グローバルバンキングインフラの可視化とコントロール
Metzler は、IBM Turbonomic を使用してアプリケーションのパフォーマンスを保証し、クライアントの SLA を維持します
削減額を推定 無料評価版を試す
クレジットカードを持ち、携帯電話を見ている女性

Thomas Maag は、Metzler銀行のインフラストラクチャ エンジニアとして、銀行の物理インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャを管理しています。彼は、システムおよびネットワーク管理のチームリーダーである Robert Schnee と緊密に連携しています。彼らのチームは、VDI インフラストラクチャを備えた VMware vSphere 環境を監督し、ヨーロッパ、アジア、北米における Metzler の事業をサポートしています。

チームは、Metzlerの開発チームのニーズを満たすためにインフラストラクチャを総合的に理解する必要がありました。「私たちの同僚は、開発、取引プラットフォーム、監視システムなどに使用されているワークロード用に、より多くのリソースを求めて私たちに来続けました」と Schnee 氏は言います。「しかし、彼らは『より多く』が必ずしも『より良い』ことに等しいわけではないことを理解していませんでした。」

こうした会話が頻繁になるにつれて、Maag と Schnee は解決策を探し始めました。

拡張性

 

ハードウェアを追加することなく、10%のVM増加に対応

24時間365日の可用性

 

自動化されたリソース決定により、24 時間 365 日のパフォーマンス保証がサポートされます

Turbonomic の自動化により、環境の管理が完全に楽になりました。 Thomas Maag インフラストラクチャエンジニア Metzler Bank
リソースの最適化

Metzlerチームは、IBM® Turbonomic® Application Resource Managementソフトウェアを導入し、すぐに使用率の低い仮想マシンを発見し、チームのサイズを縮小することができました。

「サイズ変更アクションは私たちにとって非常に有益でした」と Maag 氏は言います。「私たちは現在、基盤となるインフラストラクチャをより効率的に使用できると確信しています。実際、VM が 10% 増加したにもかかわらず、追加のハードウェアを購入する必要はありませんでした。」

サイズ変更に加えて、チームはクラスター全体で vMotion を自動化し、健全なパフォーマンスをより適切に維持しました。Turbonomicを導入する前は、手動で介入し、パフォーマンスの問題をその場で解決する必要がありました。管理プラットフォームは、アプリケーションのパフォーマンスを確保し、外部顧客とのSLAを維持するのに役立ちました。

Turbonomicを導入する前は、手動で介入し、パフォーマンスの問題をその場で解決する必要がありました。管理プラットフォームは、アプリケーションのパフォーマンスを確保し、外部顧客とのSLAを維持するのに役立ちました。 Robert Schnee システムおよびネットワーク管理のチームリーダー Metzler Bank
Metzlerロゴ
Metzler銀行について

世界で最も古い銀行のひとつであるMetzler銀行 (リンクはibm.comの外にあります)は、340年以上にわたって金融サービスを提供してきました。現在では、グローバルな資本市場サービスを専門としている。 Metzlerは、その歴史を通じてドイツのフランクフルトに拠点を置き、ミュンヘン、シュトゥットガルト、ケルン、デュッセルドルフ、ハンブルク、アトランタ、ロサンゼルス、シアトル、東京、北京、ダブリンにもオフィスを構えています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る IBMの最新情報をメールでお届けします
テクノロジー、ビジネス、ソート・リーダーシップの最新情報をお届けするニュースレターを購読してください。
ニュースレター
Under the Hood
AIを活用したアプリケーションリソース管理
動画を見る(2:35)
Providence社
クラウド導入を加速して医療を強化
お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2022. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2022年3月、米国で作成。

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新の一覧は、ibm.com/trademark の「著作権および商標に関する情報」でご覧いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。