TM International Logistics
IBM、SAP、Microsoftで、倉庫から玄関先までリアルタイムの可視性を実現
高速道路での夜間通行の高速移動のハイパーラプス

今日の消費者は、倉庫から玄関先まで注文を追跡できることを期待しています。TM International Logisticsは、IBMコンサルティングと協力し、Microsoft Azure™上にSAP S/4HANA®を導入することで、提供するサービスをリアルタイムで把握し、効率を高め、世界中の消費者と企業にグローバルな配送追跡を提供しています。

ビジネス上の課題

TM International Logisticsは、SAP S/4HANAによる分析の強化とクラウドの俊敏性がリアルタイム・サービスの鍵になることを認識し、変革の旅の第一歩を踏み出すことを決めました。

変換

TM International Logisticsは、IBMコンサルティングの専門家と協力して、オンプレミスのSAP ERPからMicrosoft Azure上のSAP S/4HANA に移行しました。

結果 迅速化:
財務報告により従業員の生産性が向上
加速化
SAP S/4HANAのデプロイメントにより価値実現までの時間を短縮
年中無休のアップタイム
高可用性クラウド構成のおかげで、SAP S/4HANAソリューションで実現
ビジネス上の課題の詳細
革新の準備が整った

TM International Logistics Limitedは、世界中のお客様に包括的なロジスティクス・ソリューションを提供しています。ドロップシッピングなどのサプライチェーン管理方法の人気が高まるにつれて、洞察への欲求も急激に高まっています。

TM International LogisticsのIT責任者であるAbhishek Verma氏は次のように説明します。 「近年、グローバル・ネットワークのどこに荷物があるかをリアルタイムで表示するロジスティクス・ソリューションに対する需要が大幅に増加しています。同時に、お客様はこの情報を得るために探し回ったり、電話をかけたりすることを望んでいません。オンラインで24時間いつでもアクセスできることを望んでいます。」

要件を特定する

ロジスティクス業界の多くのリーダーと同様に、TM International Logisticsは、財務会計、連結、販売、調達を含むビジネス・プロセスの推進にSAPソリューションを活用しています。長年にわたり、同社は倉庫管理、貨物の積み込み、通関などの他のプロセス要件に対応するため、いくつかの自家製アプリケーションを開発しました。

「私たちは変革の過程でいくつかの厳しい技術的課題に直面していました」とAbhishek Verma氏は振り返ります。「社内のアプリケーションは、異なる時期に、異なる戦術的要件をサポートするために開発されたもので、相互接続されているものはほんの一握りでした。その結果、ビジネスデータの統合された単一のビューが欠けていました」

Abhishek Verma 氏はさらに、「同時に、オンプレミスのSAP ERPアプリケーションでは、私たちが求めていたレベルの速度と規模でサプライチェーンに関する洞察を提供できないこともわかっていました」と付け加えました。

「クラウドでホストされているSAP S/4HANAは、私たちが目標としているパフォーマンスを提供してくれると確信していました。また、社内のアプリケーションのデータを統合して、正確でタイムリーな単一のビジネス・データのソースを作成することができました」と続けています。

概要と経緯の詳細
共に前進する

TM International Logisticsは、人事管理機能を含むフルスイートのSAP S/4HANAソリューションを導入するためにIBMコンサルティングを選択しました。

「IBMは、SAP導入の成功という確かな実績を持っていました」とAbhishek Verma氏はコメントしています。「IBMコンサルティングは、専門的な知識とグローバル・プレゼンスを持っているだけでなく、ベンダーの評価段階でHANA Impact Assessmentを実施することで、説得力のあるプレゼンテーションを行いました」

IBM® HANA Impact Assessmentにより、SAP ERP環境のどの部分をそのまま新しいプラットフォームに移行でき、どの部分を修正し、どの部分を削除できるかがすぐにわかりました。IBMのアプローチは非常に正確かつ詳細で、契約書に署名する前から、私たちのプロジェクトに必要なサイジング、予算、人材の要件に関する実用的な洞察を与えてくれました」 

Azureクラウドの採用

TM International Logisticsは、Microsoft Azureクラウドがリアルタイム分析環境に最適なプラットフォームであると判断しました。

Abhishek Verma氏は次のように付け加えています。「私たちは既にMicrosoft Office 365™をビジネス生産性スイートとして使用していたので、Azureクラウドを新しいプラットフォームとして選択するのは自然なことでした。また、 Microsoft Azure上のSAP S/4HANA を使用することで、MicrosoftとSAPのソリューションのビジネス・ユーザーにSingle Sign On機能を提供することも容易になり、従業員の生産性を向上させながら情報セキュリティーを強化することができます。

ベスト・プラクティスの導入

IBMコンサルティングは、IBM SAP HANA Impact Assessmentの一環として、SAP S/4HANA Conversion Best Practice、SAP S/4HANA Conversion Lessons Learned、S/4HANA Conversion Process Flowなどのベスト・プラクティス・アクセラレーターを導入しました。最初にサンドボックス環境で問題を調査し、その後、修復とテストの段階を順次経ることで、開発環境と本番環境をクラウドに展開する時期が来たときに、IBMはリアルタイム分析の実現に向けたスムーズでリスクの少ない方法を提供することができました。

「IBM SAP HANA Impact Assessmentのおかげで、適切な業務範囲に前向きに取り組み、設計とテストのアプローチを改善することができました」とAbhishek Verma氏はコメントしています。「IBMコンサルティングは、SAP S/4HANAプロジェクトの構造について、当初から明確に説明してくれました。IBMが実装計画で提示したタイムラインの見積もりはすべてほぼ正確で、予定どおりに稼動しました」

Abhishek Verma氏は次のように説明しています。「プロジェクト全体を通じて、IBMはMicrosoftやSAP、そしてクラウド構成を担当したMicrosoftのビジネス・パートナーであるMSRCosmosを含む複数の利害関係者と関わりました。IBMの変更管理へのアプローチは特に価値があり、チームは新しいSAP Fioriユーザー・エクスペリエンスのメリットを会社に伝え、導入を加速させることができました」

主要な財務報告の一部は既に大幅に迅速化されており、経理チームの生産性向上に役立っています。 Abhishek Verma IT部門の責任者 TM International Logistics
成果の詳細
クラウドでのビジネスの統合

現在、TM International Logisticsの財務、営業、調達チームのメンバーは全員、会社の最上級の意思決定者を含め、SAP S/4HANAを使用して日々の業務を推進しています。

「IBMコンサルティングのおかげで、ロジスティクス・ネットワークをリアルタイムに把握するための第一歩を踏み出すことができました」とAbhishek Verma氏は説明します。「SAP S/4HANAをビジネスの中心に据えることで、最も要求の厳しい分析のユースケースをサポートできる高性能のリアルタイム・エンジンを手に入れることができました」 

Abhishek Verma氏は次のようにコメントしています。「主要な財務報告の一部は既に大幅に迅速化されており、経理チームの生産性向上に役立っています。また、Azureクラウドのおかげで、SAP S/4HANA ソリューションの24時間365日の可用性を実現しながら、データのバックアップを高速化できます」 

同氏はさらに、「IBMコンサルティングとのパートナーシップを継続し、変革イニシアチブの次の段階に取り組んでいます。当社独自のアプリケーションとSAP S/4HANAの間のリアルタイム統合を構築することで、タイムリーなサプライチェーン・レポートのための信頼できる唯一の情報源を獲得できます。最終目標は、これらの洞察に基づいて新しいデータ主導の製品とサービスを開発し、クライアントの期待に応え、長期的なビジネスの成長を促進することです。」

次世代サービスの構築

IBM Consultingとの連携のおかげで、TM International Logisticsは、SAP S/4HANAの将来を見据えた機能を、予定通り予算内で手に入れることができました。 

「SAP S/4HANAにより、将来的にリアルタイム分析をビジネス・プロセスに組み込めるようにするための強固な基盤を築きました」とAbhishek Verma氏は述べています。「同様に、Microsoft Azureクラウドは、新しいビジネスやテクノロジーのイニシアチブをサポートするためにコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングのリソースを迅速に拡張するための俊敏性を実現しました」

Abhishek Vermaは次のように結んでいます。「人工知能、機械学習、モノのインターネットなどのテクノロジーは、今後数年間、ロジスティクス業界で決定的な役割を果たすでしょう。Microsoft Azure上のSAP S/4HANAにより、リアルタイムのロジスティクス・サービスを構築することができ、データ主導の洞察に基づいて業務効率を向上させ、世界中の消費者や企業にグローバルな配送追跡を提供することができます」

Microsoft Azure上のSAP S/4HANA により、リアルタイムのロジスティクス・サービスを構築できるようになり、データ主導の洞察に基づいて業務効率を向上させ、世界中の消費者や企業にグローバルな配送追跡を提供することができます。 Abhishek Verma IT部門の責任者 TM International Logistics
TM logisticsのロゴ
TM International Logistics Limited

2002年に設立され、インドのコルカタに拠点を置くTM International Logistics Limited(ibm.com外部へのリンク)は、世界有数の製鉄会社の1つであるTata Steel Limitedとの合弁事業によって誕生しました。TM International Logistics Limitedは、インド、アラブ首長国連邦、ドイツ、中国にオフィスを構え、ドライバルク、コンテナ輸送、ブレイクバルク、プロジェクト貨物など、包括的なロジスティクス・ソリューションを提供しています。

MSRCosmos LLCについて

カリフォルニア州ストックトンに本社を置くMSRCosmos LLC(ibm.com外部へのリンク)は、世界有数のブランドにソフトウェア・ソリューション、製品、およびサービスを提供しています。MSRCosmosは、SAPソリューション、ビッグデータ分析、クラウド、モビリティー・プラットフォームを専門とし、お客様のIT変革によるビジネス変革を支援します。

次のステップ

IBM SAP Allianceの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のサイトをご覧ください。/sap

PDFファイルを読む 詳細はこちら
他の事例を見る
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States. Produced in the United States of America, December 2020.

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM ServicesおよびGlobal Business Servicesは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

Microsoft、Windows、Windows NT、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその双方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。

IBMの将来の方向性と意図に関する記述は目標や目的を表すものに過ぎず、予告なしに変更または撤回されることがあります。

© 2020 SAP SE. All rights reserved. SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。

© 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved. この資料は情報提供のみを目的として提供されています。MICROSOFTは、本要約において、明示か黙示かを問わず、一切の保証をいたしません。