ホーム ケーススタディ rku.it GmbH 照明の点灯と公共交通機関の運行維持
プライベート・クラウド・プロバイダーのrku.it、IBM Powerを活用
ヘルネのrku.it GmbH本社

私たちは毎日、電力、水道、交通機関などの必要不可欠なサービスを利用しています。これらのサービスが故障した時にはじめて、そのありがたみに気づきます。手に負えないほどのコストをかけることなく、「日常生活のサポート・システム」の信頼性と可用性を担保することは、大きな責任です。

これはまさに、プライベート・クラウド・プロバイダーであるrku.it GmbHの出番です。同社は、地方公共団体、公共交通機関、地方自治体のクライアントのモダナイゼーションとデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。

IBM® Powerのサーバー上でSAP HANA®およびSAP S/4HANA®ソリューションを実行し、 Red Hat® Ansible® Automation Platform(ibm.com外部へのリンク)と組み合わせることで、コスト効率に優れた、高速で信頼性の高いITサービスを提供し、ドイツ全国の何百万人もの市民に必要不可欠な公共サービスを提供しています。同社はIBM Powerを活用して、クリティカル・ビジネス・アプリケーションを継続的にサポートしながら、リソースの利用を最大化し、運用コストを最小化し、需要に応じて動的に拡張する柔軟な仮想化機能を備えた、将来性のあるインフラストラクチャー・プラットフォームを選択しました。

プライベート・クラウド・プロバイダーであり、ITコンサルティングの専門家でもあるrku.itは、60年にわたって、ドイツ全土の公共事業、公共交通機関、地方自治体のクライアントと提携してきました。大手顧客の多くは利害関係者でもあり、高度に専門化されたビジネス・プロセスに関する独自のインサイトを得ることができます。rku.itは、業界に関する深い専門知識のおかげで、約80の実稼働アプリケーションを通じて、6,500人を超えるビジネス・ユーザーを含む、130以上のクライアントが納得するサービスを提供してきました。たとえば、同社は、500万を超える分散センサーのスマート・メーターのIoTデータを処理しています。

同社のデータセンター・システム・テクノロジー責任者、Benjamin Kaspereit氏は次のように述べています。「当社のクライアントは、何百万人もの人々が日常生活になくてはならない、エッセンシャル・サービスを提供しています。しかし、当社のクライアントは、顧客のコストを低く抑えなければならない、というプレッシャーにもさらされています。サービス・プロバイダーとして、当社は規模の恩恵を受け、高品質のソリューションと信頼性の向上を、コストを抑えながら提供できます。新規顧客を獲得し続けるために、私たちは柔軟性と標準化のバランスをとりながら、自社のプロセスをさらに最適化するよう努めています」

迅速なプロビジョニング

 

プロビジョニングの高速化により、ビジネスのアジリティーが3倍向上

最大限の可用性

 

ハードウェア障害のリスクを年間で2から0に効果的に削減することで、可用性を最大化

当社のパートナーであるCANCOMと協力して、私たちはすでに次のIBM Power10プロセッサーの準備を進めています。この機能強化とさらに高いエネルギー効率は、プライベート・クラウド・インフラストラクチャーの最適化に役立ち、rku.itとクライアント双方のサステナビリティーへの取り組みに大きなメリットをもたらしてくれます。私たちにとって、IBM Powerこそが前進するための道であることは明らかです。 Benjamin Kaspereit Head of Data Center Systems Technology rku.it GmbH

さらに、同社のクライアントの多くは、厳しく規制された業界で事業を行っており、頻繁に新たなコンプライアンス要件が課されます。絶えず変化する契約内容やサービス規定(さまざまな販売チャネルを対象とする場合が多い)により、ビジネス・プロセスやワークフロー自体も非常に変わりやすくなります。

「迅速に適応できる動的なソリューションがあってはじめて、コンプライアンスを遵守し、優れたサービス・レベルを提供できます」とKaspereit氏は断言します。「私たちのクライアントは、高額な違約金を回避するために、私たちのビジネスのアジリティーに依存しています」

さらに彼は次のように付け加えています。「イノベーションを実現しながら、増大する複雑性を管理することが、私たちの成功のカギです。つまり、限界を押し広げるために人工知能や機械学習などの最新テクノロジーを検討しているということであり、そのときにIBMの助けが必要になります」

柔軟で安定したプラットフォーム上に構築

次世代のERP SAP S/4HANA、SAP BW/4HANA®、SAP HANA ソリューションへのクライアントの需要が高まるなか、rku.itはプライベート・クラウド・インフラストラクチャのキャパシティーを拡張する方法を模索していました。競争力を強化するために、同社は展開と管理のプロセスを最適化し、より多くのシステムとデータを処理できるようにすることも目指していました。

IBMのプラチナ・ビジネス・パートナーであるCANCOM社と協力し、rku.itは IBM PowerVM®の仮想化と組み合わせた、IBM Power 950およびIBM Power S922サーバーを選択しました。「IBM Power は、要求の厳しいSAP HANAデータベースとSAP S/4HANAアプリケーションのワークロードにとって、最も柔軟でコスト効率の高いプラットフォームであることが証明されています」とKaspereit氏は言います。「当社のパートナーであるCANCOMは、より高度なDevOpsの実践の変革を加速する、非常に魅力的なソリューションを提供してくれました。たとえば、自動化された構成と管理によるさらに高度な標準化に重点を置き、次世代インフラストラクチャーの実装をサポートするために、Red Hat Ansible Automation Platformを展開します。」

rku.itは長年にわたりCANCOM社と提携しており、テクノロジーの専門知識とIBMとの緊密な連携を重視しています。CANCOM社は、長期的な焦点、包括的なソリューション・ポートフォリオ、そして優れた技術アーキテクトとコンサルタントを備えた信頼できるパートナーであることが証明されています。「CANCOMは常に最新のトレンドとツールを把握しており、将来性のあるソリューションに向けて、私たちを導いてくれます」とKaspereit氏は言います。「私たちにとって最も重要なことは、CANCOMが私たちのビジネスニーズを理解し、私たちの予算とイノベーションへの野心に相応しい、カスタマイズされたソリューションを草案してくれることです」

現在、rku.itは12台を超えるIBM Powerサーバーを運用しています。IBM PowerVMの高度な仮想化機能により、各物理サーバー上で約30の論理パーティション(LPAR)を実行し、インフラストラクチャーの統合と高効率のリソース利用を実現しています。「SAP HANAをIBM Powerサーバーに導入する際、私たちはプラットフォームでの経験を活用しました」と同氏は言います。「再起動を必要としない動的なリソース割り当てとLPARの柔軟なサイジングにより、個々のクライアント・アプリケーションの高いシステム密度と低い総所有コストを実現できています」

rku.itが最初にSAP HANA運用のオプションを評価したとき、x86ベースのシステムでVMwareサーバーを実行する場合のパフォーマンスと容量の制限が多数判明しました。同社は、IBM Powerによってはるかに効率的なシステム・アーキテクチャーが可能になることに気づきました。「複雑さを軽減し、システム保守のオーバーヘッドを最小限に抑えるために、スケールアップ構成を好みます」とKaspereit氏は言います。「IBM Powerソリューションでは、スケールアウト・クラスターは必要ありません。データセンター全体でSAP HANAシステム・レプリケーションを使用して、大規模なインスタンスを実行するだけで高可用性を確保できます。」

さらに、IBM Powerのセキュリティーと安定性により、rku.itはより多くのクライアントのワークロードを各サーバーで管理することができます。同社は、パフォーマンスを向上させるために、同じシステム上で複数のSAP HANAデータベース・インスタンスとアプリケーション・サーバーを実行することもできます。

rku.itは、複数のテナント・データベースと専用のSAP HANAインスタンスを組み合わせて、個々の顧客の要件に基づいた柔軟なサービスを提供し、最適なコストでITサービスを顧客に提供しています。同社は、SAP HANA、SAP S/4HANA、SAP BW/4HANA、SAP S/4HANA for Travel& Transportationを含む、SUSE Linux® Enterprise Server for SAP Applications(ibm.com外部へのリンク)を活用した、幅広いSAPソリューションを運用しています。

同社はまた、IBM AIX®、 IBM Db2®、Oracle Databaseソフトウェアを使用して、従来のSAP ERPとSAP for Utilitiesソリューションを運用しています。「x86システム上で実行されているMicrosoft Windows ServerからOracle DatabaseインスタンスをIBM Power上のAIXに移行した後で、データベース管理者の数を50%削減しました。私たちの経験から言えば、IBM AIXは最高の可用性を備えた、最も効率的なオペレーティング・システムです」とKaspereit氏は言います。「IBM AIXは正常に動作し、必要なパッチ適用やアップデートの頻度も少なくなります。AIXに切り替えることで、基本的なシステム管理タスクに費やす時間と労力をわずか3分の1に抑えられると推定しています」

IBM Powerは、要求の厳しいSAP HANAデータベースとSAP S/4HANAアプリケーションのワークロードにとって、最も柔軟でコスト効率の高いプラットフォームであることが証明されています。 Benjamin Kaspereit Head of Data Center Systems Technology rku.it GmbH
生産性を高めて、デジタル・トランスフォーメーションを支援

rku.itは、強化されたインフラストラクチャーと改善された自動化を最大限に活用して、CANCOM社と連携して新しいSAP HANAインスタンスのプロビジョニング時間を約3時間からわずか1時間に短縮しました。「SAP HANAシステムを継続的に追加し続ける場合、時間の節約は非常に重要です」とKaspereit氏は言います。「新しいインスタンスを3倍の速さでプロビジョニングできるようになったことで、クライアントのリクエストにより柔軟に対応できるようになり、ビジネスのアジリティーが向上し、クライアントの満足度も向上しました」

同社にとって、メモリとコンピューティング・リソースをより効果的に活用できるIBM Power E950の機能は、重要な競争上の優位性をもたらします。「ワークロードの要件が変化するにつれて、IBM Powerサーバーのコアあたりの総メモリ容量を柔軟かつ透明度をもって4.8倍に増やし、SAP S4/HANAとSAP HANAのインスタンスの増加に対応することができました。

「この4.8倍の増加は、SAP HANAインメモリ・データベースに最適なパフォーマンスを提供するために不可欠でした」とKaspereit氏は続けます。「IBM Powerソリューションでは、IBM PowerVMを使用して、コンピューティング・リソースとは独立に仮想インスタンスに割り当てるメモリを増やすことができます。マイクロ・パーティショニングや共有プロセッサー・プールなどの機能により、開発システムや実稼働システムを含む、より多くのデータベースやアプリケーションを1台の物理サーバーに搭載し、計算能力やメモリー容量を最大化することができます。これこそが、このソリューションが他のどの選択肢よりも商業的に優れている理由です」

しかし、rku.itにとって、そのメリットはさらに広がります。たとえば、SAP for Utilitiesソリューションを活用したスマート・メーター・サービスの台頭により、同社は急遽、500万個のIoTセンサーからのデータを処理する必要が生じました。スケーラブルで強力なIBM Powerプラットフォームのおかげで、追加のハードウェアを購入、設置、管理する代わりに、SAP for Utilitiesソリューションのより多くの容量を既存の環境に導入するだけで済みました。多くの場合必要となる唯一の調整は、データ量の増加に伴うメモリ割り当ての変更です。IBM PowerVMにより、クライアントの要件に合わせて、容量を迅速かつ簡単に調整できます。

rku.itのアプローチの重要な要素は、仮想化に基づいています。「例えば、SAP S/4HANAアプリケーションと関連データベースを同じ物理サーバー上で実行することで、論理パーティション間の超高速通信を可能にする仮想LAN機能を活用し、高遅延の問題を回避することができます。

同社は、IBM PowerVM Live Partition Mobility機能を使用して、可用性とパフォーマンスを最大化しています。IBM Power インフラストラクチャー全体でワークロードを動的に移動してバランスをとることにより、ピーク時に最適化されたパフォーマンスを提供し、ハードウェアのメンテナンスやアップグレード中もビジネス・アプリケーションをオンラインに維持できます。

IBM Powerは、プロアクティブなモニタリングと組み込みの冗長性により、優れた信頼性、可用性と保守性(RAS)を提供します。「たとえば、IBM Powerプラットフォームではメモリの耐障害性が向上し、ダウンタイムのリスクを最小限に抑えることができます。他の一部のプラットフォームでは、メモリ・ハードウェアの欠陥が原因で機能停止が発生することが定期的に確認されています。 IBM Powerでは高度なレジリエンス機能のおかげでこのようなことは起こらず、すべてのクライアントのビジネス継続性が向上します」とKaspereit氏は言います。「さらに、IBM Powerは他のアーキテクチャーに比べて4倍のメモリ帯域幅を提供し、SAP HANAの場合、メモリ帯域幅はシステム・パフォーマンスに直接変換され、クライアント・アプリケーションに直接的なメリットをもたらします」

単一のSAP HANAシステムで複数のテナント・データベースを簡単にスケールアップして運用できるため、rku.itとその顧客は、規制変更に伴う調整を共有し、運用コストを削減できるため、さらなるコスト削減の可能性があります。現在、IBM Power Systems上のSAPでは最大28 TBのSAP HANA ScaleUpインスタンスがサポートされているため、このプラットフォームはこの運用モデルを容易にします。さらに、大規模なインスタンスの再起動と復旧時間を短縮するために、IBM Power Systems上のSAP HANAの仮想永続メモリ(仮想PMEM)機能を使用して、潜在的なシステム停止の影響を最小限に抑えています。

スムーズな運用を実現するために、rku.itはCANCOM、IBM、SAPを活用しています。「IBM Power 上の SAP HANA のサポートは本当に素晴らしいです」と Kaspereit 氏は言います。「私たちは複数のベンダーと連携していますが、CANCOM、IBM、SAPは迅速な対応と管理コスト効率の面で際立っており、最も重要なときに迅速なソリューションを提供できていると言えます。SAP HANA Total Solutions Supportは、この緊密な連携を示す素晴らしい例です」

次に、rku.itは、 IBM PowerVCとTerraformに基づく、Infrastructure as Code(IaC)展開によってプロセスの自動化をさらに進めることを目指しています。「当社の次世代インフラストラクチャー・プログラムの次のステップでは、特に高レベルの並列化を可能にすることで、プロセスの高速化を目指します」とKaspereit氏は締めくくりました。

「当社のパートナーであるCANCOMと協力して、私たちはすでに次のIBM Power10プロセッサーの準備を進めています。この機能強化とさらに高いエネルギー効率は、プライベート・クラウド・インフラストラクチャーの最適化に役立ち、rku.itとクライアント双方のサステナビリティーへの取り組みに大きなメリットをもたらしてくれます。私たちにとって、IBM Powerこそが前進するための道であることは明らかです」

rku.itのロゴ
rku.it GmbHについて

rku.it(ibm.com外部へのリンク)は、ドイツのヘルネに本社を構え、洗練されたプライベート・クラウド・サービスを提供しています。同社は、地方公共団体、公共交通機関、地方自治体のクライアントを専門としています。従業員は380名で、130を超えるクライアントと6,500人以上のビジネス・ユーザーにサービスを提供しています。同社は、SAP PartnerEdge RUNゴールド・パートナーであり、ホスティング・オペレーションでSAP認定、クラウドおよびインフラストラクチャー・オペレーションでSAP認定を受けています。

CANCOMについて

デジタル・トランスフォーメーション・パートナーとして、CANCOM(ibm.com外部へのリンク)は、組織のデジタルの未来をともに歩みます。CANCOMグループのITソリューションには、ITシステムのコンサルティング、実装、サービス、運用が含まれています。同社の顧客は、幅広い専門知識と、デジタル・トランスフォーメーションを成功させるためのIT要件を網羅する包括的で革新的なポートフォリオの恩恵を受けています。同社は、IBMのビジネス・パートナーとしての長い歴史があり、多くの優秀な認定社員を抱えています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ Audi AG社

AUDI AG、新たなビジネス洞察取得への道のりを加速

お客様事例はこちら
Syntax

IBMとSAPを活用して、ミッションクリティカルな物流データへの24時間365日のアクセスを確保

お客様事例はこちら
SUSEとrku.itのブログ

SUSEとrku.itのサクセスストーリー

ブログを読む(ibm.com外部へのリンク)
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2021 年 12 月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、AIX、Db2、Power、PowerVMは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

RedHat®およびAnsible®は、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。

登録商標「Linux」は、世界範囲における本商標の所有者であるLinus Torvalds氏の独占的ライセンス所有者であるLinux Foundationから提供されたサブライセンスに基づき使用されています。

Microsoft、Windows、Windows NT、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその双方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されているパフォーマンス・データと顧客事例は、例示する目的でのみ提供されています。実際のパフォーマンス結果は特定の構成や作動条件によって異なります。IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。SAP BW/4HANA、SAP ERP、SAP HANA、およびSAP S/4HANAは、IBMの製品またはサービスではありません。SAP BW/4HANA、SAP ERP、SAP HANA、および SAP S/4HANAは、場合に応じて、製品または製品に付属するSAP SE の契約条件に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されます。SAP BW/4HANA、SAP ERP、SAP HANA、およびSAP S/4HANAの可用性、およびあらゆる保証、サービス、サポートは、SAP SEが直接責任を負い、SAP SE によってユーザーに直接提供されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。