IBM Envizi:メーター分析
メーター・データを自動的に取得して分析し、施設全体でのエネルギー効率に関する取り組みに必要な情報を提供し、加速させます。
クリックして分かるEnvizi デモを試す オンライン・デモ & 相談会を予約
IBM Enviziメーター分析を表すグラフィック画像
施設全体のエネルギー効率をドライブ

IBM® Envizi™: Interval Meter Analyticsは、光熱費メーター・プロバイダーやサブメーター・システムからのメーター・データを統合し、光熱費の需要と消費量データの詳細な監視を簡素化し、標準化します。

強力なデータ分析、ベンチマーク、ワークフローツールを使用して、他の施設属性を含むインターバルメーターデータの状況に応じたビューを提供して、次のことを行います。

  • 天候正規化されたユーティリティ強度の計算
  • 非効率な設備をピンポイントで特定
  • コストとエネルギー節約の可能性が最も高い施設を強調します。

また、仮想負荷を表現できるように間隔データを結合または分割する 仮想メーターや、間隔データの自動キャプチャなどの機能を使用すると、管理に費やす時間を減らし、アクションにより多くの時間を費やすことができます。

 

EUのCSRDに関する詳細な専門ガイド

企業がEUのCSRD(企業サステナビリティー報告指令)に準拠するための最新ガイドを、対象分野のエキスパートがまとめました。

Enviziを体験する 無料評価版

IBM Envizi Essentialsを無料でお試しください。

モジュールの機能
光熱費のパフォーマンス管理 ポートフォリオ全体のビューから個々のグループ、場所やメーターまで掘り下げ、消費量、需要、排出量、相対的なエネルギーと水の原単位など、さまざまな光熱費のパフォーマンス指標のレポートを作成します。

データ・モデリング 回帰分析を実行して、天候および KPI メトリクスのエネルギー パフォーマンスを正規化することで、ベースライン期間に対する節約量を経時的に測定および追跡できます。

視覚化とレポート作成 統合されたダッシュボードで計量データを表示し、レポートを抽出することで、さまざまな粒度レベルで複数の観点から光熱費の需要と消費量を分析できます。

メーターに基づくアラート 曜日と天候で補正されたデータ・モデルを使用して、需要や消費量が期待値と異なる場合に、アラートと問題点を自動生成します。調査と修復のために問題をトリアージし、優先順位を付けて割り当てます。
メリット データの取り込みを自動化

公共料金メータープロバイダーやサブメーターシステムから、大量かつ高頻度の間隔メーターデータを自動的に収集します。

節約の機会を特定

天候に基づいて正規化されたエネルギーと水の強度を施設全体で比較し、対象となる異常値を特定して優先順位を付けます。

エネルギーの無駄を最小化

エネルギー使用量に関するメーターベースの異常を追跡し、警戒条件に違反すると適切な担当者に自動的に通知します。

ESGレポートの作成をもっとシンプルに

「日本語データをインポートできる?」 など、個別のご相談を承ります。お気軽にお申し込みください。

オンライン・デモ & 相談会を予約
その他の参考情報 ESGデータを運用上の意思決定に活用 ESGに関する参考情報 IBMサステナビリティー・コミュニティー