マシン、データ・ストア、ファイルをカタログ化して追跡します。

DBMSプラットフォーム間でデータを共有

すべての一般的なデータベース管理システムのコピーをシンプルかつ簡単に作成して共有します。

セルフサービスの提供

内部顧客が必要なときに必要なリソースを要求するためのセルフサービス・アクセスが可能です。