ハイブリッドクラウドで必要とされるOSの柔軟性

IBM® Z®メインフレームはz/OS®Linux®z/VM®z/VSE®およびz/TPFで実行され、多くの場合、複数のオペレーティング・システムが単一のメインフレームで実行されます。 各OS固有の特性により、メインフレーム・プラットフォームのセキュリティー、レジリエンシー、俊敏性がハイブリッドクラウドにもたらされます。 

クラウドのための構築

開発者の力を解き放ち、ハイブリッド・マルチクラウド向けの新しいサービスを迅速に立ち上げます。

データの保護

エンタープライズおよびハイブリッド・マルチクラウド環境全体でデータを保護し、暗号化します。

レジリエンシーを維持

容量のニーズにかかわらず、ワークロード要求に対応できる可用性と柔軟性を得られます。

メインフレームのオペレーティング・システム

セキュリティーと柔軟性をもたらすz/OS

メインフレーム・アプリケーションやLinux コンテナを実行できる、可用性、使用率、俊敏性、セキュリティーに優れたOSです。

オープンソースの俊敏性を備えたLinux

Enterprise Linuxは、オンプレミスでもハイブリッドクラウドにおいても、お客様のLinuxとコンテナのワークロードにセキュリティー、効率性、パフォーマンスを提供します。

管理を容易にするz/VSE

トランザクション・ワークロードとバッチ・ワークロードに対するセキュリティーと信頼性を実現します。 コネクターを使用することで、z/VSEをハイブリッドIT環境に統合し、Linux on Z環境での共同作業を行うことができます。

トランザクション処理のためのz/TPF

メインフレームの高品質なサービス用に設計されたOSを使用して、クレジット・カードや航空会社の予約などの大量のトランザクションをほぼリアルタイムで処理します。

OSソリューション

大規模な仮想化のためのz/VM ハイパーバイザー

お使いのアプリケーションのための信頼性、パフォーマンス、システム管理、セキュリティーを実現しながら、1つのシステムで数千のLinux on Z(およびz/OS、z/VSE、z/TPF)の仮想マシンを実行できます。

オープンソース・ハイパーバイザーのためのKVM

IBM ZおよびIBM LinuxONEの両プラットフォームのための、この戦略的なオープンソース・コンポーネントは、ご注文をシンプルにするためにLinuxディストリビューション・パートナーを通じて提供されます。

IBM Zのインフラストラクチャー・サービス

IBMの技術コンサルタントが、高い可用性を備えたz/OS、z/VM、KVM、およびLinuxの各インフラストラクチャー・ソリューションを使用した、スマートなエンタープライズの基盤の設計、構築、および実装をご支援します。

次のステップ