積年のノウハウが凝集された物流システムをハイブリッドクラウドでモダナイズし、多様な顧客ニーズへの対応を強化
安田倉庫株式会社
安田倉庫の画像

物流業の枠を超えたサービスの提供に果敢に挑戦し続けている安田倉庫株式会社(以下、安田倉庫)。
さまざまな業界の多様なニーズに柔軟に対応したソリューションを強みとする同社で大きな課題となったのが、長年にわたり顧客ごとに個別最適で構築してきたことでシステム規模の肥大化が進み、利用技術の制約によりさらなる業務効率の向上やデジタル化への対応が困難となったIBM i 上の総合物流情報システムの改善でした。
同社は長年の業務ノウハウが凝集された IBM iを継続利用しながら、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のコンテナ・サービスを用いたマイクロサービスとの組み合わせで、早期に投資対効果を得な がら改善を進 める段階的モダナイゼーションを実施。IBMとの共創により短期間で顧客向けサービスと倉庫業務アプリケーションを開発し、サービス向上と業務効率化を実現しました。

事例PDFダウンロード

ビジネス上の課題

顧客の多様なニーズに柔軟かつきめ細かく対応したソリューションの提供を支えてきた安田倉庫の総合物流情報システムは、IBM i上に顧客ごとに個別最適で構築してきたため、システム規模の肥大化が進んでいました。サービス向上や業務効率化を目的としたデジタル化への対応が困難だったほか、最新技術の活用や技術者不足、より迅速なサービス投入などに対応するためにクラウドネイティブなどオープンな技術の活用が必要とされていました。同社は検討の末、これまでに積み重ねたノウハウが凝集されたIBM iを継続利用しながら、クラウド技術を活用してデジタル化などに対応するモダナイゼーションの取り組みを開始します。

ソリューション

安田倉庫は、「システムを顧客ごとに作るのではなく、コンテナ技術上のマイクロサービスによる共通部品の組み合わせで実現して開発生産性や品質を高める」「段階的なモダナイゼーションにより早期に投資対効果を得ながら着実にプロジェクトを進める」といった方針の下、IBMを共創パートナーとし、IBM iとAWSのマネージド・コンテナ・サービス「Red Hat OpenShift Service on AWS(ROSA)」によるハイブリッドクラウド構成で新総合物流情報システムの構築を開始。フェーズ1として最も優先度が高く投資対効果を得やすい顧客向けサービスと倉庫業務アプリケーションを1年以内で開発しました。

IBMには、プロジェクトを安全安心に進めながら、私たちの視点に立っていろいろなご支援をいただきました。IBMを選んで良かったと思います。 木下 徹 氏 執行役員 情報システム部長 安田倉庫株式会社
効果と今後の展望

安田倉庫は、2023年2月より顧客向けサービスと倉庫業務アプリケーションの展開を開始しました。前者のサービスにより、顧客は商品の在庫、入出庫、配送などの状況確認や出荷指示をいつでも行えるようになりました。また後者のアプリケーションによって倉庫業務をデジタル化し、作業効率の向上を実現しています。同社は今後、フェーズ2として事務系アプリケーションのWeb化や新サービスの開発を行い、フェーズ3では社内のデータ活用ニーズに応えてデータ分析環境を整備する計画です。

安田倉庫株式会社について

首都圏、関西圏を中心に拠点を展開し、従来の経験にとらわれない柔軟な発想力と創造力を武器に、顧客のニーズにスピーディに対応する高品質な物流サービスを総合的に提供している。近年は倉庫・輸送サービスにとどまらず、医療機器の修理業や IT 機器キッティング、事務プロセス効率化の支援など、顧客の課題解決に資するソリューションの強化を進めている。

詳細はこちら

次のステップ
事例PDFダウンロード 他のお客様事例を見る

Copyright IBM Corporation 2024.
日本アイ・ビー・エム株式会社
〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

本事例の情報は2023年12月現在のものです。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Consultingは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本事例は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
記載の事例は特定のお客様に関するものであり、全ての場合において同等の効果が得られることを意味するものではありません。効果はお客様の環境その他の要因によって異なります。製品、サービスなどの詳細については、弊社もしくはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。