Continuous Deliveryの機能

統合されたDevOpsツールチェーンの作成

詳細はこちら (英語)

ツールチェーンは、アプリケーションをビルド、デプロイ、管理するための統合されたツール・セットを提供します。IBM、オープン・ソース、サード・パーティーのツールを組み込んで、開発や運用を反復可能で管理しやすくします。オープン・アーキテクチャーに基づいたツールチェーンには、IBM Cloudやその他の場所にホストできるツールを統合するためのAPIが含まれます。ツールチェーンは、自動的にインスタンス化できるテンプレートからも定義できます。また、DevOpsインテリジェンスを推進できるアナリティクスのサポートを組み込むこともできます。

自動化されたパイプラインを使用して継続的にデリバリー

詳細はこちら (英語)

デリバリー・パイプラインを使用すると、反復可能な方法で最小限の人的介入によるビルド、テスト、およびデプロイが可能で、アプリケーションをいつでも実働環境に移すことができるようになります。デリバリー・パイプラインでは、一連の各ステージで入力データが取得され、それぞれビルド、テスト、デプロイなどのジョブが実行されます。パイプラインを構成すれば、Webに公開されているほぼすべてのサービスと統合することができます。

Git Repos and Issue Tracking

詳細はこちら (英語)

IBMがホストし、GitLabコミュニティー・エディションでビルドされるGit ReposとIssue Trackingにより、ソース・コードを管理して作業を追跡します。Git Repos と Issue Trackingツールの統合は、さまざまな方法でチームをサポートします。きめ細かいアクセス制御でコードを保護することでGitリポジトリーを管理したり、マージ要求によってコードのレビューやコラボレーションの強化を実現したり、Issue Trackerを介して問題の追跡や解決策の共有をしたり、Wikiシステム上でプロジェクトを文書化したりすることが可能になります。

どこにいてもコードの編集が可能

詳細はこちら (英語)

Eclipse Orionにビルドされた統合Webベース環境を使用するように選択できます。ソース管理タスクを作成、編集、実行、デバッグ、完了させ、コードの編集から本番環境へのデプロイまでシームレスに行えます。Web IDEでは、優れたコードを作成するために必要なすべてのものが、ブラウザーで使用できるように提供されます。Web IDEのGit機能を使用して変更をプッシュすれば、あとはパイプラインによってアプリケーションが再デプロイされます。

Continuous Deliveryを今すぐ始める

最初のDevOpsツールチェーンとデリバリー・パイプラインを今すぐ構築しましょう。