ホーム お客様事例 IBM CIOオフィス - IBM Edge Application Manager IBM CIOオフィスのIBM Edge Application Manager
地域レベルのレイテンシーを約27%削減
デスクトップ・パソコンを囲むITプログラマーのチームワーク、

IBM CIOオフィスでは、世界150カ国および地域以上にわたる何十万人ものIBM社員のニーズに応えています。私たちの最大の問題の1つは、社内コミュニケーション、特に全社的な教育や発表などの大きなイベントに関連しており、世界中のIBM社員一人ひとりがどこにいてもこのコンテンツを視聴し、対話する際に可能な限り最高のエクスペリエンスを提供できるようにすることです。私たちは、エッジ・コンピューティングと IBM® Edge Application Manager(IEAM)ソリューションを使用して、その能力を劇的に向上させてきました。

エッジ・コンピューティングとは、ワークロード、データ、およびユーザーをできるだけ近くに配置してレイテンシーを短縮するという概念を指します。これにより、接続された任意の2台のデバイス間で情報を転送する時間が低くなります。エッジ・コンピューティング・アーキテクチャーの目標は、データとワークロードを物理的にユーザーに近づけることです。そして、その目標は興味深い技術的課題をもたらします。というのも、IBMのすべてのオフィスがローカルでワークロードを実行できるようにネットワークをスケールアウトする必要があり、そのためには大規模な分散型インフラストラクチャーの管理が必要になるからです。

IBMのスケーリング・ソリューションは、拠点間でマシンを「クローン」作成できる展開モデルを使用しており、すべての拠点にコードの同じコピーが確実に存在するようにして、ばらつきを抑え、管理を簡素化します。また、ソフトウェアを構築、署名し、マシンがコピーを取得する信頼できるリポジトリーに公開する統合ソフトウェア配信パイプラインを使用してこれを実現します。一度インストールされると、マシンは変更不可(イミュータブル)となり、すべてのソフトウェアおよびハードウェア・コンポーネントが同じ状態を維持します。一般に「イミュータブル・インフラストラクチャー」として知られるこの手法は、エッジ・ネットワーク・ハードウェア・デバイスの設置を世界中にスケールアウトするという課題を解決するのに役立ちます。

2番目の課題は、特定のIBMオフィスの場所にいる人々にサービスを提供するために、いかに適切な場所で適切なワークロードを実行できるかということです。IEAMは、この課題に完璧にマッチしていました。IEAM を使用すると、世界中のマシン群を管理できるようになり、柔軟なポリシーを使用して何をどこで実行するかを決定できるようになります。例えば、アーモンクでのキャッシュとドバイでのモニタリングを指定できます。このインテントベースのアプローチは、ワークロードの複雑なパターンの展開に対応した幅広い機能を可能にします。

27%削減

 

地域レベルのレイテンシーを約27%削減しました

250,000人以上のIBM従業員

 

IBM CIOオフィスに頼る

IEAMは、世界中のIBMオフィスで働く従業員にサービスを提供するために、適切な場所で適切なワークロードを実行する方法を決定するのに理想的な機能を備えていました。IBMが行った世界全体を対象とした推定では、IEAMを使用することでリージョン・レベルのレイテンシーが約27%も削減されたことが示されています。 Helio Leonardo Pinheiro e Mota氏 サイト信頼性エンジニア、CIOネットワーク・エンジニアリング IBM
導入と拡張

IBM社内での最初の用途は、IBM® Watson Mediaによって構築されたエンタープライズ・コンテンツ配信ネットワーク(ECDN)を導入することでした。これにより、動画コンテンツの1つのコピーをインターネットから読み取り、オフィス内の多くの視聴者に配信できるため、帯域幅が節約されます。社内分析によると、ECDNの分配係数は1〜10で、視聴された動画ごとに10人の異なる視聴者にサービスを提供できることがわかりました。これは、視聴された動画数が測定した月ごとに大幅に増加していますが、このソリューションでは、以下に示すように、送信およびバッファリングされる動画の数がはるかに遅い速度で増加しているため、重要です。

 

これら3つの層(スケールアウト、ワークロードの実行場所の管理、サービスの展開)がエッジ・コンピューティングの成功の鍵となります。ただし、IEAMを使用してECDN を導入するだけではなく、他のワークロードにも使用を拡大しています。

IEAMが登場する前は、同じことを効果的に行うカスタム配布アプリケーションがありました。しかし、それは非常に初歩的なものであり、コンテンツ配信ネットワークを実装したとき、これまでに作成したカスタムをすべて捨てて、代わりに製品を使用するよい機会であることに気付きました。IEAMを使用すると、カスタム・コードを使用するよりもはるかに優れていることが証明されました。

コンテンツ配信ネットワークはオフライン・イベントだけでなく、ストリーミングにも対応しています。例えば、ライブ・イベント中に、ストリーミングによって元のサイトとの間で過度のネットワーク負荷が発生する可能性がありますが、ストリームが反映されるローカル・キャッシュを使用することで、この問題は解決されます。したがって、コンテンツ配信ネットワークは、オフライン・ストリーミング・イベントとライブ・ストリーミング・イベントの両方にとって重要です。

当社の外部ファイアウォール・チームは、既存のコードを再利用してプロジェクトを開発しました。IEAMが利用可能になると、社内ツールからの撤退を開始し、その後、デバイス用の自動ビルド・システムを開発しました。そのため、誰かがデバイスをネットワークに接続すると、管理デバイスに接続し、ネットワークから起動して、システムをインストールできるようになりました。IEAMは、展開されたこれらのデバイスを管理できます。

ただし、新しいワークロードの導入効率だけが重要ではありません。IEAMは、ワークロードの更新やパッチのデプロイメントにも役立ちます。

IEAMを使用すると、接続されているすべてのマシンにわたるワークロード・バージョンのデプロイメントを管理できます。IBMのプロセスには、特定のワークロードの脆弱性の検出、ベンダーからのパッチを適用した新しいバージョンの構築、IBM Container Registryへのプッシュが含まれます。これを受けてから、ワークロードを実行しているマシン群に新しいバージョンを1台ずつ段階的にデプロイし、各マシンが成功するのを待ってから次のマシンに進むようにIEAMに指示します。この管理されたロールアウトは、IEAMのアプリケーション層によって促進され、残りの本番稼働システムにロールアウトする前に、ノードのサブセットで新しいバージョンをテストするために使用できます。

インパクトとイノベーション

IEAMは、修正プログラムの展開に必要な作業を簡素化し、オペレーターに高度な展開パイプラインを作成し、セキュリティーの脆弱性に迅速に対応するためのツールを提供します。ビルド側では、自動パイプラインを利用してイメージを構築し、迅速なデプロイを可能にしています。セキュリティーの脆弱性に関しては、この迅速なデプロイメント・プロセスが重要であり、全体的なデプロイメントはボタン1つで簡単に実行できます。

IEAMのメリットを振り返り1つわかったことは、Kubernetesの開発オペレーターのようなオープンソース・フレームワークを使用することが重要だということです。これにより、すでに実行したことをすべて書き直すことなく、すぐに作業を開始できるようになりました。開発の観点から見ると、これは大きなメリットでした。舞台裏かもしれませんが、その影響力は絶大です。些細なことを開発するには多大な労力が必要ですが、IEAMはこれをシームレスにします。

アップグレードや成長といった具体的な目標に加えてIBMではより革新的で実験的なアイデアも模索しています。これらは、需要がないときにワークロードをスリープ状態にすることで環境問題に対処するなど、重大な影響を与える可能性があります。IEAMの柔軟性により、可能性は無限大であると考えています。

IBMロゴ
IBM CIOオフィスについて

最高情報責任者(CIO)オフィスは、IBM の社内 IT 戦略を主導し、IBM 社員が日々の業務に使用する IT ソリューションの提供、保護、最新化、およびサポートを担当します。

CIO(最高情報責任者)ストラテジーには、企業全体でITへのアクセスを容易にし、問題解決を加速し、IBMのイノベーション・エンジンとして機能してビジネスの成長を促す適応型ITプラットフォームの構築が含まれます。

IBM® Edge Application Manager

自律管理でどこにでもエッジ・ソリューションを拡張・実行する

詳細はこちら IBMニュースレターの購読 IBM Systems Manufacturing  

AIとエッジコンピューティングによる外観検査の自動化

お客様事例はこちら
IBM Cloud

エッジでの群衆密度測定

ブログを読む
IBM Cloud

エッジでの体温上昇のモニタリング

ブログを読む
法務

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2023年6月、米国で制作

IBM、IBM のロゴ、IBM Watson は、米国およびその他の国々におけるInternational Business Machines Corporation の商標または登録商標です。その他の製品名・サービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新リストは、ibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストやパフォーマンスの特性は、お客様ごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって結果が異なりますので、ご期待通りの結果にならない場合があります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。