概要

IBM Guardium for Teradata Encryptionは、企業でのTeradataデータベースおよびビッグデータ環境のデータを誤用やセキュリティー・リスクから保護します。このソリューションによって、組織はより迅速かつ効率的に、保存中のデータのセキュリティーをTeradata環境に適用できるようになります。Guardium for Teradata EncryptionにはTeradata環境の保護に必要な、包括的できめ細かい制御機能が装備され、また、鍵とポリシーの集中管理も可能です。IBM Guardium for Teradata Encryptionは非常に拡張性が高く、しかもパフォーマンスに与える影響は最小限です。
IBM Guardium for Teradata Encryption

Teradataデータを誤用から保護

Teradataデータベースとビッグデータ環境の保護に必要な、包括的できめ細かい制御を提供します。

開発の複雑さを軽減

暗号および鍵管理の操作を実行できる、標準に基づいたAPIとユーザー定義関数(UDF)を提供し、複雑さを軽減します。

鍵とポリシーの集中管理

データ暗号化のセキュリティーは、データの暗号化/復号化に使用される鍵のセキュリティーで決まります。鍵とポリシーの集中管理によって、データを管理し、鍵を保護するプロセスが簡素化します。

主要な機能

  • Teradata環境の保護
  • きめ細かいデータの保護
  • 高性能な処理
  • 簡単な導入