ホーム ケーススタディ Idaho Forest Group, LLC 感情ではなく、直感でもなく、 ただのデータ。
Idaho Forest Groupは予測の取り組みに革命を起こし、リーダーが明確でデータ駆動型の意思決定を行えるようにします
秋の森の空撮

未来はちょうど大海のごとく常に変化しています。 適切な準備があればうまく乗り切ることができますが、その不確実性のため、最善の計画であってもすぐに、かなり容赦なく台無しになってしまうことがあります。

Idaho Forest Group, LLC(IFG)は、この不確実な未来に適切に対処する必要があると考え、ダン・レドモンド氏をファイナンシャル・プランニングおよび分析担当の新しいディレクターとして採用しました。

「私が入社するまで、IFGは実際に予測を行ったことはありませんでした。 彼らがやったのは、月末に予算と実績を照合し、個人的な経験と直感を加えて意思決定を行うことだけでした。 そのため、将来のキャッシュフローがどのようになるかはわかりませんでした。 そして、工場のひとつに問題が発生したり、価格が下がったりすると、弱気になり、右往左往することになったのです。」

レドモンドが加わった当時、IFGはパンデミックの影響により前例のない市場の変動を経験していました。 その一方で、同社は製材所の更新とアップグレードに取り組んでおり、そのプロジェクトのために手元資金を使い果たしていました。

財務的な課題だけでなく、この会社のプランニングの非効率性が日常業務にも支障をきたし始め、その結果、製品納入までのリードタイムが長くなり、原材料が不足することもありました。

「一般的に、効率よく仕事をして、生活を楽にしたいと思っています」とレドモンドは付け加えます。 「予測をまとめるのに全時間を費やすよりも、分析とそのレビューに集中したいと考えます。 しかし、私たちはすべてExcelスプレッドシートで行っていました。 この1つのタスクに毎月80時間を費やしていたのです。」

彼はさらに次のように続けています。「特にモデルが大きくなった場合、Excel は明らかにこの目的に最適なツールとは言えません。 複数の工場や企業サイトにまたがって計画を立てていたのですが、調べていたデータにはエラーがたくさんありました。 前の会社でプランニング・ツールを使っていたこともあり、助けになる可能性のあるテクノロジーがあることは知っていました」。

25%  

予測作業を80時間以上から15時間未満に削減することで、幹部のスケジュールの約25%を解放

25%

プロセス自動化により、財務部門全体で時間を25%節約

予測をまとめるのに全時間を費やすよりも、分析とそのレビューに集中したいと考えます。 ダン・レドモンド ファイナンシャル・プランニングおよび分析担当ディレクター Idaho Forest Group, LLC
プロセス。 予測。 準備。

レドモンド氏とIFGはすぐに、 IBM Planning Analyticsテクノロジーを活用したIBMビジネス・パートナーであるActionKPIと統合収益性ソリューションの有用性に気付きました。 新しいソフトウェアにより、IFGは貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー報告データをすべて一元管理できるようになるため、予測作業の簡素化に役立ちます。

ActionKPIの最高経営責任者であるランス・タイラー氏は次のように述べています。「Planning AnalyticsはExcelからの進化の次の段階であり、個人的には市場で最高の製品の1つだと考えています。 そして、私たちはそのベースをより機能的なものにすることができたのです。」

統合収益性ソリューションの導入により、IFGスタッフは、製品・料金体系・販売・在庫データで常時更新される24か月連続の予測を維持できるようになりました。 同時に、工場監督は日々の予測を作成し、カットスケジュールの優先順位をつけ、週や月を通して作業量のバランスを取れるようになりました。

「ActionKPI チームは、IPS内のすべてをリンクしました」とレドモンド氏は説明します。 「これで、これまでの収益を振り返れるようになりました。 また、売上構成や工場別の売上高/MBF[1,000 ボードフィート]を確認できます。 顧客まで掘り下げることができます。 ログ配信とその価格を確認し、それらのログ配信のさまざまなコンポーネントを分類できます。 生産データをライブで見て、予測と照らし合わせることもできるのです。」

基盤となる計画分析ソフトウェアのライセンス交付を簡素化するため、ActionKPIは、IBM Embedded Solution Contractに基づいて統合収益性ソリューションを提供しています。 また、IBMのテクノロジーはソリューションの中核を提供し、予測を立てるために使用される複雑な分析と計算を処理します。 もちろん、ActionKPIはさらなる価値を高めるためにソフトウェアを強化しています。

「IPSは単なる製品というよりはフレームワークです」とタイラー氏は説明します。 「プロセスには変更がつきものです。 データ統合は事前構築されています。 変更管理と採用に関して私たちが採用している方法論はいくつかあります。 次に、ポータルやヘルプデスクといったサポートサービスを中心にして、開発されたモデルに関するあらゆる課題の解決を支援します。 これはトータルパッケージです。」

Planning AnalyticsはExcelからの進化の次の段階であり、個人的には市場で最高の製品の1つだと考えています。 して、私たちはそのベースをより機能的なものにすることができたのです。 ランス・タイラー 最高経営責任者 IBMのビジネス・パートナー、ActionKPI
ドリルダウン

「予測のために、現在では工場の監督者たちに、ActionKPIが作成した生産計画シートを入力してもらっています」とレドモンド氏は説明します。 「また、時間・種類・カットを変更して、予測キューに直接入力される毎日の生産計画を立てられます。 こうすることで、販売モジュールでこれらの計画レベルを確認し、品種別、月別、工場別生産金額を特定できるようになります。」

彼は続けます。 「あらゆることを考慮に入れられます。「私たちはユーティリティを予測し、設備投資を予測できます。 特定の工場または部門の人件費を予測できます。 そして、それらすべてをさまざまなレポートに集約し、カスタム・ダッシュボードを通じて監視できます。 もう数字を計算する必要はありません。 代わりに、システムを更新し、スクリーンショットを撮り、それをPowerPointに落とし込むだけです。 そして、それをオーナーと取締役会に送り、審査を仰ぎます。

統合収益性ソリューションは、予測機能に加えて、在庫管理にも役立ちます。

「林業では、在庫バランスが常に複雑です」とレドモンド氏は指摘します。 「春になって雪が溶け始めると、道路状況のせいで丸太の搬出が非常に困難になります。 通常、現在の在庫にある丸太で生き残る必要があります。 このため、全社的に現在の在庫レベルを把握できるということは、材木や特定の樹種の不足がないということを意味します。」

プラットフォームの機能はそれだけではありません。 レドモンド氏は次のように説明します。「私が以前使用した予測ツールにはコメント機能がありませんでした。 しかし、IPSでは初日からコメントが利用できるので、非常に便利です。 予測を見ていると、2ヵ月前に最初に入力した項目があり、2ヵ月前に何をしていたかを思い出すのが難しい場合があります。 しかし、そのコメントを見れば、すべてが理解できます。」

私たちはあらゆることを考慮に入れられます。公益事業を予測し、設備投資を予測できます。 特定の工場または部門の人件費を予測できます。 ダン・レドモンド ファイナンシャル・プランニングおよび分析担当ディレクター Idaho Forest Group, LLC
より賢明で迅速な意思決定

IBM Planning Analyticsソフトウェアを活用したActionKPIソリューションを利用して、IFGは予測とレポートの取り組みのタイミングを劇的に加速しました。 同社の財務部門は、プロセス自動化のおかげで、業務全体で時間を平均25%節約できました。

「私自身、予測を作成するためにスプレッドシートを操作するのに毎月約80時間を費やしていました」とレドモンド氏は言います。 「現在ではこのタスクに10~15時間を費やしています。 文字通り、私の時間の約25%が解放されたのです。 さらに、当社のFP&A[財務計画および分析]チームが、より効率的に運営されています。 私たちは人員を増やさずにビジネスをサポートし、さらに多くの分析リクエストに対応できるようになりました。」

「私たちは、Planning Analyticsにすべてを取り込むことで、使用していた多くのスプレッドシートを廃止できるよう支援しました」とタイラー氏は付け加えます。 「6つの異なるシステムから情報を取得しているため、使いやすいレポート機能とインターフェイスが組み込まれた小規模なデータ・ウェアハウスを作成しています。 基本的には、全社的な計画と分析のための単一の真実の情報源なのです。」

さらに、より包括的で直感的なツールを自由に使えるようになったことで、IFGは年間予算サイクルを約3ヶ月からわずか2週間に短縮しました。 このソリューションは、経理担当者が、最高財務責任者やオーナーからの質問に数分以内に答えることができるため、従来のように時間をかけて調査する必要がなくなり、ストレスの軽減にも役立っています。

さらに、統合収益性ソリューションの投資収益率(ROI)が非常に魅力的でした。 IPSのコストと総勘定元帳システムのコストを比較すると、ActionKPIの方が特にレポート形成と分析の点ではるかに価値があります。

彼は次のように締めくくります。「IPSのおかげで、まったく感情をはさまない予測が可能になりました。 また、ActionKPIで、将来はさらに正確になるだけです。 バックエンドにIBMのようなビッグネームがいることも大きな安心材料です。」

Idaho Forest Group, LLCについて

アイダホ州コー・ダレーンに本社を置くIFGは、米国最大の木材生産者の1つであり、毎年約20億ボードフィートの木材を生産しています。 同社は合計7つの製材所と1つのフィンガージョイント工場を運営しており、10種類の異なる樹種からさまざまなサイズやグレードの木材を生産しています。

 

ActionKPIについて


IBMビジネス パートナーであるActionKPIは、財務部門にパフォーマンス管理・分析。収益性の向上をもたらすことに特化した経営コンサルティング会社です。 アルバータ州カルガリーに本社を置き、デラウェア州ドーバーにもオフィスを構えています。

 

IBM Planning Analytics

すでにあるデータには、未開拓の可能性があります。 IBM Planning Analyticsを使用してこの可能性を活用し、予期せぬ事態に備えましょう。

詳細はこちら ケーススタディPDFを表示する ヴァサーン

高まる需要に対応するためのAIと分析の組み込み

お客様事例はこちら
ICBC Argentina社

スプレッドシートを過去のものにする—AIによる財務計画

お客様事例はこちら
Mawgif社

リアルタイム分析でビジネスの成長を促進

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2023年8月、アメリカ合衆国で制作。

IBMとIBMのロゴは、米国その他の国または地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名は、IBMまたは他社の商標である場合があります。IBMの商標の最新リストは、ibm.com/trademarkでご覧いただけます。

MicrosoftやWindows、Windows NT、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその双方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストやパフォーマンスの特性はお客様ごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって結果が異なりますので、ご期待通りの結果にならない場合があります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。