セミナー概要

デジタル・ビジネスの進展によってデータ量が急増し、企業が所有するデータの価値や重要性が再認識されるようになりました。一方、企業におけるクラウド・サービスの利用や、自社IT基盤へのクラウド技術の採用が進むことで、複数のクラウド環境におけるデータ管理が今後の課題になることが懸念されています。

こうした状況を踏まえ、ITがよりビジネスに貢献するためには、自社のビジネス戦略を支えるシンプルかつ機敏なデータ基盤への変革が必要となっています。当イベントでは、将来に向けたデータ基盤のアプローチや、AI を活用した新たなストレージ管理手法、最新のオールフラッシュや Software Defined Storage をご紹介します。また、蓄えたデータをビジネスに活用するための「自社専用の最速AI」を構築するための方法もご紹介します。


日程

2019年1月17日(木曜日)


会場

日本アイ・ビー・エム株式会社 大阪事業所


主催

日本アイ・ビー・エム株式会社


協賛

アクティフィオジャパン株式会社


プログラムとセミナー資料


14:30-15:10

AIにスピードとカンタンさを!「PowerAI」

日本アイ・ビー・エム株式会社

Systems Hardware

Power Systemsテクニカルセールス

Group Leader - IT Specialist 中田 淳  


15:10-15:50

AIと融合したスマートなデータ管理の実現

日本アイ・ビー・エム株式会社

Systems Hardware

ストレージソリューションセールス

Senior Certified IT Specialist 岡田 央太


15:50-16:00

休憩


16:00 -17:00 

データの利活用で企業の生産性向上・IT環境の効率化を実現

〜 ユースケースから見るアクティフィオ導入効果のご紹介 〜

アクティフィオジャパン株式会社

ソリューションアーキテクト

今井 達也

ベル・データ株式会社 西日本営業本部

松本 健