概要

IBM® z/OS Management Facility(z/OSMF)フレームワークは、シンプルかつ簡素化および自動化されたタスクを使用することで、プログラマーの生産性を高めます。 この使いやすい機能により、プログラマーの研修時間と習得期間が短縮されます。

最新の機能拡張には以下のものがあります。

  • デスクトップの新機能
  • RESTインターフェースでのswaggerのサポート
  • z/OSMFワークフロー
IBM z/OS Management Facility

シンプルで新しくなったz/OS管理

シスプレックス管理、インシデント管理、ソフトウェア管理、コンソール操作など、ブラウザー・ベースのz/OSシステム管理向けソリューションが簡素化および刷新されました

z/OSがREST API経由でさらに身近に

プラットフォームと言語に依存しないREST APIが、データ・セット、UNIXファイル、ジョブ、オペレーター・コマンドなどのz/OSリソースを管理する独自のプログラムの作成に役立ちます。

簡素化されたz/OSタスク

z/OSMFワークフロー・フレームワークの導入で、JCL、REXX、UNIXの各シェル・スクリプトとREST API向け統合サポートを備えた段階別ワークフローを通じて、z/OS作業の簡素化と自動化が実現しました。

<!--z/OS Management Facilityの機能-->

  • ブラウザーから利用でき、クライアント・アプリケーションの管理が不要
  • HTTPSとSAFベースで安全性を高める
  • システム全体の制御を一元化
  • ワークフローでプログラマーの作業を合理化
  • 多くのビューを備えたシスプレックス管理
  • z/OSオペレーター・コンソールでシステムとの対話が可能に
  • ソフトウェア管理がプロセスを簡素化
  • インシデント・ログで診断を簡素化
  • ワークロード管理ツールでリソースの割り当てをサポート
  • 柔軟性の高いパフォーマンス・リソースの監視
  • 容量プロビジョニングでドメインを管理
  • RESTデータ・セット、ファイル・サービス、ジョブ、コンソール・サービス

今すぐ試す

購入・お問い合わせ