概要

IBM®メインフレームは、z/OS®、z/VM®、z/VSE®、Linux on IBM Z、z/TPFなどのオペレーティング・システムで稼働します。 実際には、複数のオペレーティング・システムが単一のメインフレーム上で稼働するのが一般的です。各オペレーティング・システムは、お客様のメインフレームへの投資を最大限に活用できるように設計された固有の特性を備えた洗練された製品です。

メインフレーム・オペレーティング・システムの検討

z/OS

IBM z/OSは、安定したセキュアで可用性の高い環境を実現するために設計された、広く使用されているメインフレーム・オペレーティング・システムです。 z/OSはセキュリティーを提供して、機密情報と資産を保護します。回復力、スケーラビリティー、スピードを備えたz/OSは、ビジネス・アプリケーションの可用性と応答時間の目標値の突破を可能にします。

Linux on Z

オープン・ソースのLinuxディストリビューションはIBM Z上で稼働して、メインフレームの高いデータ・セキュリティー、運用効率、可用性、およびパフォーマンスを活用します。 Linux on Zは、クラウドおよびアナリティクス向けのエンタープライズ・プラットフォームです。単一のメインフレームを仮想化と結合すると、最大数千の仮想Linuxサーバーを並行して稼働させることができます。

z/VM

IBM z/VMは、重要なワークロード向けの優れたハイパーバイザーです。 1台のメインフレーム上のZ仮想マシン上で最大数千のLinux on z/OSを実行し、z/OS、z/VSE、z/TPFなどの他のオペレーティング・システムをホストすることができます。 z/VMの信頼性、パフォーマンス、システム管理、スケーラビリティー、セキュリティーにより、Linuxアプリケーションに強力な基盤が提供されます。

z/VSE

IBM z/VSEは、信頼性の高いセキュアなオンライン・トランザクションとバッチ・ワークロードに対応した、管理が容易で、広く使用されているIBM Zオペレーティング・システムです。 ハイブリッドIT環境でz/VSEコネクターを使用して他のコンポーネントと統合したり、Z環境に共同設置されたLinuxの新しいワークロードを利用して拡張することができます。

z/TPF

z/Transaction Processing Facility(z/TPF)は、クレジット・カード処理や航空券の予約などの大容量トランザクション処理に特化したオペレーティング・システムです。 IBM Zメインフレームの高品質サービスを使用して、ほぼリアルタイムでトランザクションを処理します。

関連オファリングの詳細

KVMディストリビューション

KVMは、お客様によるKVMの発注、配信、インストールを簡素化するために、Linuxディストリビューション・パートナー様によって提供されます。

ソフトウェアの価格設定

IBM Zでは、従来のキャパシティー・ベースのメトリックに代わる画期的な代替方法として「Container Pricing for IBM Z」が発表されました。

IBMがいかにデジタル変革に役立つかについてご覧ください

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Z