Airline Control System V2
リアルタイム、大量、高可用性のトランザクション処理
 ブルーグラデーション背景
IBM Airlines Control System V2 がビジネスに貢献できること

IBM® Airlines Control System V2® (ALCS) は、アプリケーションプログラムと z/OS® オペレーティングシステム間のソフトウェアインターフェイスです。

ALSCは、z/OS上でジョブまたは起動タスクとして実行され、航空会社、銀行、ホテル、その他トランザクションレートが高く、高速なレスポンスタイムと高いシステム可用性を必要とする業界にリアルタイムトランザクション処理機能を提供する。 一般的なアプリケーションとしては、航空会社や鉄道の旅客や貨物の予約、ホテル予約システム、クレジット カードの認証などがあります。

メリット
信頼の高性能

ALCS は、高いパフォーマンスと容量、高レベルのシステム可用性、および高いトランザクション レートを提供します。

広範な接続性

ALCS は、他のトランザクション処理プラットフォームに接続するだけでなく、ビジネスアプリケーションのリレーショナルデータベースにもアクセスします。

z/OS 環境のパワー

ALCS は、z/OS データ処理機能を含む既存の TPF アプリケーションに z/OS 環境を使用します。

よりポータブルなアプリケーション

ALCS を使用すると、ALCS とトランザクション処理機能 (TPF) の間で高度なアプリケーションの移植性が得られます。

IBM Airlines Control System V2 の機能
集中型データベースとプログラムシステム

IBM® Airline Control System V2® (ALCS)は、データベースとプログラムシステムを一元化しており、分散型システムと比較して、次のような多くの利点があります:データの変更やプログラムの更新への即時アクセス、セキュリティのための中央制御、ビジネス管理とITプランニングの両方の目的のために、最新の財務、ビジネス、データ処理情報を抽出する能力。

拡張されたアプリケーションアクセス

ALCSアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)を使用すると、z/TPF(バージョン1.1)、TPF(バージョン4.1またはそれ以前のリリース)、およびALCSの以前のすべてのバージョンで使用するために記述されたアプリケーションを、ソースコードをほとんど変更せずに使用できます。ALCS を使用すると、TPF ファミリ製品用に開発されたあらゆるアプリケーションにアクセスできます。個々のアプリケーションや完全なアプリケーション システムを売買できるアクティブなマーケットプレイスに参加できます。

幅広いコミュニケーション

ALCS は、論理ユニット (LU) 6.2 通信を提供します。WebSphere® MQ for z/OS® と完全な互換性があります。これにより、ALCS アプリケーションは、他の ALCS アプリケーション、または同じまたは類似のシステム上の他のアプリケーション、あるいは IBM WebSphere MQ 製品を使用してメッセージ キューイングをサポートする他のプラットフォーム上の他のアプリケーションとメッセージを交換できるようになります。ALCS は、TCP/IP を使用して、同じオペレーティングシステム領域内の他のアプリケーション、またはリモートアプリケーションやデバイスと通信できます。

オペレーションを簡素化する

ALCS は、ALCS とそのアプリケーション (REXX を含む) の自動操作のために Tivoli® NetView とインターフェースします。これには、使いやすさを向上させ、メンテナンスを簡素化するための Interactive System Productivity Facility (ISPF) パネルが含まれています。システムテークオーバー機能により、ホット ALCS スタンバイシステムが可能になり、計画的および計画外のスイッチオーバーに必要な時間が短縮されます。また、リアルタイム データベースのオンライン拡張、縮小、最適化のためのリアルタイムデータベース再編成機能も備えています。

サポートの強化

ALCSは高水準言語をサポートしています。 これは、MVS Data Facility 製品によってサポートされ、C、C++、PL/I、および COBOL 言語で記述される MVS ファイル媒体用の IBM Language Environment® とインターフェースします。ALCS はリレーショナル データベースのサポートも提供します。IBM Db2® for z/OS® とインターフェイスし、動的 SQL を含む構造化照会言語 (SQL) を完全にサポートします。これにより、アプリケーション プログラムはリレーショナルデータベース内のデータへの読み取りおよび書き込みアクセスが可能になります。

メモリの制約を取り除く

64 bit アドレス指定により、ALCS は 2 GB を超える仮想メモリと実メモリを使用できるようになり、メモリの制約がなくなりました。その電子メール機能は、外部メール サーバーまたはメール転送エージェント (MTA) を使用して、TCP/IP ネットワーク経由で電子メール メッセージを送受信します。ALCS Web サーバー機能を使用すると、Web ページとアプリケーション機能を TCP/IP ネットワーク経由で Web ブラウザ クライアントに配信できます。ALCS には、場所に固有のヘルプ ファイルを作成するための、強化された状況依存オンライン ヘルプ機能も含まれています。

参考情報
IBM IPARS V2.4.1 のフィックスリスト

IBM Airlines Control System V2.4.1 で提供される IPARS サンプル・アプリケーションの APAR の表。

資料はこちら
興味はありませんか IBM z/OS Communications Server

メインフレームのワークロードを開発および共有するための安全なプラットフォームを提供します。

IBM Z Netview

IBM Z®システムネットワーク上で最高レベルの可用性を維持します。

IBM Explorer for z/OS

z/OS DevOps ツールのユーザーエクスペリエンスを簡素化し、強化します。

IBM WebSphere Application Server

IBM WebSphere® Application Server は、高い信頼性、安全性、柔軟性を備えた Java Enterprise Edition (Java EE) ベースのランタイム環境により、アプリケーションのデリバリーを加速します。

その他の参考情報
サポート

サポート検索を使用して解決策を確認でき、サポート依頼を送信することもできます。

詳細はこちら
リソース・ライブラリー

この製品に関する詳細な情報をご覧ください。

詳細はこちら
フィックスリスト

この製品の最新の修正プログラムを最新の状態に保ちます。

詳細はこちら