概要

IBM Guardium for Application Encryptionによって、アプリケーション開発者は新規および既存のアプリケーションに取り込まれるデータを誤用から保護できます。この製品はデータベース、ビッグデータ・プラットフォーム、PaaS、およびその他の種類のアプリケーションで、フィールド・レベルの暗号化をサポートします。Guardium for Application Encryptionには、ユーザーがアプリケーションを暗号化エージェントと直接統合するため使用できるSDKが付属するほか、暗号および暗号鍵の管理に一般的に使用される、標準に基づくAPIライブラリーも用意されています。
IBM Guardium for Application Encryption

アプリケーション・データを誤用から保護

新規および既存アプリケーションのアプリケーション・データを、フィールド・レベルで暗号化します。

共通のソフトウェア・ライブラリーと統合

開発者はJava、.NET、Cのいずれかのライブラリーを使用して、アプリケーションと暗号化エージェントを円滑に通信させることができます。

強力な制御の実現

悪意のあるDBA、クラウド管理者、ハッカー、そして召喚状を持つ機関による貴重なデータへの無許可アクセスを阻止するための制御が可能になります。

主要な機能

  • アプリケーションの暗号化
  • 鍵とポリシーの集中管理
  • 柔軟な実装オプション
  • 拡張性の高いBatch Data Transformation Utility