IBM® Maximo® MRO Inventory Optimizationが選ばれる理由

50%

部品に関連する計画外のダウン時間の短縮

40%

在庫コストの削減

35%

保守予算の節約

IBM Maximo MRO Inventory Optimizationソフトウェアのエグゼクティブ・ダッシュボードで在庫量を表示しているスクリーン・ショット

在庫の把握をより明確かつ正確に

IBM Maximo MRO Inventory Optimizationは、正確で詳細なパフォーマンス状況を提供することにより、保守、修理、運用(MRO)の在庫を最適化できるようにします。

MRO IOのクローズド・ループ・ソリューションは、EAMアプリケーションとERPアプリケーションを統合して、日常的な手動タスクを自動化します。 機械学習アルゴリズムが、 ERPからの新しいトランザクションや移動レコードから知識を獲得し、データをリアルタイムで使用して現在の在庫戦略が引き続き適切であるかどうかを判断します。 このソリューションは、過去の資材使用量と将来の需要を考慮して、在庫の保持コストと新規注文とのバランスを取るのに役立ちます。

低いエントリー・ポイントで高い価値を実現
MRO IOは平均して、在庫保持率を20%削減します。 一部のお客様では手動プロセスの作業が1,700時間も短縮されました。 この節約により確保された運転資本で、企業のデジタル・トランスフォーメーションや業務変革に資金を投入できます。

Maximo MRO Inventory Optimizationのメリット

在庫をより明確に把握

在庫切れ、過剰在庫、滞留する潜在的な不動在庫を識別します。

洞察による適切な意思決定

過去のデータを検討して、重要度、リード・タイムなどに基づいて実用的な洞察を推進します。

初期段階からビジネス価値を創出

エンタープライズ・アセット・マネジメント・アプリケーションおよびERPアプリケーションと統合し、ビジネス上のメリットとコスト削減を推進します。

Maximo MRO Inventory Optimizationの詳細情報

水面の上にある橋を渡っている車の空中写真

サプライチェーン・サステナビリティーへのジャーニーを加速

在庫管理、フルフィルメントの最適化、製品の原産地表示により、持続可能で収益性の高い進路を実現する方法について説明します。

倉庫を出る在庫を示すイラスト

MRO Inventory Optimizationの紹介

予測分析と処方的分析を使用して、MRO在庫の最適化、コストの削減、計画外の資産ダウン時間の削減を実施する方法をご覧ください。

業界

エネルギー・電力・ガス

高いレベルの信頼性を確保しながら、エネルギー生成と伝送のための予備在庫および流通関連資産を調達/管理するコストを削減します。 必要なときに必要な部品を提供することにより、保守チームの生産性を向上させます。 予備在庫を最適化し、複数の地域および流通センターを統合します。

製造

変動する需要サイクルを管理し、信頼性を高め、生産スケジュールを確実にするために、より正確な予測と予算編成を使用して在庫を最適化します。 資産と品目に重要度を割り当てることで在庫に対する優れた意思決定が推進されるため、滞留する不動在庫ではなく重要な資材のために倉庫スペースを節約できます。

マイニング

重要な資材と予備在庫のオンサイトでの利用を確保することにより、計画外のダウン時間が削減され、24時間体制で採掘の操業を継続できます。 非効率をなくし、重要な予備在庫を地理的地域全体で共有し、不必要な部品の在庫を減らすことにより、MROの在庫関連コストを削減します。

石油・ガス

既存のデータからの処方的分析と洞察を活用して、MRO予備在庫を最適化します。 最長の稼働時間と最大の資産パフォーマンスを実現するために重要な予備在庫と資材の利用を確保しながら、過剰在庫を減らすことでコストを削減します。

おすすめ関連製品

オフショア風力タービン

IBM Maximo® Application Suite

お客様の組織全体で運用を統合し、資産を最適化し、事業継続性を維持します。

超高層ビルを通した都市の眺め

IBM Digital Twin Exchange

デジタルツインを検出して管理します。コンテンツ・プロバイダーであるお客様とデジタル・ツインの利用者であるお客様向けの製品です。

コンピューターで装置の設計図の作業をしているエンジニア

IBMサプライチェーン・コントロール・タワー

在庫を参照、管理し、より効果的に対処するためのインテリジェントな洞察を得ることで、実際の需要に応えます。

次のステップ