概要

IBM Application Security on Cloudは、現在広範囲に蔓延している数多くのセキュリティーのぜい弱性を検出することによって、組織のWebとモバイルのアプリケーションを保護します。IBM Application Security on Cloudは、アプリケーションが実働環境に移されて展開される前に、アプリケーションからぜい弱性を除去します。便利な詳細レポートにより、アプリケーションのセキュリティー・リスクに効果的に対応できるため、アプリケーション・ユーザーはさらに安全な状態を活用できます。IBM Open Source Analyzerは、オープン・ソースのセキュリティー・テストの自動化やスキャンの構成によって、オープン・ソース・コンポーネントの保護と管理を支援します。

ぜい弱性の特定

開発ライフサイクルの適切な段階で、モバイル・アプリケーションをスキャンします。

ビジネスに基づく優先順位付け

マルウェアやその他のセキュリティー脅威に対するセキュリティー・リスクを特定して、組織に最も大きな影響を与える可能性が高い問題に集中できるようにします。

組み込みの勧告

エグゼクティブ・サマリーを提供し、重大な問題を切り分け、修復のための勧告を提示する詳細なレポートを提供します。

主要な機能

  • DevOps戦略にセキュリティー・テストを採用
  • コグニティブ機能を使用してセキュリティーを強化
  • アプリケーション・ポートフォリオにおけるリスクの管理と削減
  • オープン・ソースのリスクに対応

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • ISO 27001

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • Standard Plan


    予測可能な費用で、購入したスキャン機能を実行して詳細な脆弱性レポートを利用できます。

  • Professional Plan


    予測可能な費用で、購入したアプリケーションの並列スキャンと詳細な脆弱性レポートを利用できます。

購入・お問い合わせ