概要

IBM Guardium for File and Database Encryptionは、暗号化機能によってオンプレミスのファイルおよびデータベースのデータを誤用から守ります。Guardium for File and Database Encryptionは、ファイルやデータベースの暗号化に加えて、職務の分離もサポートするため、管理者であっても機密データには自由にアクセスできません。ファイルやデータベースの暗号化は、組織がPCIやGDPRを始めとする政府や業界のコンプライアンスに関する規制を順守するために役立ちます。このオファリングは、異機種混合環境においてパフォーマンスへの影響を最小限に抑えるとともに、高い拡張性を発揮しながら、暗号化と復号化の操作を実行します。
IBM Guardium for File and Database Encryption

透過的で迅速な実装

ファイルやデータベース、あるいは基盤となるハードウェア・インフラストラクチャーへの変更は不要です。

鍵とポリシーの集中管理

統一された鍵管理システムを提供し、暗号鍵の管理の簡素化を支援します。

コンプライアンスに対応した機能

きめ細かい監査とレポート作成を提供し、Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)やGeneral Data Protection Regulation(GDPR)などの規制への適合を支援します。

主要な機能

  • 透過的に暗号化/復号化を実行
  • 鍵とポリシーの安全な集中管理
  • 規制準拠のためのきめ細かいサポートを提供
  • ライブのデータ変換をサポート