Global Payment Services(GPS)
強力なアーキテクチャーで成長とイノベーションを促進
カメラに向かって携帯電話を差し出している人

GPSは、IBMビジネス・パートナーであるGulf Business Machines(GBM)と協力して、そのデータセンターをIBM Power Systemsハードウェアで一新することで、急速な成長に対応できる柔軟なITインフラストラクチャーを実装しました。この新しいソリューションでは、高度な仮想化機能も使用するため、セキュリティーの強化された環境が促進されました。

ビジネス上の課題

数年連続で大幅な成長を遂げたうえ、積極的な拡大計画を立ち上げようとしていたGlobal Payment Services(GPS)は、データセンター環境をアップグレードすることでこの成長の課題に対処する必要がありました。

概要と経緯

GPSでは、新しいIBM Power Systemsハードウェアでサーバーアーキテクチャーが更新されたため、トランザクション処理の増加に対応できる仮想化処理環境が提供されました。

成果 金融トランザクションの
処理時間が約50%短縮
柔軟で可用性の高い
ITアーキテクチャーで将来の成長をサポート
より効率的なハードウェア使用率で
データベースのライセンスコストを削減
ビジネス上の課題の詳細
データ量の増加に伴う課題の拡大

中東最大のサードパーティ決済処理会社の1つであるGPSは、その成功から来る複雑な問題に悩まされていました。過去数年間、同組織は金融取引の爆発的な成長を経験しましたが、当時のハードウェアではその成長に追いつくのが非常に困難でした。

「2016 年には…」とGPSのゼネラル・マネージャー兼共同創設者であるAli Arab氏は回想します。「…当社が処理した支払い取引きは4,000万件でした。これが2017年には、8,000万件に至りました。この成長率は多大なもので、追いつくのは困難です。そして、今年もその数は倍増すると予想しています。」

同時に、ビジネス自体はフィンテックや暗号通貨などのさまざまな業界のディスラプターに適応していましたが、これらディスラプターの多くは同社のIT資産はもちろん、これら課題への適応能力という面で社に大きなプレッシャーを与えていました。これに対応すべく、GPSは企業データセンターをより強力なハードウェアで更新したいと考えました。ただし、これらのサーバーは現在の成長レベル以上に対応できる必要があります。

「当社は伝統的に、バーレーンとその周辺地域のお客様にサービスを提供することに注力してきました」とArab氏は説明します。「しかし、私たちの新しいビジョンは、より多くの国に事業を拡大し、より多くの顧客と関わるための新しいサービスを生み出すことです。」

そのため、成長可能なプラットフォームを望んでいましたが、POWER9はまさにそれを実現してくれる存在となりました。 Ali Arab氏 ゼネラル・マネージャー兼共同創業者 Global Payment Services(GPS)
概要と経緯の詳細
力強く前進

これらの積極的な成長計画を念頭に、GPSは長年の技術アドバイザーであるGBMに連絡を取りました。GBMチームは、GPSとの何度かの話し合いを経て、IBM Power Systemsハードウェアを中心とした新しいアーキテクチャー計画を開発しました。

「2005年に事業を開始して以来、当社はGBMと協力関係を維持してきました」とArab氏は語ります。「必要なときに常に傍にいてくれた存在です。そのため、サーバーを更新する段階になったとき、GBMが当社の第一の選択肢でした。そしてGBMは、IBM Powerで取り組みを続けることを提案してくれました。」

実際にGBMが推奨したのは、IBM POWER9プロセッサー・ベースのテクノロジーを備えたIBM Power System S924のサーバー・ペアでした。そしてGBMチームは、この新しいハードウェアをバーレーンのマナマにある新しいGPS本社に導入しました。

Power Systemサーバーには、容量の増加以外にも、その他の有益な利点があります。「セキュリティーの観点からは、サポートしている機関ごとに処理とデータを分離する必要があります」とArab氏は説明します。IBMはデータの送信先を制御できる仮想化ツールを提供することで、当社がこの分離を実現できるよう支援してくれました。」各サーバー上で、GPSはIBM PowerVMテクノロジーを使用して、サポートされるビジネスごとに固有のカプセル化されたIBM AIX V7.2オペレーティング・システム・インスタンスを作成します。これらのプロセスを分離することで、GPSは金融業界を規制するさまざまな業界基準やコンプライアンス基準に容易に準拠できるようになります。

当社が乗り越えなければならないコンプライアンスや技術的な課題は数多くあります。そして、これらの課題に対処すると同時に、費用対効果の高いサービスをクライアントに提供する必要があります。GBMやIBMの協力のもと、これらの課題に対処できるだけでなく、克服することもできるのです。 Ali Arab氏 ゼネラル・マネージャー兼共同創業者 Global Payment Services - GPS
成果の詳細
問題解決

新しいハードウェアが導入されたことで、GPS は積極的な成長目標をより簡単に追求できるようになりました。「顧客が増えるにつれて、パフォーマンスを発揮する必要がありました。事実、テクノロジーこそが当社の顧客サービスの根幹ですから。」とArab氏は説明します。そのため、成長可能なプラットフォームを望んでいましたが、POWER9はまさにそれを実現してくれる存在となりました。」

Power Systemsサーバーは、データベースのライセンス・コストの削減にも役立ちます。GPSはより高いワークロードを各処理コアに割り当てることができるため、通常のオペレーションを維持するために必要なデータベース・ライセンスが少なくなります。同時に、POWER9テクノロジーは1秒あたりにより多くの顧客トランザクションを処理できるため、カードによるお支払い処理のタイムラインが平均して半分に短縮されます。

パフォーマンスの向上に加えて、IBMハードウェアでは高可用性を実現するよう設計されたアーキテクチャーが提供されます。「IBMに切り替える前は、毎月30分ほどのダウンタイムがありました。しかし切り替えてからは、可用性の問題は発生していません。」この高い信頼性は、GPSの顧客ベース内の信頼性強化にも役立ちます。

「業界は常に変化を続けています」とArab氏は締めくくります。「新しい支払い方法、新しい銀行取引方法、フィンテック、仮想通貨、国境を越えた支払い規制など、私たちが乗り越えなければならないコンプライアンスや技術的な課題は数多くあります。そして、これらの課題に対処すると同時に、費用対効果の高いサービスをクライアントに提供する必要があります。GBMやIBMの協力のもと、これらの課題に対処できるだけでなく、克服することもできるのです。」

ビジネス・ロゴ
Global Payment Services(GPS)

2004年に設立されたGPSは、今や中東で最大級のサードパーティ決済処理組織へと成長しました。バーレーンのマナーマに本社を置くGPSは、地方銀行や金融機関に対し、クレジット、デビット、プリペイドカード処理、POS・ATM管理、加盟店獲得、不正管理、EMVカード・パーソナライゼーションなど、多数のサービスを提供しています。

Gulf Business Machinesについて

IBMビジネス・パートナーのGBMは、中東および北アフリカ全域の企業にテクノロジー・サービスとサポートを提供しています。1990年に設立され、ドバイを本拠地としています。1,200人を超える専門家スタッフを擁する同社は、「スマート・シティ」ソリューションの開発と、小売、金融、石油化学に焦点を当てたITプロジェクトの提供を専門としています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトにアクセスしてください。

Gulf Business Machinesの仕組みとそのグローバルITソリューションの詳細はこちら:GBM

次へ: IBMへのお問い合わせ
脚注

 

© Copyright IBM Corporation 2019. IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2017年6月、米国製作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、AIX、Power、POWER9およびPowerVMは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」( www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtml)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

IT システムのセキュリティには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざん、破壊、悪用、誤用、システムの損傷、または他者への攻撃のための使用を含む誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で完璧な効果のある、製品、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。