スペシャル動画「ブラックホール撮影と量子コンピュータの研究者が対談!ブレークスルーの源は?」

人類初のブラックホール撮影と、量子コンピュータの実用化という2つの最先端研究。異分野ではありながら、成功へのアプローチには共通点もあるという。それぞれに参加する本間教授と福田の対談から、ブレークスルーの原動力を探る。

ライブWebセミナー

*Webセミナーのタイトル等は、都合により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

10月24日(木曜日) 12:15-12:45

いま注目のボイスボットをWatson Assistantで実現するには

音声インターフェースはいま、顧客満足度の向上や生産性の改善が期待できるとして、注目を集めています。AI活用の先進企業の多くはチャットボットの高度化を計り、次のステップとしてボイスボットの導入を始めています。本セミナーでは、ボイスボットの仕組みやユースケースについてご紹介します。

10月24日(木曜日) 16:00-16:30

データ分析でビジネス成果をー 簡単に使える機械学習/予測分析ツールSPSS 

データ分析からビジネス成果を生むには、分析結果を業務に組み込みアクションにつなげる仕組みが必要です。当セッションでは、誰もが使いこなせる機械学習/予測分析ツールとして定評のあるIBM SPSS Modeler、および分析モデルの自動化、共有、展開をサポートするSPSS CADS (Collaboration and Deployment Services)をご紹介します。

デモをご覧いただきながら、データ分析からビジネス成果を生むためのポイントとその具体的なテクニックをご説明します。

10月29日(火曜日) 16:00-16:30

膨大な選択肢や複雑な制約から最適解を導くーデータ分析で意思決定

複雑なビジネスルールや膨大な組み合わせから、理想的なリソース配分やスケジュールを発見したい。こうしたニーズはビジネスにおいて日々発生しています。IBM Decision Optimizationは、こうしたニーズにお応えし最適化モデルを迅速に開発するための、数理計画法および制約プログラミング技術を活用したソリューションです。

当セミナーでは、どのように業務が効率化するのか説明するとともに、制約モデル開発が簡単にできるデモも交えご紹介します。

おすすめコンテンツ

Watsonがオンプレミスでも他社クラウドでも利用可能に!- マルチクラウド展開がAIの業務活用をどう変えるか

Watsonはマイクロサービス化によって、オンプレミスでも、あるいは プライベート、パブリック、ハイブリッドのいずれのクラウドでも実行可能になりました。

これにより、自社環境から動かしたくないConfidentialデータや、さまざまなクラウドに分散しているデータを使うことも、あるいは他社クラウド上で稼働するアプリケーションにWatsonを組み込んで利用することも可能です。Watsonを業務プロセスに組み込んでお使いいただける機会が大きく広がりました。

デジタル変革を加速するハイブリッド/マルチクラウド

いよいよデジタルと基幹系がクラウド上で融合する、デジタル変革第二章が始まります。デジタル変革を加速する、オープンでクラウドネイティブな開発をどのように実現するか、そしてクラウド化に伴い複雑化するマルチクラウド環境をどのように効率的に運用管理すべきかについて、取るべきステップやアーキテクチャを交えてご紹介します。

ハイブリッド/マルチクラウド時代に おけるセキュリティー実装のポイント

スタート当初からセキュリティーへの不安、懸念を抱えながら、また、セキュリティー事故・事件が断続的に発生しているにも関わらず、導入、展開が止まることのないクラウド。

今回、アンケートを通じて得られた各企業のクラウド・セキュリティーの実態を、経験、考察や推察を交えながらご説明すると共に、ハイブリッド/マルチ・クラウドにおけるセキュリティー対策の考え方、ポイント等をお話いたします。

Think Summitとは

毎年開催しているIBMのグローバル・イベントです。今回の日本版イベントは4日間の日程で、IBMの最先端のテクノロジー、さまざまな業界においてデジタル変革にチャレンジされているお客様、パートナー様の事例をご紹介し、IBMのお客様、パートナー様、プレスの皆さまや関係の皆さまに多数ご来場いただきました。 お客様と共に学び、考え、自由な発想を生みだせる新しい環境、思考を刺激する空間を求めて、天王洲エリアの寺田倉庫を主会場といたしました。新たな変革にチャレンジする新しいIBMを感じていただけたのであれば、幸いです。 今後も、お客様とともに、仲間とともに、そして社会とともに、よりよい社会を作るべく、全力を尽くして参ります。

ご登録方法

こちらのボタンを押すと、登録画面に遷移します。
メールアドレスがログインIDになりますので、その他必要事項とともにをご記入の上「送信」してください。
ご登録いただいたメールアドレス宛に登録完了メールが届きますのでご確認ください。

Let's change the way we work.

Let's change business. Let's change the world.