概要

データに隠れた洞察を明らかにする

IBM Watson® Discoveryは、自然言語処理(NLP)と機械学習を活用する機能により、非構造化データに隠れている実用的な洞察を明らかにする、コグニティブなクラウド・ベースの探索アプリケーションを迅速に構築できるようにします。

主要な機能

Smart Document Understandingがテキストに機械学習を使用する方法を示すコンピューター画面

文書構造の理解

Smart Document Understanding(SDU)は、ユーザーによるテキストへのラベル付けを可能にする視覚的機械学習ツールです。このラベルによってツールは、ヘッダーや表など、企業文書内の重要な構成要素について理解できます。 ユーザーが文書のいくつかのページに注釈を付けると、残りの部分はSDUが自ら学習し、関連コンテンツからのみ回答と情報を取得するようになります。

コンテンツ・マイニングが自然言語処理を使用してテキストを理解する方法を示すコンピューター画面

テキスト・マイニングで洞察を明らかに

コンテンツ・マイニングでは、自然言語処理を使用してテキスト内のコンテキストと関係を理解します。 その結果、複数の文書にわたって検索して、パターン、傾向、異常、さらにはコンテンツ内の要素の変化をほぼリアルタイムで明らかにできます。

検索バーと提示された回答

文節を回答として提供

従来のエンタープライズ・サーチ・エンジンは、キーワード検索を実行して文書へのリンクをエンド・ユーザーに提供します。 しかしWatson Discoveryでは、セマンティック検索を使用して、関連する情報を含む特定の文節とそのソース文書を取得できます。 このプラットフォームの設計によって確実に、必要なすべての情報に簡単にアクセスできます。

次のステップ

Watson Discoveryの実際の動作をご確認ください。