データ・コンプライアンス・ソフトウェアとソリューション
Guardium Insights でポリシー、監査、レポート共有を合理化して、コンプライアンス対応を自動化
ガイド付きデータ・コンプライアンスのワークフローをご覧ください 無料評価版
Guardium Insights製品のUIとセキュリティー要素の図
データ・コンプライアンスの自動化

従来の監査報告手法には限界があるため、コンプライアンスの維持が複雑になることがよくあります。その結果、自動化が中心的な役割を果たす、より合理化された効果的な代替手段への移行が重要となります。自動化テクノロジーの導入により、法規制の遵守手順が迅速化されるだけでなく、サイバーセキュリティー対策の信頼性も高まります。この極めて重要な変化は、コンプライアンスの有効性とチームの生産性を拡大する可能性を秘めており、監査報告の状況において注目すべき進歩を意味します。

IBM Security® Guardium® Insightsは、データ・コンプライアンスのプロセスを自動化および迅速化するために設計されたデータ・セキュリティー・コンプライアンス・ソリューションです。Guardium Insightsを導入することで、組織はサイバーセキュリティーとデータ・コンプライアンスの規制を遵守する自信を高めると同時に、チームの生産性を向上させることができます。ライブ・デモを通じて、Guardium Insightsが提供できるあらゆるメリットをご確認ください。

データ・レジデンシーのナビゲーション

企業コンプライアンスに必要なアクションを専門家から入手

スペシャルレポート

攻撃者の戦術を見抜き、ID保護に関する推奨事項をご確認いただくには、X-Force Threat Intelligence Index 2024をご覧ください。

Guardiumをお勧めする理由 お客様は、Guardium のフル・セット・フィーチャーで価値を迅速に実現できます 52%

ワークロードをパブリッククラウドに移行することで生じる複雑さにより、コンプライアンス義務を果たすことがより困難になっていると述べている組織の割合。1

505万

コンプライアンス違反が多い組織のデータ侵害の平均コスト(米ドル)。2

401万

コンプライアンス違反が少ない組織のデータ侵害の平均コスト(米ドル)。2

コンプライアンスのユースケース
コンプライアンスの加速

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)、一般データ保護規則(GDPR)、サーベンス・オクスリー法(SOX)、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)などのデータ・コンプライアンス規制では、機密データがライフサイクルを通じてどのようにアクセスされ、使用されているかを監視することが組織に義務付けられています。コンプライアンス違反は、罰金や企業の評判の失墜につながる可能性があります。Guardium Insightsを使用すると、事前に設定された高度なコンプライアンス機能とワークフローにアクセスできるため、どのようなプライバシー規制が関係する場合でも、企業はコンプライアンスのニーズに迅速に対応できます。

今日のクラウド時代におけるデータ・コンプライアンスの必要性の詳細はこちら

データ保護を強化する

Guardium Insightsは、データ・セキュリティーとコンプライアンス分野における従来のソリューションにつきものの課題に対処するために、長期にわたりデータ・セキュリティーと監査データの維持管理用一元的ハブとなります。他の市販製品と違い、Guardium Insightsにより、データ・セキュリティーの専門家は必要な限りデータを保存できるため、監査人向けに詳細なレポートを作成し、長期間データ・セキュリティー分析を適用して脆弱性の特定を可能にします。

 

Guardium Insightsのコンプライアンス機能
可用性 コンプライアンス・ワークスペース コンプライアンス・ワークスペースは、コンプライアンス・プログラム全体を一目で把握できるコマンド・センターです。プライバシー・コンプライアンスの態勢を監視および管理できるパネルがいくつかあります。レポートに簡単にジャンプしたり、コンプライアンス・プログラムを強化するグループを更新したり、予定されている監査プロセスの状況を追跡したりすることができます。そのすべてをこのワークスペースでチェックすることができます。

モニタリング カスタム・レポート・ダッシュボード レポート・ダッシュボードでは、データ・コンプライアンスのステータスを監視することができます。特定のユーザーの行動を追跡し、さまざまなパネルを使用して不審なアクティビティーを見つけ、さらに踏み込んで調査することができます。不審なアクティビティーはリスクが高いだけでなく、プライバシー規制を遵守しようとする場合、さらに問題となります。Guardium Insightsを使用すると、セキュリティー・チームはレポートを作成するだけで、どのような安全策を講じるべきかをリーダーに報告することができます。

監査とレポート コンプライアンス・レポート Guardium Insightsの簡素化された監査およびレポート機能により、企業は監査の準備時間の短縮というメリットを得ることができます。レポート・プロセスにより、コンプライアンス・チームがデータ・コンプライアンス要件に対処するために必要な手作業の労力と時間を削減できます。
事前に構築されたテンプレートにより、コンプライアンス遵守のための態勢をより強化することができます。 Maria Coulter フルスタック・エンジニア NexusTek 詳細はこちら
無料トライアル
Guardium Insights SaaSの3日間の無料サンドボックス環境

リスクフリー、コミットメントなしの 3 日間の無料サンドボックス環境で Guardium Insights を探索してください。データ保護とコンプライアンスの機能を実際のシナリオでテストします。ユーザー インターフェイスとカスタマイズ オプションについてよく理解してください。今すぐ試して、組織の未来を守りましょう。

IBM Security Guardium Insights SaaS Standardサンドボックス

IBM Security Guardium Insights SaaS Premiumサンドボックス

Guardium Insights SaaSの30日間の無料評価版

IBM Security Guardium Insights SaaS を使用して、現代のデジタル時代における必要なデータ保護を実現します。30 日間の無料トライアルを利用して、独自のデータを利用し、お好みに合わせて環境をカスタマイズして有効性を試してください。今すぐサインアップして、監視されているデータに自信を持ってください。

IBM Security Guardium Insights SaaS Standardトライアル

IBM Security Guardium Insights SaaS Premiumトライアル

関連するユースケース Data Security Posture Management(DSPM)

シャドー・データとそのアプリケーション間での移動を特定したいとお考えですか。Guardium InsightsのData Security Posture Management(DSPM)機能についてお読みください。

データ・セキュリティーと保護

ハイブリッド環境全体で重要なデータがどのようにアクセスされ、使用されているかを一元的に可視化したいとお考えですか。Guardium Insight SaaSが今日のマルチクラウドの世界でどのようにデータを保護し、ITの柔軟性を高めることができるのかをご覧ください。

詳細情報はこちら

IBM Security Guardium Insightsがもたらすデータ・コンプライアンスのメリットについて詳しく調べ、利用可能なオプションをご検討ください。IBM Security Guardium Insightsを無料でお試しいただくか、Guardiumの専門家への相談を予約して質問に回答してもらうことができます。

無料評価版 エディションを調べる

Guardium Insightsオプションの詳細を調べて、ニーズに適したものをお選びください。

IBM Security Guardium Insightsのエディション
料金体系はこちら

料金体系とデプロイメント・オプションを検討して、どのアプリケーションがビジネスのニーズに適しているかをご確認ください。

IBM Security Guardium Insights - 料金体系
無料のライブ・デモを予約する

Guardium Insightsの機能の動作を、Guardiumの専門家が案内するライブ・デモでご確認ください。

Guardium Insightsのライブ・デモを予約する