ESGアナリストによるIBM Decision Optimization for Watson Studioのテスト

概要

IBM Decision Optimization for Watson Studioを使用すると、データサイエンス・チームは、処方的分析機能をフル活用し、機械学習や最適化などの手法を組み合わせてソリューションを構築できます。  

マルチクラウド環境をサポートするIBM Watson Studio Premium for IBM Cloud Pak for Dataの一部として個別に購入できます。 IBM Cloud®でも利用できます。

また、モデル構築を加速するモデリング・アシスタントやビジュアル・ダッシュボード、モデルを迅速に解決する最適化エンジン、複数のシナリオを評価するwhat-if分析などのツールを提供することで、より優れた意思決定が可能になります。

Decision Optimization for Watson Studioのメリット

運用効率の向上

動画を見る(08:42)

このソリューションは、数学的手法と人工知能技術を組み合わせて、複数の決定変数、トレードオフの可能性、複雑な制約が関与する、重要なビジネス上の意思決定を支援します。 IBM Watson® Studioと統合されているため、最適化と機械学習の手法にモデル管理とデプロイメント機能を組み合わせることができます。 複雑なビジネス上の意思決定の最適化を支援し、幅広い業界に対する投資から大きな利益を生み出せるようにします。

IBM Watson Machine Learningにモデルを簡単に導入

動画を見る(05:04)

データサイエンス・チームは、統合されたコラボレーション環境で最適化モデルを迅速に構築し、評価できます。 このソリューションは、IBM Watson Machine Learning内にモデルをデプロイすることにより、概念実証アプリケーションを迅速に構成して、評価し、本番環境に簡単に拡張するのにも役立ちます。

意思決定の幅広い問題を解決

製品ページに移動

IBM Decision Optimizationソリューションには、非常に強力な数理計画法と制約プログラミングのエンジンが組み込まれているため、ドメイン全体のあらゆるクラスのビジネス問題に対処できます。 IBM® CPLEX®ソルバーを利用して、多くの組織がミッション・クリティカルな意思決定アプリケーションを実行しています。 IBM CPLEXソルバーは、今日の対話型の意思決定最適化アプリケーションに必要な速度で、実世界の大規模な最適化問題を解決する支援をします。

最適化モデルの作成プロセスを簡素化

動画を見る(07:06)

モデリング・アシスタントを使用して、スケジューリングとリソース割り当てに関する最適化モデルの作成をガイドすることをお勧めします。 モデリング・アシスタントは、自然言語での対話を使用して、モデルの目標と制約を定義します。コーディングは不要です。 データ入力から始まり、対処しようとしている問題に対する適切な制約を分析します。

プロジェクトを簡単に運用可能

ソリューションの概要を読む(PDF、 215 KB)

IBM Watson Studioは、データサイエンティストに、オープンソースとIBMテクノロジーから取り出されたツールの完全なセットを提供します。 データサイエンス・チームがピア・コミュニティーにアクセスできるようにします。また、拡張性と高いセキュリティーを提供して、ソリューションを幅広いアプリケーションに高度に適応できるようにします。 IBM Watson Studio内に最適化機能が統合されているため、チームは概念実証アプリケーションを迅速に拡張し、最適化モデルを実稼働環境にデプロイできます。

チームとしてよりスマートかつ迅速に作業

動画を見る(06:27)

Pythonでコーディングするか、モデリング・アシスタントを使用して、最適化モデルを簡単に作成できます。 グラフィカル・ダッシュボードをビジネス・アナリストと共有して、モデルの利点を検証します。 強力な視覚化機能を使用して、複数のシナリオをテストします。 検証済みのモデルと最適化エンジンをマイクロサービスとしてデプロイし、ビジネス・ユーザーがアプリケーションからアクセスできるようにします。

お客様の声