クラウド・ストレージ

menu icon

クラウド・ストレージ

クラウド・ストレージの仕組み、メリット、利用可能なさまざまなタイプのクラウド・ストレージなど、クラウド・ストレージの重要な側面について紹介します。

クラウド・ストレージとは

クラウド・ストレージを使用すると、公衆インターネットまたは専用のプライベート・ネットワーク接続を介してアクセスする、オフサイトのロケーションにデータやファイルを保存できます。 保管のためにオフサイトで転送するデータに関する責任は、サード・パーティーのクラウド・プロバイダーが負うことになります。 こうしたプロバイダーは、サーバーと関連インフラストラクチャーのホスティング、保護、管理、保守を行い、お客様が必要なときにいつでもデータにアクセスできるようにします。

クラウド・ストレージは、オンプレミスのハード・ディスクまたはストレージ・ネットワーク上にファイルを保管することに代わる、コスト効率の高いスケーラブルな代替手段です。 コンピューターのハード・ディスクは、有限のデータ量しか保管できません。 ユーザーは、ストレージを使い果たすと、ファイルを外部ストレージ・デバイスに転送する必要があります。 組織はこれまで、データとファイルをアーカイブするために、ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)を構築し保守してきました。 ただし、保管データが増大すると、企業は需要拡大に対応するためにサーバーとインフラストラクチャーの追加に投資する必要があるので、 SANの維持にはコストがかかります。

クラウド・ストレージ・サービスは伸縮性を提供します。つまり、必要に応じ、データ量に合わせて容量を増減させることが簡単にできます。 データをクラウドに保管すると、組織は、社内のストレージ・ネットワークを構築、維持するための資本コストに投資をせずに、サービスとしてのストレージ・テクノロジーと容量に対して支払うことでコストを抑制できます。 支払いは実際に使用する容量に対してのみ発生します。 お客様のコストは、データ量の増加に伴い徐々に上昇することがありますが、データ量の増加を見越してストレージ・ネットワークを過剰に準備する必要はありません。

仕組みを知る

クラウド・ストレージは、オンプレミスのストレージ・ネットワークと同様に、サーバーを使用してデータを保管しますが、データはオフサイトのロケーションにあるサーバーに送信されます。 お客様が使用するサーバーのほとんどは、物理サーバー上でホストされる仮想マシンです。 ストレージのニーズが高まると、プロバイダーは新しい仮想サーバーを作成して需要に対応します。

仮想マシンの詳細については、『Virtual Machines: A Complete Guide(仮想マシン:完全ガイド)』をご覧ください。

通常、ストレージ・クラウドへの接続は、インターネットまたは専用のプライベート接続を介して、Webポータル、 Webサイト、またはモバイル・アプリケーションを使用して行われます。 接続先のサーバーは、クラウド・プロバイダーの運用規模に応じて、1つ以上のデータセンターにあるサーバーのプールにデータを転送します。

プロバイダーは通常、サービスの一貫として、冗長化のために複数のマシンに同じデータを保管します。 このようにして、サーバーが保守のために停止した場合やサーバー障害が発生した場合でも、引き続きデータにアクセスできるようになります。

クラウド・ストレージはプライベート、パブリック、ハイブリッドの各クラウドで利用可能です。

  • パブリック・ストレージ・クラウド: このモデルでは、ストレージ・クラウドにインターネット経由で接続します。クラウド・プロバイダーによって保守され、他の企業も使用するクラウドです。 通常、プロバイダーは、スマートフォンやデスクトップなど、ほぼすべてのデバイスからアクセス可能なサービスを提供し、必要に応じた拡張と縮小を可能にします。
  • プライベートクラウド・ストレージ: プライベートクラウド・ストレージのセットアップでは通常、クラウド・モデルが複製されますが、このセットアップはお客様のネットワーク内部に置かれます。物理サーバーを活用することで仮想サーバーのインスタンスを作成し、容量を増加させます。 お客様は、オンプレミスのプライベートクラウドを自身で完全に管理することも、クラウド・ストレージ・プロバイダーに依頼して、プライベート接続でアクセス可能な専用のプライベートクラウドを構築することもできます。 プライベートクラウド・ストレージを選択する可能性のある組織には、銀行や小売企業などがあります。これは、これらの組織で処理および保管されるデータのプライベートな性質によるものです。
  • ハイブリッドクラウド・ストレージ: このモデルは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの要素を組み合わせて、どのデータをどのクラウドに保管するかを組織が選択できるようにします。 例えば、高度に規制されたデータは、アーカイブと複製に関する厳密な要件が適用されるため、通常はプライベートクラウド環境の方が適しています。一方で、機密性の低いデータ(企業秘密を含まないEメールなど)はパブリッククラウドに保管できます。 一部の組織はハイブリッドクラウドを使用して、社内ストレージ・ネットワークをパブリッククラウド・ストレージで補完しています。

長所と短所

他のクラウド・ベースのテクノロジーと同様に、クラウド・ストレージにも明白なメリットがいくつかあります。 ただし企業では、セキュリティーと運用管理に関する懸念もいくつか生じます。

長所

クラウド・ストレージの長所は次のとおりです。

  • オフサイト管理: クラウド・プロバイダーが、保管データの保守と保護に関する責任を負います。 お客様のスタッフは、調達、設置、管理、保守などのストレージ関連タスクから解放されて、 他の優先事項に集中できるようになります。
  • 高速導入: クラウド・サービスを利用すると、ストレージ機能のセットアップや追加のプロセスが加速されます。 クラウド・ストレージでは、どの程度の容量を使用するかに応じて数時間または数日以内に、サービスをプロビジョニングして利用を開始できます。
  • 優れた費用対効果: 上述のように、支払いは使用する容量に対して発生します。 このため、組織では、クラウド・ストレージのコストを、資本支出とそれに関連する先行投資と税金ではなく、継続的な事業費として扱うことができます。
  • 拡張性: 成長に関する制約は、オンプレミス・ストレージにおける最も深刻な制限の1つです。 クラウド・ストレージでは、必要な分だけ拡張することができます。 容量は実質的に無制限です。
  • 事業継続性: オフサイトでのデータ保管は、自然災害やテロ攻撃によってお客様の施設へのアクセスが分断された場合に、事業継続性をサポートします。

短所

クラウド・ストレージの短所は次のとおりです。

  • セキュリティー: セキュリティー上の懸念はクラウド・ベースのサービスに共通する課題です。 クラウド・ストレージ・プロバイダーは、最新のテクノロジーと手法を駆使してインフラストラクチャーを保護しようとしますが、セキュリティー侵害が時折発生し、ユーザーに不安を与えます。
  • 運用管理: 自在にデータの表示、アクセス、移動ができることは、クラウド・リソースに関するもう1つの共通した課題です。 保守と管理をサード・パーティーに委任することにはメリットがありますが、お客様でのデータに対する管理権限を限定することにもなります。
  • レイテンシー: トラフィックの輻輳(特に共有された公衆インターネット接続を使用する場合)の結果として、クラウドとの間でのデータ伝送の遅延が生じる場合があります。 ただし、企業は接続帯域幅を増加させることで、レイテンシーを最小化できます。
  • 法規則の遵守: 医療や金融などの特定の業界では、データのプライバシーとアーカイブの厳格な規則を遵守する必要があります。このため企業では、医療記録や運用記録など、特定タイプのファイルに関してクラウド・ストレージを使用できない可能性があります。 可能であれば、お客様のビジネスに影響を及ぼすあらゆる業界規制の遵守をサポートするクラウド・ストレージ・プロバイダーを選択します。

クラウド・ストレージには、 ブロックファイルオブジェクト、という3つの主要なタイプがあります。 それぞれに一連の優位性があります。

ブロック・ストレージ

これまでSANで採用されてきたブロック・ストレージは、クラウド・ストレージ環境でも一般的です。 このストレージ・モデルでは、データは「ブロック」と呼ばれる大規模ボリュームに編成されます。 各ブロックは別個のハード・ディスクを表します。 クラウド・ストレージ・プロバイダーはブロックを使用して、大量のデータを複数のストレージ・ノードに分割します。 ブロック・ストレージ・リソースは、入出力レイテンシー(システムとクライアントとの間の接続を完了するのにかかる時間)が短いことから、ネットワークを介してより優れたパフォーマンスを実現するため、大規模なデータベースやアプリケーションに特に適しています。

クラウドで使用されるブロック・ストレージは、組織のデータベースとアプリケーションの成長をサポートするように容易に拡張できます。 ブロック・ストレージは、Webサイトで大量の訪問者データを収集して保管する必要がある場合に役立ちます。

Block Storage: A Complete Guide(ブロック・ストレージ:完全ガイド)』では、ブロック・ストレージに関する豊富な情報を得られます。

ファイル・ストレージ

ファイル・ストレージ方式は、多くのユーザーにとって馴染みのある、ファイルとフォルダーの階層構造にデータを保存します。 こうしたデータは、その所在がストレージ・システム、またはデータ起源のクライアントのもとにあるかにどうかに関係なく、そのフォーマットを保持します。また、階層により、必要な際のファイルの検索と取り出しが、より容易で直感的なものとなります。 ファイル・ストレージは開発プラットフォーム、ホーム・ディレクトリー、および動画、音声などのファイル用のリポジトリーに一般的に使用されます。

『ブロック・ストレージと ファイル・ストレージ』の動画で、Amy Bleaがこれら2つのクラウド・ストレージ・オプションの比較と対比をしています。

ブロック・ストレージと ファイル・ストレージ(04:03)

オブジェクト・ストレージ

オブジェクト・ストレージはファイル・ストレージとブロック・ストレージとは異なり、データをオブジェクトとして管理します。 各オブジェクトにはファイル内のデータ、その関連メタデータ、識別子が含まれます。 オブジェクトは、到着したフォーマットでデータを保管し、さらにデータのアクセスと分析を容易にする方法でメタデータをカスタマイズできるようにします。 オブジェクトはファイルやフォルダーの階層で編成されるのではなく、実質的に無制限の拡張性を実現するリポジトリーに保持されます。 ファイリング階層がなく、メタデータもカスタマイズ可能であるため、オブジェクト・ストレージを使用することで、コスト効率に優れた方法でストレージ・リソースを最適化できます。

オブジェクト・ストレージのメリットに関する詳細については、「IBM Cloud Object Storage: ビジネスのためのクラウド・ストレージ」をご覧ください。

IBM Cloud Object Storage: ビジネスのためのクラウド・ストレージ(04:10)

ビジネス向けクラウド・ストレージ

個人事業主から大企業にいたるまで、ほぼすべての種類のビジネス向けに、多種多様なクラウド・ストレージ・サービスが用意されています。

中小企業を経営するお客様で、ストレージを自身で管理するためのリソースやスキルを持っていない場合は特に、クラウド・ストレージが合理的であることがあります。 クラウド・ストレージは、ストレージ・コストが予測可能となるため予算計画にも役立ち、ビジネスの成長に応じて拡張することができます。

大企業(製造会社、金融サービス、あるいは数多くの店舗を展開する小売チェーンなど)で業務に従事している場合は、数百ギガバイトのデータを定期的にストレージに転送する必要があるかもしれません。 この場合、お客様のデータ量を処理できる、実績のあるクラウド・ストレージ・プロバイダーと協業する必要があります。 場合によっては、プロバイダーと特別契約について交渉し、最大の価値を得られるかもしれません。

セキュリティー

クラウド・ストレージのセキュリティーは、特にお客様の組織がクレジット・カード情報や医療記録などの機密性の高いデータを取り扱っている場合、深刻な懸案事項となります。 利用可能な最先端の手段を使用してお客様のデータがサイバー脅威から確実に保護されるという保証が望まれます。 また、エンドポイント保護、コンテンツとEメールのフィルタリング、脅威分析、並びに定期的な更新とパッチから成るベスト・プラクティスが含まれた、階層化されたセキュリティー・ソリューションも必要とされます。 さらに、適切に定義されたアクセスと認証のポリシーが必要となります。

大半のクラウド・ストレージ・プロバイダーは、アクセス制御、ユーザー認証、データ暗号化などの基本的なセキュリティー対策を提供しています。 問題のデータに機密のビジネス・ファイル、人事記録、知的財産が含まれる場合、こうした対策を確実に実施することがとりわけ重要となります。 規制遵守の対象となるデータには、追加の保護が必要となる場合があるため、選択したプロバイダーが該当するすべての規制に準拠していることを確認する必要があります。

データは移動するたびに、セキュリティー・リスクにさらされます。 お客様は、ストレージ・クラウドに転送されるデータを保護する責任を共有しています。 企業は、流れているデータを暗号化し、(公衆インターネットの代わりに)専用のプライベート接続を使用してクラウド・ストレージ・プロバイダーと接続することで、リスクを最小化できます。

バックアップ

データ・バックアップは、セキュリティーと同じくらい重要です。 企業は、データがサイバー攻撃、自然災害、人的エラーによって失われた場合でも、ファイルやアプリケーションのコピーにアクセスしてビジネスの中断を防止できるように、データをバックアップする必要があります。

クラウド・ベースのデータのバックアップとリカバリー・サービスは、クラウド・ベースのソリューションの黎明期から人気を博してきました。 クラウド・ストレージ自体と同様に、公衆インターネットやプライベート接続を介してこのサービスにアクセスします。 クラウドのバックアップとリカバリーのサービスは、重要なビジネス・データの定期的な複製に伴うタスクから組織を解放します。このタスクは、自然災害、サイバー攻撃、または意図しないユーザー・エラーに起因するデータ損失が発生した後に重要なビジネス・データが必要となった場合にすぐにデータを利用可能にするために行われます。

クラウド・バックアップは、費用対効果、拡張性、容易なアクセスといった、ストレージと同じ優位性をビジネスにもたらします。 クラウド・バックアップの最も魅力的な機能の1つが自動化です。 ユーザーに所有データの継続的なバックアップを依頼すると、さまざまな結果となります。バックアップを常に先延ばしにするユーザーもいれば、バックアップ実行を忘れてしまうユーザーもいます。 これにより、データ損失が避けられない状況が生じます。 自動バックアップを使用すると、毎日、毎時間、あるいは新規データがネットワークに追加された都度など、データをバックアップする頻度を決定できます。

クラウドでデータをオフプレミスでバックアップすることには、 距離というさらなる優位性もあります。 ある建物が自然災害やテロ攻撃などの災難に見舞われると、オンプレミスのバックアップ・システムを失い、失われたデータの復旧が不可能になる可能性があります。 オフプレミスのバックアップは、そのようなイベントに対する保険を提供します。

サーバー

クラウド・ストレージ・サーバーは、仮想サーバー、すなわち物理サーバーをエミュレートするソフトウェア定義型のサーバーです。 物理サーバーは複数の仮想サーバーをホストできるため、クラウド・ベースのストレージ・ソリューションを複数の顧客に提供することが容易になります。 仮想サーバーを使用すると効率が向上します。これは、物理サーバーは一般的に容量以下で作動しており、処理能力の一部が無駄になっているからです。

このアプローチにより、クラウド・ストレージ・プロバイダーは従量課金のクラウド・ストレージを提供し、お客様が消費するストレージ容量に対してのみ課金することができます。 クラウド・ストレージ・サーバーが容量の上限に間もなく達する場合、クラウド・プロバイダーは別のサーバーをスピンアップして容量を追加するか、お客様が追加の仮想マシンを自身でスピンアップできるようにします。

Virtualization: A Complete Guide(仮想化:完全ガイド)」では、仮想化と仮想サーバーに関する完全な概説をご覧いただけます。

オープンソース

仮想クラウド・サーバーを独自に構築するための専門知識がある場合、利用可能なオプションの1つがオープンソースのクラウド・ストレージです。 オープンソースとは、サービスで使用されるソフトウェアを、ユーザーや開発者が研究、検査、変更、配布のために利用できることを意味します。

オープンソースのクラウド・ストレージは一般的に、独自のストレージ・サーバーを構築するためのオプションを提供するLinuxなどのオープンソース・プラットフォームと関連性があります。 このアプローチのメリットには、管理タスク、セキュリティーの制御、

さらに費用対効果の高さが挙げられます。 クラウド・ベースのストレージ・プロバイダーは実質的に無制限の容量を提供しますが、代償もあります。 使用するストレージ容量が増えるほど、請求料金は高くなります。 オープンソースの場合、お客様にストレージ・クラウドを開発および保守するためのコーディングとエンジニアリングの専門知識がある限り、容量を拡張し続けることができます。

さまざまなオープンソースのクラウド・ストレージ・プロバイダーが、異なるレベルの機能を提供しているため、利用サービスを決定する前に機能を比較することをお勧めします。 オープンソースのクラウド・ストレージ・サービスで利用できる機能の一部には、以下が含まれます。

  • 複数のロケーションにあるデバイス間でのファイルの同期
  • 2要素認証
  • 監査ツール
  • データ転送の暗号化
  • パスワードで保護された共有

料金体系

すでに述べたように、クラウド・ストレージは社内のストレージ・インフラストラクチャーを不要にすることで、企業のコスト削減を支援します。 しかし、クラウド・ストレージの料金体系にはさまざまなモデルがあります。 クラウド・ストレージ・プロバイダーの中には、1ギガバイトあたりの月額料金を請求するところもあれば、保管されたデータ容量に基づく料金を請求するところもあります。 料金設定は実にさまざまで、100 GBのストレージあたり月額1.99米ドルを支払う場合もあれば、10米ドルを支払う場合もあります。 ストレージ・クラウドに基づく料金に加え、お客様のネットワークからデータを転送するための追加料金は、通常は全体のサービス料金に含まれます。

プロバイダーは、ストレージとデータ転送の基本料金に加えて、追加料金を請求する場合があります。 例えば、クラウド内のデータにアクセスして変更や削除を行うたびに、またはある場所から別の場所へデータを移動するたびに、追加料金が発生する場合があります。 これらのアクションを実行することが月次ベースで増えるほど、コストも高くなります。 プロバイダーが全体料金に何らかの基本レベルのアクティビティーを組み込んでいる場合でも、許容限度を超えた場合は追加料金が発生します。

プロバイダーはまた、データにアクセスするユーザー数や、ユーザーがデータにアクセスする頻度、データが移動する距離を、請求額に組み込む場合があります。 保管されるデータのタイプや、プライバシー保護の目的や規制遵守の観点から、データのセキュリティー・レベルを上げる必要があるかどうかに基づいて、請求額が異なる場合もあります。

クラウド・ストレージ・サービスは、個人ユーザーから数千の拠点を持つ多国籍企業まで、さまざまな顧客のあらゆるニーズに対応するために、数多くのプロバイダーから提供されています。 例えば、クラウドにEメールとパスワードを保管すること、他のユーザーとの共有や共同作業を目的にスプレッドシートやWord文書などのファイルを保管することができます。 この機能により、ユーザーがプロジェクトで共同で作業することが容易になります。ファイルの転送と共有が、クラウド・ストレージ・サービスの最も一般的な利用方法であるのはそのためです。

一部のサービスはファイル管理と同期を提供し、複数のロケーションにある同じファイルのバージョンが、誰かが変更を加えるたびに更新されるようにしています。 またクラウド・ストレージ・サービスを介して、ファイル管理機能を使用することもできます。 これにより、文書、スプレッドシートなどのファイルを自在に編成して、他のユーザーが利用できるようにすることができます。 また、クラウド・ストレージ・サービスを利用すれば、動画や音声などのメディア・ファイルや大量のデータベース・レコードのようなものも、社内ネットワークのスペースを過剰に占有せずに扱えます。

ストレージのニーズがどのようなものであれ、必要な容量と機能を提供するクラウド・ストレージ・サービスは容易に見つかるはずです。

クラウド・ストレージとIBM

IBM Cloudストレージは、すぐに使用可能なソリューション、独自のストレージ・ソリューションを作成するためのコンポーネント、スタンドアロンとセカンダリーのストレージなどが含まれた、包括的なクラウド・ストレージ・サービスを提供します。

IBM Cloudソリューションのメリット:

  • グローバル・リーチ
  • 拡張性
  • 柔軟性
  • シンプル

また、IBM Cloud Backup WebCCブラウザー・ユーティリティーを介して管理される、IBMの自動化されたデータのバックアップとリカバリーのシステムを活用することもできます。 このシステムを使用すると、世界中にあるIBMクラウド・データセンターの1カ所以上に、データを安全にバックアップすることができます。

ストレージ・ソフトウェアは、40ゼタバイト(400垓バイト)のデータを管理する必要性が生じる2020年までに、ストレージ・ハードウェアを追い抜くと予想されます。 IBMのレポート「Hybrid storage for the hybrid cloud(ハイブリッドクラウドのためのハイブリッド・ストレージ)」をご覧ください。

ストレージのスキル習得に役立つコースをご用意しています。詳細はCloud Architect ProfessionalおよびCloud SRE Professionalのカリキュラムをご覧ください。

今すぐIBM Cloudアカウントを使用して開始しましょう。