IBM Z Webセミナー 2021 春


z/OS移行の勘所 ~「z/OS次期リリース」に向けた展望 ~

z/OS V2R4登場から2年が経過する今年は、z/OS V2R3からの共存移行先として注目される「z/OS次期リリース」の発表を控えています。本セッションでは、z/OS移行に関する最新の技術情報、「z/OS次期リリース」に向けた考慮点など、成功裡の移行に欠かせない勘所をわかりやすくご紹介いたします。


IBM Z モダナイゼーション・セミナー 2020 / 秋


z/OS移行の勘所 ~ V2R3、V2R4に関する最新情報 ~

2020年春のセミナーから半年が経過し、国内のお客様でも、最新リリースであるz/OS V2R4への移行が開始されています。
本セッションでは、z/OS移行に役立つ最新情報として、新機能のほか、製品機能の変更点、事例からの教訓を踏まえ、成功裡のアップグレードに欠かせない勘所をわかりやすくご紹介します。


お客様のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支える IBM Z 最新ソリューション

IBM Z は、お客様のデータとアプリケケーション資産を、過去から現在、そして将来へ継承し、時代のニーズに合わせた新しい価値を生み出し続けています。本セッションでは、システムのハイブリッド・クラウド化をサポートし、DXを実現するために、IBM Z に求められる要件と最新テクノロジーを活用したソリューションをご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システム事業本部 Zソフトウェア・テクニカルセールス 部長 小島 正行


z/OS移行の勘所 ~ 最新化に向けて考慮すべきポイント ~

共存移行パスを利用したz/OS V2R1からV2R3への本番サービス・イン実績が国内で増え続けている中、2019年9月には、z/OS最新リリースであるV2R4の出荷を開始しました。本セッションでは、z/OS移行に役立つ最新情報として、製品機能の変更点およびプロジェクト事例から得られた教訓を踏まえ、成功裡なアップグレードに欠かせない勘所をわかりやすくご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システム事業本部 IBM Z 事業統括 木村 茂樹


「やっぱり気になるCOBOLとPL/Iの将来 ~ 基幹アプリケーションの将来を考える」

なにかと将来性が話題にのぼるホスト・アプリケーション。皆様の基幹アプリケーションではいかがでしょうか?本セッションでは、COBOLやPL/Iといった開発言語に対するIBMの考え方、さらにはコンパイラー製品の動向、基幹アプリケーションの将来について解説します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システム事業本部 システムズ・ラボサービス 室谷 和良 


Webアプリケーションの現新比較テスト自動化ソリューションご紹介

テスト工程で作業負荷の高い「テストシナリオの作成」および「入力データの作成」を自動化するソリューションをご紹介します。テスト自動実行機能で現新画面の比較を自動的に行うことで、テスト全体の省力化を図ります。システム環境変更による影響およびアプリケーション修正に伴う2つのテスト・ユースケースを元に適用方法をご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM Services クラウド・アプリケーション・サービス部 部長 谷松 清孝


IBM Z 最新化に役立つ移行情報セミナー 2019


最新のIBM Zがもたらす価値 - ビジネス成長を支援するプラットフォーム -

IBM Zは、お客様のデータとアプリケケーション資産を、過去から現在へ、そして将来へ、橋渡して、時代のニーズに合わせた新しい価値を生み出し続けています。 本セッションでは、IBM Zの最新テクノロジーを活用したソリューションとZで実現することによる価値と優位性について、ITエコノミクス(IT経済性評価)チームがご支援した事例やケーススタディ結果を交えてご紹介します。


z/OS移行の勘所 - V2R3移行上の考慮点と新リリースへの展望 -

2017年9月に出荷開始されたz/OS V2R3は、国内の多くのお客様でご採用いただいるz/OS V2R1からの共存移行先として注目され、本番サービス・インの実績も増えつつあります。また、2年サイクルの開発意向表明に従い、2019年は次期z/OSリリースの発表タイミングを控えています。

本セッションでは、これまでの移行プロジェクトで経験された貴重な教訓を踏まえ、z/OS V2R3移行時の考慮点に関する最新情報を中心に、次期z/OSリリースへの展望も含め、成功裡の移行に欠かせない勘所をわかりやすくご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 zソフトウェア事業部 z システム・HWテクニカルセールス 木村 茂樹


ミドルウェア製品の継続的デリバリー対応

新機能の提供とサポートライフサイクルに関する新しい方式である継続的デリバリー(Continuous Delivery)モデルが2016年に発表されて以来、IBM Z のソフトウェア製品の多くがこのモデルに対応しつつあります。それでも、その運用方法は製品によって少しずつ異なっているのが実状です。本セッションでは、継続的デリバリーの概要と、主なミドルウェア製品における適用状況の最新動向をコンパクトに ご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 zソフトウェア事業部 z システム・SWテクニカルセールス 松尾 真紀


CICSおよびMQ for z/OS 移行と最新情報

CICSは、2018年12月に最新版であるCICS V5.5が出荷開始となりました。MQ for z/OSは、2018年8月に最新版LTSであるV9.1が出荷開始となりました。CICSもMQも、最新技術を新機能として取り込みながら、発展を続けています。本セッションでは、これら最新リリースへの移行情報と、新機能について ご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 zソフトウェア事業部 z システム・SWテクニカルセールス 秋元 則子


開発言語最新情報 - COBOL, PL/I, Automatic Binary Optimizer -

本セッションでは、IBM z14を活用するEnterprise COBOL for z/OS V6.2およびEnterprise PL/I for z/OS V5.2に関する最新情報や移行のTipsをご紹介いたします。併せて、既存のCOBOLアプリケーションをリコンパイルすることなく、IBM Zの機能をフル活用したパフォーマンス改善を実現するAutomatic Binary Optimizer for z/OSについてご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 ソリューション事業部 システムズ・ラボサービズ 室谷 和良


IBM Z 最新化に役立つ移行情報セミナー 2018


IBM Z で実現するクラウド&コグニティブ・アーキテクチャー

ビジネスで直⾯する課題

1. 新規サービスを迅速に提供できていない

2. データの分析精度が低く、ビジネスに⼗分活⽤できていない

3. 基幹アプリケーションの改修に⼿間がかかる

日本アイ・ビー・エム株式会社 IBMソフトウェア事業部 z システムズ ソフトウェア事業部 z システムズ・クライアントアーキテクト 林 修一


z/OS 最新情報 - z/OS V2R3 移行の勘所 -

1. z/OS V2R3の発表

2. プチ情報(z/OS V2R3稼働時の目新しいメッセージ出力)

3. z/OS V2R3移行に向けた「注意すべき変更点」本資料の内容

4. z/OS V2R3 SDSF関連の機能変更点(抜粋版)

5. 機能廃止に関する開発意向表明(2017年7月発表)

日本アイ・ビー・エム株式会社 IBMソフトウェア事業部 z システムズ ソフトウェア事業部 z システムズ・HWテクニカルセールス 木村 茂樹


IBM Z アプリケーション開発・保守におけるDevOps の始め方

開発・保守の現場は相反する2つの課題解決を求められている

既存事業の安定稼働 VS デジタルトランスフォーメーションという名の変⾰実現

  • リスクを嫌い、⻑年使っているビジネス上重要なアプリは極⼒変更を避ける

  • 卓越したシニアな開発者に依存しているため、開発者の若返りが必要。新規採⽤の開発者が効率的に保守/開発できるようになるには時間がかかる

  • たゆまぬ変⾰、APIマネジメントやビジネスに直結する迅速なIT活⽤を実現していかないと、デジタルを武器とした新興企業に事業存続を脅かされる

  • ⼈⼿による作業に基づいてアプリを変更する場合はエラーが混⼊し易く、品質を担保するために多⼤なコストと時間がかかる


開発言語最新情報 - COBOL, PL/I, Automatic Binary Optimizer -

  • Enterprise PL/I V5.2製品概要
  • コンパイラーオプション
  • パフォーマンスの改善
  • ステートメントの変更
  • 新規組み込み関数
  • コンパイラーメッセージの追加

日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM システムズ・ハードウェア事業本部 ソリューション事業部 システムズ・ラボサービス 沖野 英紀、竹村 直


IMS 15 最新情報

  • IMSの開発⽅針
  • IMS 15 新機能ハイライト
  • IMS 15 移⾏の考慮点

日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 zソフトウェア事業 z システムズ・SWテクニカルセールス 松尾 真紀