不安定な時代にアプリケーションのモダナイゼーションを加速する方法

不安定な時代にアプリケーションのモダナイゼーションを加速する方法 Webセミナーを見る(IBM社外のサイトに移動します)

分析とアプリケーション開発の加速

実動データベースはビジネスを運営する上で重要であるため、多過ぎる要求で過剰な負荷をかけないことが必須です。同時に、ビジネス成果を高めるためユーザーはそのデータにアクセスする必要があります。IBM InfoSphere® Virtual Data Pipelineなら、ユーザーは仮想データベースのコピーを即時にプロビジョニングし、ほぼリアルタイムのデータを処理してデータ分析、アプリケーション・テスト、AIモデルのトレーニングとテスト、データ仮想化を実行できます。

優先順位の高いワークロードに影響を与えず、データ・セキュリティーとプライバシーを損なわずに、ユーザーが実動データにアクセスできるようにします。InfoSphere Virtual Data Pipelineを開始して、分析を迅速化し、アプリケーションをモダナイズしましょう。

-> ソリューションの概要を読む(PDF, 810KB, 英語)

自動化されたセルフサービスのデータでアプリケーションをモダナイズ

自動化されたセルフサービスのデータでアプリケーションをモダナイズ ブログ投稿を読む (英語)

市場投入期間の短縮

DevOpsおよびテスト・データ管理のためのデータ自動化ツールを提供します。これによりチームは顧客に新しいソフトウェア・リリースを迅速に配布するために必要なデータを入手できます。

ソフトウェア開発コストの削減

ストレージ効率の高い仮想コピーにより、データセンター、リモート・オフィス、クラウドで必要なストレージを大幅に節約できます。

ソフトウェア品質の向上

開発ライフサイクルの早い段階で重大なバグを検出できることで、製品の品質と予測可能性を大幅に改善できます。

ソフトウェア・リリースの信頼性の向上

実動環境に近いデータ・セットの完全な仮想コピーを使用して、開発者による単体テストと、自動化されたビルド・テスト、機能テスト、回帰テストを行います。

機密データの保護

単一のゴールデン・イメージを作成し、役割ベースのアクセス制御と自動化されたマスキングを使用することで、セキュリティー・リスクを削減します。

テスト・カバレッジの拡大

複数のアプリケーションやデータベースに対応する単一のプラットフォームを使用することで、ポイント・ツールの追加やインフラストラクチャーのサイロ化を防ぎ、管理を容易かつ柔軟にすることができます。

InfoSphere Virtual Data Pipelineの主要な機能

瞬時に複数のコピー

実動データベースの仮想コピーを瞬時に多数プロビジョンし、ストレージの使用量を最小限に抑えます。

データのリフレッシュ

開発者やテスト担当者は、自動リフレッシュされた実動データ・セットの最新のコピーでテストできます。

セルフサービス方式のアクセス

開発者とQA技術者が権限を付与されたデータベースの「マスクされた」データ・セットのみを使用できるようにする、セルフサービス方式のアクセスによって、ITスタッフとDBAの負担を軽減します。

クラウドでテスト

オンプレミス・データ・セットのマスクされたコピーをリモート・ロケーションまたはクラウド環境にプロビジョンし、開発およびテストを必要な場所で迅速に実行できるようにします。

環境全体への実装

IBM Cloud Pak ® for Data用のIBM InfoSphere Virtual Data Pipelineサービスは、分析を実行してAIモデルおよびアプリケーションを開発するために、ユーザーを、実動データ・ソースのユーザー自身の読み取り/書き込み仮想クローンに接続します。

おすすめ関連製品

IBM InfoSphere Optim Test Data Management

テスト・データ管理プロセスを最適化および自動化するだけでなく、アジャイル開発とテストのためのワークフローとオンデマンド・サービスも装備しています。

IBM InfoSphere Optim Test Data Orchestrator

簡単に定義できるルールを使用して、正確なテスト・ケース要件を満たすのに必要なテスト・データ値を計算し抽出します。

IBM InfoSphere Optim Data Privacy

アプリケーション、データベース、オペレーティング・システム全体で機密情報を非識別化する幅広い機能を使用して、プライバシーを保護し、コンプライアンスをサポートします。

IBM Cloud Object Storage

業界をリードするオブジェクト・ストレージを用いて、AIワークロードに対応し、プライマリーとセカンダリーのビッグデータ・ストレージを統合します。

データとAIの活用にお困りですか?