新たなサービスやアプリケーションの開発を担当するユーザーが求めるQCD(品質、コスト、納期)に応じた基盤の選択肢を提供できるようになったことは大きな前進です

日本航空株式会社, IT企画本部 IT運営企画部, 技術戦略グループ, 大嶋 将志氏

Business Challenge

JALグループのIT戦略推進を共に担うJALとJALインフォテックの両社は、JAL Visionの目標達成をITの側面から後押ししています。2016年のJAL Vision策定開始当時のJALのITは、ビジネスのデジタルシフトへの対応に遅れが目立ち始めていました。両社は課題解決のために議論を重ね、安全・安心を大前提としつつJALグループの新たな価値を提供するサービスをスピーディーに展開するために、最新のテクノロジーを活用しながら品質やセキュリティーなどのガバナンスを効かせることができるインフラとして、ハイブリッドクラウド基盤の構築を決断しました。

Transformation

JALとJALインフォテックは、オンプレミスとパブリッククラウドの双方に同一の仮想化アーキテクチャーを展開し、仮想マシンを停止させることなく、2つの環境間で自在に移動可能でシームレスな連携を実現し、品質とコスト・スピードのバランスを柔軟にコントロールしたいと考え、当時として最も進んだソリューションを提案したIBMをプロジェクトのパートナーに選定しました。ハイブリッドクラウド基盤、CIEL(フランス語で「空」を意味する)は(1) 「CIEL/J」(VMware vSphereベースのプライベートクラウド基盤)、(2) 「CIEL/D」(IBM Cloudの専有利用可能なIaaSを利用し、CIEL/Jと⼀体的に運用するパブリッククラウド基盤)、(3) 「CIEL/S」(共有IaaSおよびPaaSを利用したパブリッククラウド基盤)、(4) 「CIEL/manager」(ハイブリッドクラウド管理基盤)で構成され、CIEL/J、CIEL/D、CIEL/managerの3つの基盤が、IBMとの協働によって構築されました。

Benefits

CIELは2018年12月に稼働を開始しました。従来の原則とは異なり、「半年ごとの短サイクルで、その時々に必要なクラウド・サービスを段階的にリリースする」という考え方を採用しています。新たなサービスやアプリケーションの開発を担当するユーザーが求めるQCD(品質、コスト、納期)に応じた、CIEL/J、CIEL/D、CIEL/Sという3つの基盤の選択肢を提供できるようになったことは大きな前進であると評価されています。また、CIEL/managerによる運用自動化のレベルも着実に向上しており、企画や構想立案など上流工程の業務にITエンジニアをシフトする土台を整えることができました。さらに、JALグループはシステム基盤のみならず、ビジネスや人材、ガバナンス、セキュリティーなどあらゆる領域でのマルチクラウド活用を加速すべく、近い将来にその推進組織となるCloud CoE(Center of Excellence)を立ち上げる計画です。

 

[ 製品・サービス・技術 情報 ]

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

  • IBM Cloud
  • ハイブリッドクラウド構築サービス
  • SDN構築支援サービス

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

  • IBM Global Technology Services
  • Cloud