よりスマートな監視

Maximo Asset Monitorは、企業規模のAIによる遠隔監視を実現します。これこそ設備の保守・運用のリーダーが長年求めてきたもので、アラートの正確性を高め、不要なアラートを削減し、故障の原因に関する深い洞察を提供して、運用パフォーマンスを最適化します。

Asset Monitorの主要機能

  • 構成可能なダッシュボード、アラート、および分析
  • 企業全体を見渡す運用のビュー
  • 問題の当事者をサポートするワークフロー
  • 作業指示書の自動生成
  • 迅速なデータ統合
  • 階層データのフィルタリングおよび管理

→  ソリューションの概要を読む(PDF、606 KB)

プレゼンターとパイプの機械のモザイク

Maximo Asset Monitorのバーチャル・イベントをお見逃しの皆様へ

当日のイベントの様子をご覧いただくことができます。Joe Berti(IBM Watson IoTのオファリング管理担当VP)と、Rob Mora氏(IBMのお客様であるNovate Solutions社のビジネス開発担当VP)が、IBM Maximo Asset Monitorによる、AIを活用した企業規模の資産と運用の遠隔監視に関するNovate社の実績について解説いたします。 

市場をリードする資産管理スイートへの最新の投資と、よりスマートな監視におけるその意味について説明いたします。

Maximo Asset Monitorの主なメリット

企業規模でのデータ集約と可視性

複数のソースからのデータを統合して、運用状態に関する洞察を引き出します。

プロセスおよびサイト間での運用の拡大

単一のダッシュボードで、企業全体での運用を拡大および視覚化できる機能がもたらされます。

AIによる問題と異常の検知

高度な分析とAIを使用して、問題を素早く検知し、運用履歴からのデータを活用することができます。

解決チーム向けのドリルダウン分析

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)の既存のワークフローに組み込むことができる構成可能なドリルダウン機能で、迅速な問題解決を実現します。

拡張可能なIoT基盤

クラウド・ベースの迅速かつ低コストの導入で、価値実現までの時間を短縮します。段階的な接続と収集のソリューションにより、正常性スコアリングや予測アルゴリズムを使用して、長期にわたって価値を拡張できます。

Maximo Asset Monitorを使用した企業規模の監視は、開発者に公開されています。

Maximo Asset Monitorの製品イメージ

詳細を見る