IBM Application Discovery and Delivery Intelligenceの詳細

ビジネス・ルール・ディスカバリー

ビジネス・ルールは一般的に、既存の運用システム・アプリケーションに隠れていますが、ビジネス・ルール、コード・スニペット、APIを素早く見つけ、それらを活用してビジネス・プロセスをサポートすることができるようになります。

アプリケーション・ロジック、変更による影響の深い視覚分析

ポッドキャストを聴く(11:05)

正確なコード分析を使用して、アプリケーション間の関係性を理解し、ランタイム・メトリックと静的コードを関連付けることで、変更の影響を判別します。データ・フローと使用場所の分析、プログラム制御フローの分析、ソースコードの複雑度の分析、影響分析、オンライン・アプリケーションとバッチ・アプリケーションのインベントリー、膨大なデータベースの範囲、バッチ制御フローの視覚化など、幅広い分析と視覚ツールを適用します。

テストの洞察

重複したテスト・ケースを素早く特定して、まだテストされていないコード、実行回数が最も多いコード、最も少ないコード、性能が最も低いコードの分野を明らかにします。サイクルの早期の段階で性能の問題を検出して、実行時データとテスト範囲を相互に関連付けます。

根本原因分析

グラフで特定のトランザクションの応答時間が遅いピークを見つけ、それらをIBM Db2®やファイル入出力待機時間と視覚的に比較します。性能が低いトランザクション処理のトランザクション構成マップを使用して、同じデータ・ソースを呼び出し、最近変更されたプログラムの成果物を特定します。

コグニティブ・ユーザー・ガイダンス

重要トランザクションの応答時間を悪化させる原因となっているデータ・ポイントを視覚化します。以前に検出されなかった性能の低いトランザクションと問題のある成果物を特定します。ランク付けされた結果を確認して、問題のあるトランザクションにおけるリスクの高いプログラム成果物を評価します。成果物の依存関係を視覚化し、問題のある成果物を特定することで、成果物の変更をより迅速に計画して実行できるようになります。

リスクの予測と最小化

隠れていた運用データにアクセスすることにより、開発ライフサイクル全体の性能とリソースの問題を検出します。 使用頻度に基づいてビジネスに不可欠なアプリケーションのビューにアクセスし、回帰テストの焦点を調整して、実働の中断のリスクを予測して最小限に抑えます。

プロジェクトの正常性に対する可視性

ビジネスに不可欠なプログラムを特定して、コード・カバレッジ、性能、複雑性、保守容易性を検査します。 プロジェクト全体の正常性を把握して、技術的な負債と複雑さを軽減するための業務を開始します。 プロジェクトのメトリックと傾向(行数や不要コードなど)を理解します。

デジタル変革のためのAPI候補の特定

API候補を素早く特定し、z/OS Connect Enterprise Editionを使用してRESTful APIとして公開します。アプリケーションの変更によりAPIが影響を受けるかどうかを判別することで、サービスを保護します。

お客様導入事例

アフリカの銀行

アフリカの銀行は、複雑さを軽減して、効率化を図り、数百万ドルを節約しました。

米国の保険会社

米国の保険会社は、自由な変革のためのツールを開発者に提供し、リスクを軽減しました。

ビジネスの可能性を切り拓くファイナンシング

IBMのソフトウェア、サービス、システム、ソリューション向けの柔軟な支払いオプションと競争力のある利率で、購買力を最大限に高めます。