株式会社デンソー

株式会社デンソー(以下、デンソー)は、社内、グループ会社に速く、安く、安心して使えるインフラを提供する目的から、2011年よりプライベートクラウドを運用しています。その利用規模が年々拡大する中で、より迅速なインフラ提供を求める声の高まりに対応し、また、機器の増設と老朽化に伴う運用負荷を軽減するために、同社はオンプレミスのプライベートクラウドをパブリッククラウドと組み合わせてハイブリッドクラウド化することを検討。その最初のステップとして、これまでオンプレミスで運用していた障害バックアップ・DR(災害対策)バックアップをパブリッククラウドに置くことを決めました。同社は永久増分バックアップや圧縮転送の機能を備えたIBM InfoSphere Virtual Data Pipelineによって効率的なデータ転送が行えるクラウドバックアップを実現するとともに、クラウド上でのDRバックアップからのデータ復旧とオンプレミスへのリカバリー、運用効率化を果たし、大幅なコスト削減を見込んでいます。

ビジネス上の課題

デンソーは、同社内やグループ会社が利用するプライベートクラウドを2011年より運用しています。近年は社内やグループ各社におけるIT活用の進展に伴い、より多くのストレージ領域や迅速なインフラ提供を求める声が強まっていたほか、インフラ保守の負担も高まっていました。これらの課題に対応するために、同社はプライベートクラウドをパブリッククラウドと組み合わせたハイブリッドクラウドに移行することを検討。それに向けた第1ステップとして、オンプレミスで運用していたプライベートクラウドのDRバックアップ環境をパブリッククラウドに移行することを決めました。その実現に際して、パブリッククラウドでの迅速なデータ復旧と速やかなリカバリー実現が求められました。

概要と経緯

デンソーは、従来と同等のSLAを維持しながら、耐障害・耐災害としてのバックアップをパブリッククラウドに対して行えることを要件に各社のバックアップ・ソリューションを検討しました。実データを使ったPoC(Proof of Concept:概念実証)も行って比較・検討を進めた結果、同社はパブリッククラウド上での迅速なデータ復旧と速やかなリカバリーが可能であり、高いデータ圧縮率と永久増分バックアップによって必要最小限の帯域幅でクラウドバックアップが行えるIBM InfoSphere Virtual Data Pipeline(VDP)の導入を決めました。

効果と今後の展望

VDPによるクラウドバックアップへの移行により、従来は2~3時間かかっていたDRサイトからのリストアが、パブリッククラウド上で数十分で行えるようになりました。また、バックアップ・リストアのオペレーションが統合管理コンソール(IVGM)によって一元化され、運用も効率的になりました。加えて、オンプレミスのバックアップ設備が不要となり、約3割のコスト削減効果が見込まれています。デンソーは今後も、クラウド活用と更なるデジタル化の推進にVDPを活用していきます。

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

ハイブリッドクラウドに移るための第1ステップとして、オンプレミスで運用していたプライベートクラウドのDRバックアップ環境をパブリッククラウドに移行することを決めたのです 石田 靖博氏 ITデジタル本部 IT基盤推進部 ITサービス室 サーバ企画課 兼 サーバサービス課 課長 株式会社デンソー

次のステップ
The DX Leaders(日本語ニュースレター)を購読 他のお客様事例を見る

Copyright IBM Corporation.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Consultingは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本事例は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は初掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
記載の事例は特定のお客様に関するものであり、全ての場合において同等の効果が得られることを意味するものではありません。効果はお客様の環境その他の要因によって異なります。製品、サービスなどの詳細については、弊社もしくはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。