ハイブリッドクラウドに移るための第1ステップとして、オンプレミスで運用していたプライベートクラウドのDRバックアップ環境をパブリッククラウドに移行することを決めたのです

株式会社デンソー, ITデジタル本部 IT基盤推進部 ITサービス室 サーバ企画課 兼 サーバサービス課 課長, 石田 靖博氏

Business Challenge

デンソーは、同社内やグループ会社が利用するプライベートクラウドを2011年より運用しています。近年は社内やグループ各社におけるIT活用の進展に伴い、より多くのストレージ領域や迅速なインフラ提供を求める声が強まっていたほか、インフラ保守の負担も高まっていました。これらの課題に対応するために、同社はプライベートクラウドをパブリッククラウドと組み合わせたハイブリッドクラウドに移行することを検討。それに向けた第1ステップとして、オンプレミスで運用していたプライベートクラウドのDRバックアップ環境をパブリッククラウドに移行することを決めました。その実現に際して、パブリッククラウドでの迅速なデータ復旧と速やかなリカバリー実現が求められました。

Transformation

デンソーは、従来と同等のSLAを維持しながら、耐障害・耐災害としてのバックアップをパブリッククラウドに対して行えることを要件に各社のバックアップ・ソリューションを検討しました。実データを使ったPoC(Proof of Concept:概念実証)も行って比較・検討を進めた結果、同社はパブリッククラウド上での迅速なデータ復旧と速やかなリカバリーが可能であり、高いデータ圧縮率と永久増分バックアップによって必要最小限の帯域幅でクラウドバックアップが行えるIBM InfoSphere Virtual Data Pipeline(VDP)の導入を決めました。

Benefits

VDPによるクラウドバックアップへの移行により、従来は2~3時間かかっていたDRサイトからのリストアが、パブリッククラウド上で数十分で行えるようになりました。また、バックアップ・リストアのオペレーションが統合管理コンソール(IVGM)によって一元化され、運用も効率的になりました。加えて、オンプレミスのバックアップ設備が不要となり、約3割のコスト削減効果が見込まれています。デンソーは今後も、クラウド活用と更なるデジタル化の推進にVDPを活用していきます。

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

[製品・サービス・技術 情報]

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

  • IBM InfoSphere Virtual Data Pipeline

Solution Category

  • Analytics