6月8日、EMA社とIBMは、データ・セキュリティーに関する調査結果とGuardium Insightsバージョン3.0について話しました

Guardiumと競合製品との比較は こちらをご覧ください。

Guardiumと競合製品との比較は こちらをご覧ください。 最新のデータ・セキュリティーを比較する

よくあるご質問(FAQ)

この製品に関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください。

FAQ

ご利用にあたって

Guardium Insightsを使用するために必要な他のオファリングがありますか?

Insightsは、Guardium Data Protection(GDP)およびDatabase as a Service(DBaaS)環境をサポートします。 データベースのGDP(v11.x)、データウェアハウスのGDP、ビッグデータのGPDをサポートします。 DBaaSの場合、Insightsは、他の環境の中でもAmazon AWS Kinesis(PostgreSQL)をサポートします。 詳細については、IBMにお問い合わせください。

Guardium Insightsには前提条件がありますか?

Guardium Insightsを導入するには、まずRed Hat OpenShift Container Platformを導入する必要があります。

サポート

Database-as-a-Serviceの場合、データ・セキュリティーとコンプライアンスの要件を持つデータを直接Guardium Insightsにストリーミングできますか?

はい、お客様は、DBaaSソースからGuardium Insightsのハブに直接データをストリームできます。

Guardium InsightsがサポートするDBaaSソースを教えてください。

Guardium Insightsは、AWSやAzureなど、さまざまなプライベートクラウドおよびパブリッククラウドDBaaSに対応しています。 詳細については、IBM担当員、ビジネス・パートナー担当員にお問い合わせください。またはIBMに直接お問い合わせください。

Guardium Insightsを実行するために必要な推奨環境を教えてください。

特定の要件は、お客様の環境によって異なります。 詳細については、IBM担当員にお問い合わせください。またはIBMに直接お問い合わせください。

その他一般的なご質問

IBM Security Guardium Insights for IBM Cloud Pak for Securityと呼ばれるのはなぜですか?

Guardium Insightsは、単独で導入すると、IBM Cloud Pak for Securityにデータ・セキュリティー・エレメントを提供します。 実際には、完全な製品名は、IBM Security Guardium Inights for IBM Cloud Pak for Securityです。 詳細については、IBM担当員にお問い合わせください。またはIBMに直接お問い合わせください。